イベント情報 コ2:トークイベント01 山口 創×有本匡男「触れよう、タッチの力」開催!

| コ2編集部

コ2【kotsu】インフォメーション

コ2:トークイベント01
山口 創×有本匡男「触れよう、タッチの力」開催!

文・写真(有本氏のみ)コ2編集部

山口創先生、有本匡男氏
山口創先生、有本匡男氏

 

コ2【kotsu】初! 企画講座のお知らせです。
日本のタッチ研究の第一人者である、山口 創先生(桜美林大学教授)
×
teateセラピストの有本匡男氏(日本ホリスティック医学協会 常任理事)
のお二人による対談「触れよう、タッチの力」を開催いたします。

皮膚に触れること、触れられること。人が触れあうことで、愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が分泌され、リラックスしたり、痛みがやわらいだり、ストレスがいやされたり……こころにもからだにも効果があることが知られてきました。

そんな「タッチの力」を知り尽くしたお二人による、スペシャルトークイベントです。ふるってご参加ください。

 

イベント概要

日時:2017年6月27日(火) 19:00〜20:30(受付18:45〜)
場所:本郷・日貿出版社(予定 お申込みいただいた方にご案内します)
対談:山口 創(桜美林大学教授)
有本匡男(teateセラピスト、日本ホリスティック医学協会常任理事)
定員:15名
参加費:500円(当日、現金にてお支払いください)
主催:コ2【kotsu】(日貿出版社)

お申込み方法

※募集を締め切りました。なお、本イベントの模様は後日記事でお伝えします。

 


今年も開催、ソマフェス

昨年 コ2ともコラボレーションをしたソマティックフェスタ(主催:日本ソマティック心理学協会)が、今年も9月29日に開催されます。

今年のソマフェスでは「タッチ」をテーマにした講座が沢山企画され、充実のラインナップ。山口 創先生は大会長として、有本匡男氏は実行副委員長として参加されます。
コ2では昨年に引き続き、このソマフェスについても随時ご案内していく予定です。

●関連記事
・昨年(2016年)のソマティックフェスタレポート

コ2【kotsu】レポート ソマフェス&コ2 コラボレーション企画ダイジェストレポート!

・伊東昌美さんの連載・有本匡男さんのteateセラピーの回

皮膚に触れること、触れられること。 人が人に触れるやり方には、すぐ思いつくだけでも、揉む、叩く、つまむ、なでる、さする、押す、刺す……と実にたくさんあります。そしてそこから得られる“快”の感覚もさまざまです。
有本先生のteateセラピーは、皮膚にやさしく触れて施術をする、いわゆるソフトタッチの施術です。ただし触れ方は限りなくソフトですが、筋肉や骨、内臓にまで響き、影響を与えます。
やさしく触れられているだけなのに“快”なのです。
触れられた場所とは違う場所までも“快”なのです。

もっと!保健体育 第七回 「teateセラピー・有本匡男先生」


 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガでお知らせしています。
ご登録はこちらまでどうぞ。

–Profile–

山口 創(Hajime Yamaguchi
桜美林大学教授/臨床発達心理士。早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。専攻は、健康心理学、身体心理学。聖徳大学人文学部講師を経て、現職。肌のふれ合い(スキンシップ)が心に与える影響を研究し、日本のタッチ研究の第一人者として知られる。
著書に『幸せになる脳はだっこで育つ。強いやさしい賢い子にするスキンシップの魔法』『子供の「脳」は肌にある』『皮膚感覚の不思議』など多数。
Web site 山口研究室のホームページ

有本匡男(Masao Arimoto
teateセラピスト。幼少期に、仏教の考えに触れ、「幸せとは」について考え始める。2002年よりセラピストとして活動を開始、同時にヨガ、哲学を学び始める。2007年より「teate(てあて)セラピー」を始める。現在は講演、ワークショップを通じて、「teateセラピー」やホリスティックヘルスケアの普及につとめている。
Web site​ ホリスティックヘルスケア研究所