やさしい漢方入門・腹診 第六回「腹証と養生 その3」

| 平地治美

この記事は無料です。

漢方の診察で必ず行われる「腹診」。指先で軽くお腹に触れるだけで、慣れた先生になるとこの腹診だけで大凡の患者さんの状況や見立てができるといいます。「でもそんなこと難しいでしょう」と思うところですが、本連載の著者・平地治美先生は、「基本を学べば普通の人でも十分できます!」と仰います。そこでこの連載ではできるだけやさしく、誰でも分かる「腹診入門」をご紹介します。

お腹で分かるあなたのカラダ

やさしい漢方入門・腹診

第六回 「腹証と養生 その3」

平地治美

 

瘀血(おけつ)とは

「瘀」には“滞(とどこお)る”という意味があり、通常ならばスムーズなはずの血の流れが滞っている状態のことを、「瘀血」といいます。

新鮮で栄養豊富な血が体を巡らなくなると、いろいろな問題が起きます。その結果、血が老廃物でいっぱいになり、熱をもつことで血管を傷つけたり、炎症を起こしたりもします

 

瘀血の腹診の位置
瘀血の腹診の位置

 

瘀血の人は…

お腹の状態

瘀血は腹部に症状があらわれやすく、おもに下腹部にでます。日本漢方では、腹診の結果がそのまま、漢方の処方につながることもあります。たとえば圧痛点(おすと痛いポイント)が、臍の斜め下の

  • 左側にある場合→「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」を処方
  • 右側にある場合→「大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)」を処方

といった具合です。

ほかの場所でのぼせや生理痛などの症状をともなっている場合、「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」を処方する場合もあります。ただし慢性化すると、お腹の両側に反応がでることも多いので、あまり左右にこだわらなくてもよいでしょう


なりやすい人

瘀血になる原因はさまざまで、大きくわけると「外傷性の瘀血」と、それ以外の「内傷性の瘀血」にわけることができます

【外傷性の瘀血】

ケガでできた「青あざ」は、一番わかりやすい瘀血の例です。血管の外に、使われなくなった血が滞った状態です。交通事故でのムチ打ち症や、スポーツなどによる打撲で、目に見えない場所に瘀血が残ったため、つらい症状を訴える患者さんも多くいます。

【内傷性の瘀血】

  • 飲食不節
     食べ過ぎ(特に肉や油、砂糖など)でも瘀血になりやすくなります。栄養過多の血は、ドロドロとして流れが悪くなり、滞りやすく(うっ滞しやすく)なるからです。喫煙も、瘀血を作る大きな原因です。
  • 運動不足
     じっとして動かないでいると、血の流れが悪くなり、滞りやすくなります。簡単な解消方法は「歩くこと」です(そのままですが)。
  • ストレス
     ストレスを受けると、血管がギュッと収縮します。血の通り道がせまくなれば、赤血球が通りづらくなるわけですから、瘀血の原因となります。
  • 冷え、冷房
     血管が収縮し、血の流れが悪くなります。冷房や冷える環境にいることで、体の外から冷える場合も、冷たい飲食物によって中から冷える場合も、どちらも瘀血の原因になります。
  • 慢性病(久病)
     どのような病気でも、長引くと瘀血になります。瘀血が原因で起こった病気が長引くと、さらにひどい瘀血になることもあります。
  • 薬剤
     薬の副作用で瘀血になる場合もあります。
    代表的な例では副腎皮質ホルモン剤、つまりステロイド剤です。長年ステロイド剤を使っていると、皮膚が厚く黒っぽくなってきます。水分代謝も低下してむくんだり冷えたりして、腹部の瘀血反応点の圧痛が、ひどくなっていくように思います。
  • 月経、出産
     月経血がうまく排出されない、出産時のトラブル、出産後の不養生は、瘀血の大きな原因になります。反対にいえばこの時期をきっかけにしてうまく乗り切ることができれば、体質を改善することもできるのです。私が診ていた例では、瘀血によりなかなか妊娠できなかった不妊症の患者さんが、“駆瘀血薬(瘀血を駆除する漢方薬のこと。「処方」のところで説明します)”を服用しながら食生活を改善したところ、一年後にめでたく妊娠・出産しました。さらに出産で瘀血が排出されたせいか、産後にさらに5kgほどやせ、妊娠前に悩まされていた頭痛や肩こりもすっかり治ってしまいました。妊娠前から出産までは、お腹の中の赤ちゃんのためにも気を使うので、食べ過ぎ、飲酒、寝不足、冷えなどといった、瘀血になりやすい生活習慣が改善されることも、功を奏したのだと思います。
  • 遺伝
     母親の瘀血の状態が強いと、赤ちゃんも瘀血になりやすい傾向があります。このため昔から経験的に、出産してすぐの胎児には“胎毒下し”として「マクリ」という漢方薬を飲ませていました。この時に出てくる真っ黒い便を「カニババ」といい、胎内にいる間に溜まった「胎毒」が排出されるとされていました。母親の初乳にも、マクリと同じ効能があるといわれています。

出やすい症状

皮膚の色がどす黒くなるなど、瘀血の症状はわかりやすい(眼に見えやすい)ものが多いです。“滞り”は心身ともに、いろいろな症状を引き起こすのです。

【皮膚】

皮膚や粘膜に紫斑点、青筋/サメ肌(皮膚甲錯)/血色が悪い。どす黒いか、赤ら顔/目の下のクマ/舌の辺縁の暗紫色/唇があおく、歯茎が暗紫色/舌下静脈のもりあがり(怒脹)/爪の甲の紫色、暗赤色、爪を押して、その血色の回復が遅い/手掌紅斑しゅしょうこうはん(手のひらが赤い)

【痛み】

固定性の痛みがある

【血管、尿や便】

出血や溢血の傾向があり、炎症を起こしやすい/下肢静脈瘤/
排尿異常(特に男性)/月経不順、月経困難、不妊、性ホルモン機能障害(女性)/痔がある/黒っぽい色,またはタール状の便

【神経、脳】

精神症状(躁・うつなど)/自立神経症状/不眠、不安、不定愁訴/過敏症(激しいときは“狂を発する”ともいう)/健忘症状、認知症

処方

【漢方の場合】

瘀血を改善する漢方薬を「駆瘀血薬」といいます。作用が強いのがいいわけではなく、強すぎる処方は体力を消耗させてしまいます。服用する人の体力や、瘀血の度合いに合わせて調整します。通常は当帰、牡丹皮、桃仁、紅花、大黄などの生薬を用います。

瘀血の度合いが進みすぎている「乾血(血が煮詰まってこびりついたような状態)」には、水蛭(すいてつ)、䗪虫(しゃちゅう。薬用ゴキブリ)、虻虫(ぼうちゅう:アブ)などの動物生薬を使うこともあります。

「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」は、瘀血の漢方薬として、日本で最も多く使用されています。駆瘀血薬としては中程度の強さですが、応用範囲が広く、さまざまな症状に効果があります。

ただし瘀血を除く作用はありますが、血や気を補う成分は少ないので、体力のない人はには、ほか処方と組み合わせて服用するか、少量から服用してもらいます。また妊娠中には、基本的に使えません。これらのことに注意すれば、とても切れ味よく、気持ちのよい効き方をする処方です。

【鍼灸の場合】

瘀血を取り去るのに「刺絡(しらく)」という方法を使います。日本でも昔から、蛭(ひる)に血を吸わせて、うっ血を取り去る民間療法が行われていました。ですがさすに現在は、蛭ではなく医療用の鍼で治療をします。また、江戸時代に日本で発展した「打鍼(だしん。刺さない鍼)」は、特に腹部の瘀血に物理的刺激を加えてアプローチすることができます。

左)打鍼/右)打鍼をしているところ
左)打鍼。先端が丸くなっている鍼を腹部に当て、トンカチ状のものでトントンと叩いて刺激を与える。
右)打鍼をしているところ(いまは腕にしていますが、実際には腹部に行います)

 

瘀血と美容

瘀血は、女性の美容にも大きく影響します。美しく艶もハリもある肌は、栄養豊富な血が滞りなく流れていないと、維持できないのです。

たとえば瘀血になると……唇が荒れる、皮がむける/唇が紫がかった色になる/サメ肌/シミ、くすみ/青黒い/赤ら顔といったように、なんとなくすすけた印象の外見になってしまいます。

女性で瘀血の治療をしたところ、シミやくすみが改善され、肌がきれいになることがよくあります。これは棚ボタ的な効用(?)といえるのではないでしょうか。高額な化粧品を使うより、血からきれいにすることで、健康と美しさの両方を得ることができるのです

女性・男性にでる症状の違い

【女性と瘀血】

更年期障害をはじめとする婦人科系の症状には「血の道症」という言葉が使われます。月経血が滞ってきちんと排出しきれないと、月経痛や月経不順、場合によっては、卵巣嚢腫や子宮筋腫などになることがあります。また出産時に血が滞ったり出血することで瘀血が作られ、それが産後の不調につながることもあります。閉経も、瘀血になりやすくなる時期です。

このように女性は男性に比べて、瘀血になりやすい機会が多いので、より気をつけた方がよいでしょう。

【男性と瘀血】

瘀血は女性に起こりやすいとはいえ、男性に特有の瘀血症状もあります。それには前立腺肥大などがあります。
『金匱要略(きんきようりゃく)』という医書[編註:『傷寒論』と並ぶ中国の古典医学書。病類別にその症状と治療法が述べられている]には「瘀血によって女性は月経に関する問題が起こり、男性は小便不利が起こる」という意味の記載がされています。

前立腺ガンは近年増加しているようですが、食生活の欧米化により瘀血の状態が増えたことも大きく影響していると考えられます。中年以降の男性の患者さんにも、下腹に硬くゴリゴリとした硬結がよく見られます。

心臓、腎臓、手足の先、目、脳、といった重要な臓器には、細い血管がはりめぐらされて、血液をくまなく臓器に送り届けています。ですから細い血管に瘀血が詰まると、命の危険にさらされる可能性が高くなるのです。男女ともに脳血管障害、心筋梗塞や狭心症などの循環器障害、ガン、糖尿病なども、瘀血が原因の疾患といえます。

以上、瘀血が心身ともにいろいろな“わるさ”を引き起こすことがわかっていただけたでしょうか。次回は「胸脇苦満」について紹介していきます。

(第六回 了)

連載を含む記事の更新情報は、メルマガでお知らせしています。
ご登録はこちらまでどうぞ。

–Profile–

平池治美先生

平池治美(Harumi Hiraji
1970年生まれ。明治薬科大学卒業後、漢方薬局での勤務を経て東洋鍼灸専門学校へ入学し鍼灸を学ぶ。漢方薬を寺師睦宗氏、岡山誠一氏、大友一夫氏、鍼灸を石原克己氏に師事。約20年漢方臨床に携わる。和光治療院・漢方薬局代表。千葉大学医学部医学院非常勤講師、京都大学伝統医療文化研究班員、日本伝統鍼灸学会学術副部長。漢方三考塾、朝日カルチャーセンター新宿、津田沼カルチャーセンターなどで講師として漢方講座を担当。2014年11月冷えの養生書『げきポカ』(ダイヤモンド社)監修・著。

著書

『やさしい漢方の本・舌診入門 舌を見る、動かす、食べるで 健康になる(日貿出版社)』
、『げきポカ』(ダイヤモンド社)

個人ブログ「平地治美の漢方ブログ
Web Site:和光漢方薬局