やさしい漢方入門・腹診 第七回「腹証と養生 その4」

| 平地治美

 

この記事は無料です。

漢方の診察で必ず行われる「腹診」。指先で軽くお腹に触れるだけで、慣れた先生になるとこの腹診だけで大凡の患者さんの状況や見立てができるといいます。「でもそんなこと難しいでしょう」と思うところですが、本連載の著者・平地治美先生は、「基本を学べば普通の人でも十分できます!」と仰います。そこでこの連載ではできるだけやさしく、誰でも分かる「腹診入門」をご紹介します。

お腹で分かるあなたのカラダ

やさしい漢方入門・腹診

第七回 「腹証と養生 その4」

平地治美

 

胸脇苦満(きょうきょうくまん)とは

「胸脇」とは胸と脇、つまり前胸部と両わきの下にある〝肋骨〟の部分を指します。この部分に圧迫感や、へんな感じ(感覚異常)があり、胸苦しくスッキリしない状態です。

もしかして自分がそうかも……と思い当たる方は、まず床にあおむけに寝て体の力を抜き、手の指先を肋骨の下あたり(季肋部辺縁、いわゆる“みぞおち”)に当て、上のほうへぐっと押し上げてみてください。指先が季肋部の少し中まで入り、抵抗や圧痛も感じなければ大丈夫。問題ありません。

それに対して胸脇苦満がある方は、右側もしくは両側の季肋部に、膨満感やむくみがあり、おさえると抵抗や圧痛があります。季肋部の右側には肝臓があるので、その機能が低下して炎症がでると、むくみなどが両側に広がります。人によっては、この腹診をすると、指が入らないこともあります。

腹診をする範囲は、以下の図のようになっています。肋骨の際の辺り、脇腹など、ふだんあまり意識していない場所かもしれません。ゆっくりと丁寧にさわってみてください。

胸脇苦満の腹診の位置
胸脇苦満の腹診の位置

 

胸脇苦満の人は…

お腹の状態

触ってみてよくわからなくても、次の症状があれば、胸脇苦満と判断することができます。

  • 胃の部分や横腹あたりが、何となく張って苦しい
  • ブラジャーや下着をつけると、息苦しい
  • ベルトを締めると胸苦しい
  • ネクタイをきっちり締めたくない
  • 一度にたくさん食べられない

といった具合です。
つまり「胸脇苦満」との言葉通り、この辺りが「胸の辺りが何だか不調だな……」と気になっている方は、胸脇苦満の可能性を頭に入れて、日常の生活に気を遣ってみてください。

なりやすい人

漢方では、【ストレスにより「肝(かん※1)」の機能が低下して気が滞り(うっ滞)、胸脇苦満の状態になると考えます。
ですが肝に異常が起きるといっても、病院で診察してもらうと検査では「異常なし」と診断されることがほとんどです。自律神経失調や、抑うつ状態と診断され、軽い精神安定剤などを処方されることも多いようです。
『傷寒論(※2)』では、胸脇苦満が現れる段階のことを、“少陽病(しょうようびょう)”と呼んでいます。そこに至るまでの段階は、以下のようになっています。

(※1)漢方でいう肝は、気血を体中にめぐらせ、機能が順調に働くように調節する働きがある。西洋医学でいう肝臓(解毒や代謝を行う臓器)とは作用が異なると考える。
(※2)伝統医学の古典で、急性熱性の伝染病についてまとめた医書。


太陽病:病気の初期。体の表面から邪気が入り込み、寒気、発熱、首や肩の強張りなどの症状がでる。

陽明病:消化管に病邪が侵入する。

少陽病:治しきれないと、体表でもなく消化管でもない横隔膜に病邪が留まる。この少陽病の特徴的な症状が、胸脇苦満。

 

出やすい症状

胸脇苦満の症状(胸や脇がなんとなく重苦しい感じなど)は、
風邪/インフルエンザ/扁桃炎/気管支炎/肺炎/胸膜炎/胃腸炎/肝炎/ストレス/精神疾患
といった、さまざまな病気の症状として見られます。
何らかの原因で体内に熱がこもり、横隔膜周囲にある臓器(肺、肝臓、消化器など)が炎症を起こした結果、体が危険だと判断して横隔膜が異常に緊張することで、症状がでるようです。

ですが、風邪を引いてもいきなりこの状態になることはあまりなく、4〜5日経って風邪がこじれ始めた頃に、症状がでることがよくあります。汗で発散しきれなかった熱が体内にこもってやっと、お腹の筋肉が反射するからです。

少しややこしいのは、風邪のように熱がでる一過性の病気だけでなく、熱がでない慢性の病気でも症状がでることです。慢性肝炎、精神疾患などです。これもまた、横隔膜の緊張によるものと考えられます。

処方

【代表的な処方】

胸脇苦満の症状は、代表的な処方である「柴胡剤(さいこざい。生薬である柴胡が配合された漢方薬))」を使うかどうかを見きわめる際の、重要な目安になります。
柴胡剤の中でも、最もよく使われるのは「小柴胡湯」です。別名を三禁湯といいます。「汗をかかせる(太陽病のとき)」「下させる、下剤をかける(陽明病のとき)」「吐かせる」という、三つの治療法のどれも向かない場合に、小柴胡湯が使われるからです。
ではどうやって治すのか? といえば「和」という方法を用います。体の気血の流れを調和させ、不調をなだめて穏やかに治してくれるのです。

小柴胡湯以外にも、症状や体力に合わせてさまざまな処方があります。たとえば腹診で押した時の抵抗・圧痛が以下のような状態です。

  • 強い:大柴胡湯(だいさいことう)
  • 中くらい:小柴胡湯(しょうさいことう)
  • 弱い:柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、マイルドな効き目

ほかにも、

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 四逆散(しぎゃくさん)
  • 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
  • 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

などがあります。

処方を間違えた場合、特に弱い薬を使うべき人に強い薬を使った場合に、副作用が起きやすくなってしまいます。状態に合った処方があると知ることで、薬剤師の方などに相談しやすくなれば幸いです。

【注意! 小柴胡湯による副作用】

1996年のある日、新聞の一面を飾ったショッキングな記事がありました。それは「漢方薬の副作用で10人が死亡」というもの。当時、私が勤務していた薬局には「今、○○○という漢方薬を服用しているが、大丈夫か?」という問い合わせが殺到し、一時電話が鳴りっぱなしになりました。
漢方薬といえばそれまで、「生薬が原料だから、安全」「効き目はゆっくりだけど副作用がない」というイメージが定着していましたが、
この報道によって漢方薬の安全神話が崩れてしまったといってもよいでしょう。

この事件で問題となった漢方薬が、“小柴胡湯”です。慢性肝炎の治療で処方されていたものでした。慢性肝炎には有効な治療法が少なく、当時も抗ウイルス薬であるインターフェロンを用いるのが常でした。
しかしある研究論文で「小柴胡湯により、慢性肝炎の肝機能障害を改善できる」という報告があってから、小柴胡湯が広く用いられるようになり、使用者は100万人にも及びました。

冷静に考えれば、これだけの方に使われたのですから、何らかの副作用がでても当然かもしれません。とはいえ死者がでたことで、大きな社会問題にまでなったのです。この事件での副作用は、間質性肺炎でした。抗生物質が効かない厄介な肺炎で、体力のない人が罹(かか)ると、死に至ることもあります。

同じ慢性肝炎といえども、罹った人の体力や抵抗力の強さにより、状態はさまざまです。
初期の段階では、先ほどあげた少陽病の時期に小柴胡湯が適する場合もありますが、肝硬変を併発するような場合は、すでにその時期を過ぎていることも多いのです。そうなると、小柴胡湯を服用することでかえって体力を消耗してしまい、最悪の場合はこの事件のように、死を招くこともあります。

処方した医師の多くは、症状や体力によって使い分ける漢方の基礎理論を理解せず、「慢性肝炎」という病名から、小柴胡湯を処方していたようです。漢方だから安全、という思い込みがないか、現在でも注意を促してくれる事例だと思います。

日常で気をつけること

【養生の方法】

肝と関わりの深い「胸脇苦満」では、肝の大敵である“過剰なストレス”や“怒りの感情”を上手にコントロールすることが大切です。養生の方法としては、以下のものがあります。

  • 好きなことで気分転換をする
  • ぬるめの温度でゆっくり入浴する
  • アロマテラピー、お香、好きな香りの入浴剤を使う
  • 散歩、ヨガ、太極拳などの運動をする(点数を競う激しいスポーツは逆効果)
  • ゆったりした下着、服装を身につける

食生活では、胃腸に負担をかけるものを減らし、あっさりした味のものをよく噛んで食べることをおすすめします。次のことにも気をつけてみてください。

  • 肉や揚げ物,乳製品、こってりしたもの、味の濃いものの摂取を控える
  • 肝の働きを助ける酸味のあるものを適度に摂る
  • 飲酒を控える

また、風邪などの急性病になっているのに、食欲は意外にある場合があります。こじれて胃腸に病邪が侵入しているのに、必要以上に食べることで胃腸に負担がかかります。しかも身体に熱がこもるものを多く食べると、せっかく治りかけた風邪もぶり返してしまいます。

【柴胡剤の使い方】

代表的な処方である柴胡剤は、ストレス社会に必要不可欠の良薬と言えます。
しかし繰り返しになりますが、体質に合った強さの柴胡剤を選ばないと重篤な副作用が出ることがありますので、特に柴胡剤を長期に服用する場合は注意が必要です。

体質に合った柴胡剤を服用しているうちに、「イライラしなくなった」「キレることがなくなった」という声をよく耳にします。肝の過剰防衛反応とも言える胸脇苦満が解消されると、感情的にも楽になり、寛容な気持ちになると些細なことが気にならなくなるのかもしれません。

ただし気の流れをよくする一方で、気や血を消耗して身体を乾燥させるといった欠点もあります。ですので、虚弱体質の方、出産後や手術後、もともと身体の潤いが少なかったり血が消耗したりしているような高齢の方は、必ず専門家に相談してみてください

ストレスが引き金になって症状があらわれる点で、胸脇苦満は、一種の現代病といえるのかもしれません。次回は、アトピー性皮膚炎など皮膚の疾患についてお話します。

(第七回 了)

連載を含む記事の更新情報は、メルマガでお知らせしています。
ご登録はこちらまでどうぞ。

–Profile–

平池治美先生

平池治美(Harumi Hiraji
1970年生まれ。明治薬科大学卒業後、漢方薬局での勤務を経て東洋鍼灸専門学校へ入学し鍼灸を学ぶ。漢方薬を寺師睦宗氏、岡山誠一氏、大友一夫氏、鍼灸を石原克己氏に師事。約20年漢方臨床に携わる。和光治療院・漢方薬局代表。千葉大学医学部医学院非常勤講師、京都大学伝統医療文化研究班員、日本伝統鍼灸学会学術副部長。漢方三考塾、朝日カルチャーセンター新宿、津田沼カルチャーセンターなどで講師として漢方講座を担当。2014年11月冷えの養生書『げきポカ』(ダイヤモンド社)監修・著。

著書

『やさしい漢方の本・舌診入門 舌を見る、動かす、食べるで 健康になる(日貿出版社)』
、『げきポカ』(ダイヤモンド社)

個人ブログ「平地治美の漢方ブログ
Web Site:和光漢方薬局