実践、超護身術 第十六回 嘘と呼吸01

| 葛西真彦
introduction

武術の根幹と言えば身を護ることにある。法治国家である現在の日本においてもそれは同じだ。時として、理不尽な要求や暴力から自分や大事な人の身を護るためには、決然と行動を起こす必要があるだろう。しかし、そうした行為もまた、法で許されている範囲の中で行わなければ、あなた自身が法に裁かれることになる恐れがあるのも事実だ。

では果たしてどのような護身が有効なのか?

本連載では元刑事であり、推手の世界的な選手でもある葛西真彦氏に、現代日本を生きる中で、本当に知っておくべき護身術を紹介して頂く。

元刑事の武術家が教える、本当に役に立つ術

実践、超護身術

第十六回 嘘と呼吸01

葛西真彦

 

呼吸で相手の嘘を見破る

これまでこの連載では普段から人を見る、観察・洞察することが大事であることを書いてきました。

ただ、「具体的に何を観察すればいいのか難しくて分からない」という声を多く頂きましたので、今回からは人を見る上で一番分かりやすい呼吸と、呼吸を見ることに付随して使うテクニック、圧力や嘘の見破り方など、身近な例を出しながら触れていきたいと思います。

よく見る一般人向けの心理学や人を誘導するFBIテクニックのを紹介した本では、人の反応について、その理由やそれを使った誘導法が書かれていますが、実際にそうした技術を日常生活の中で活用するのは難しいことかもしれません。

こうした本では相手に質問して、目がどう動いたとか、仕草などから心理状態を読むテクニックを中心に書かれています。

私も以前はこの手の本を読んで試しまたし、幾つかについてはその有効性は認められたものの、やはり個人差などもあり、プロの嘘つきと相対する警察の現場ではもちろん、万能な教本として使えるものではありませんでした。

その為、様々な技術を総合的に試して、もっとも実践に即した形を経験則からまとめるという作業が必要であり、自分自身で様々に試してそのノウハウを蓄積してきました。

確かに人の内面を読んだり、察知する技術には、幾つかの重要なポイントがありますが、やはりランダム性が高く、なかなかうまくいくものではありません。

ただし、そうした数あるポイントの中でも呼吸だけを特化して見ていくと、他に比べて反応は分かりやすく、ある程度の共通項があることに気がつきました。

また呼吸であれば、間合いを取った、離れた状態からでも観察することが可能であり、相手が刃物や武器を持っていた際の殺意の有無や危険度なども、ある程度呼吸と連動する身体反応から予測が付けることができます。

実際の現場ではここから説得に応じる相手なのかどうかを、瞬時に判断するというテクニックにも発展するのですが、こちらについてはまた改めて出したいと思います。

葛西先生イメージ写真

 

嘘がバレる!? 身体的反応

ではまず呼吸を観察する上で簡単な例、嘘に対しての呼吸ということから見ていきましょう。

一般に女性はパートナーの浮気に気がつくなど、嘘を見破るのが得意な方が多いと言われていますが、これも実は女性特有の相手の呼吸の変化などを見破る洞察力があるのです。

何らかの嘘をついていて、その嘘について追及されると、どんなに嘘をつくことに慣れた人間でも多少の動揺が走ります。

この動揺は、嘘の経験が多い人ほど少なく、嘘をついた経験が少ない人ほど表面に出ます。
その点、子どもは実に分かりやすく、嘘を一生懸命ついていても、「本当のことを言ってみろ」と言うだけで、

  • 呼吸に乱れが出る
  • 息をのんだり呼吸のリズムが乱れる。
  • 下を向いたり、横を向いたり落ち着きがなくなる。
  • 目線を合わせられなくなる。
  • 言葉につまる。
  • 顔や耳の色が変わる。

などの身体的反応が、すぐに表面化します。

当然百戦錬磨の相手になると変わってきますが、それでも呼吸の変化というのは必ずあるものです。

こうした呼吸とそれに付随する、脈や血圧の変化などを併せて、科学的に測測定することで嘘をついているのかどうかを判定する道具に、ポリグラフ検査というものがあります。警察小説やドラマなどで時折登場するのでご存じの方も多いでしょう。

ただしポリグラフとは一般的には嘘発見器と認知されていますが、本質は、記憶検査機というのが正式な解釈だそうです。

実際の現場でも使われているのですが、私自身が担当する事件では、ポリグラフに頼ったことがありません。

理由は条件が厳しいということです。判例から少し引き出すと、

ポリグラフ検査の証拠能力は認められているが、個別の事件で証拠能力が認められる には、一定の要件や基準が必要である。昭和 41(1966)年 6 月 30 日の東京高等裁判所 における判例からみると、

  1. 使用機器の性能、操作技術等からみて、検査結果に信頼性が認められること
  2. 検査者が検査に必要な技術と経験とを有する適格者であること
  3. 回答書は自らが実施した検査の経緯・結果を忠実に記載して作成したものであること
  4. 被検査者が当該検査を受けることを同意したこと
  5. 被検査者の心身の状態が正常であったこと

という要件が求められている。
(引用「ポリグラフ検査に対する正しい理解の促進に向けて 財津 亘」PDF より)

問題は4と5の部分です。弁護士が海千山千の強者だと、この辺りを突いて、「心身の状態が正常であったか立証した保全措置がない」「今現在うつ病にかかっているのを警察は何もしなかった」など、同意に合意性がなく証拠能力がないとされるリスクもあるわけです。

また、ポリグラフ反応の検査結果を「不適切に被疑者の供述を取るのに活用した」と難癖を付けてくる弁護士もいます。

殺人事件等の重大事件であれば、法廷での戦いも念頭に置いてポリグラフ検査はやるべきでしょうが、物心ともに足りていない現場としては、詐欺事件でいちいち法廷で争うようなリスクは避けたいというのが現実的なところです。

それ以外には私は個人的にポリグラフを活用しないのは、ポリグラフを扱う技官の都合に合わせなければならないためです。

今すぐに取り調べをしなければならないときに、「2~3日待ってくれ」と言われることも多く、タイミングを逸してしまう上、それを理由に捜査を遅滞させてしまう、あまりやる気のない刑事も少なからずおり、そうした人間と同じように見られるのが嫌だったからです。

そうしたこともあり、取り調べの中で、様々に相手の嘘を見破る方法を研究し、辿り着いたのが呼吸だったわけです。慣れてくると相手の呼吸で嘘をついているかどうかが分かり、裏付け捜査や、取り調べの方針をアレンジすることができるようになりました。

次回はそのお話しから始めたいと思います。

(第十六回 了)

連載を含む記事の更新情報は、メルマガでお知らせしています。
ご登録はこちらまでどうぞ。

–Profile–

葛西真彦(Masahiko Kasai
1977年10月26日生まれ青森県出身。某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。
危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるか、そのことをひたすらに研究し、現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、さまざまなランダム性が生じる中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。
昇任し、刑事人生これからというときに大病を患い、意識混濁と発作を起こして倒れるようになり、刑事としての勤務することどころか日常生活すら厳しい状況となり、しかも西洋医学では完治は難しいとさじを投げられたため、早期退職して台湾にて中医の治療を受ける。
約1年間ほど養生した結果、発作を起こして倒れるような症状がなくなったため、リハビリもかねて台湾の武芸に励む。
武術歴は30年近くになり、幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。
また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。
日々休みなく、体が壊れる限界ギリギリまで自分を追い詰め、仕事をしながらも、毎日1日8時間以上の稽古を設定して、修行に臨んでいる。
現在は、世界大会3位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。
台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka