禅と刀禅のコラボ! ”静中の動を身体に問う”セミナー開催!

| コ2編集部

 〈コ2 [kotsu]イベント部主催セミナー情報〉

 こちらでも告知をしてきた、禅僧・藤田一照先生と刀禅創始者・小用茂夫先生を講師にお迎えしたコ2【kotsu】初となる公開セミナー「静中の動を身体に問う」が、11月5日(日)東京新宿にて開催されました。

当日は刀禅独特の竹尺を使ったワークや藤田先生による坐禅の基本を体験したほか、お二人に共通する、「武術、坐禅をする前に必要なカラダを如何に作るか」ということを中心にお話が展開されました。

当日の模様はまた改めてコ2【kotsu】で公開する予定ですのでお楽しみに!

コ2【kotsu】イベント
禅僧・藤田一照先生

 

コ2【kotsu】イベント
刀禅・小用茂夫先生
コ2【kotsu】イベント
竹尺でカラダの基軸性を養う方法を紹介する小用先生。

 

コ2【kotsu】イベント
板書で分かりやすくお話の内容を説明される藤田先生。

 

コ2【kotsu】イベント
藤田一照先生と小用茂夫先生、参加者の皆さん。ありがとうございました!

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

小用茂夫先生
小用茂夫先生

小用茂夫(Shigeo Koyou
虚弱な幼少期、青年期の腰椎圧迫骨折などに悩まされる。活路を空手、古流剣術、中国武術、合気柔術など武術に求め、そこで多くの傑出した師に出会い素晴らしい境地を知る。一方で、そこへは辿り着けない自分の身体性と向き合うなかで、欠陥の多い身体でも、そうした師の境地に至る術は無いかと独自の模索を重ねる。幸い稽古仲間に恵まれ長い実験と検証の時代を経て現在の方法に辿り着き、ボディワーク刀禅として提唱するに至る

Face Book:刀禅(グループ)

藤田一照さん

藤田一照(Issho Fujita
1954 年、愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。曹洞宗紫竹林安泰寺で得度し、1987 年からアメリカ・マサチューセッツ州のヴァレー禅堂住持を務め、そのかたわら近隣の大学や瞑想センターで禅の指導を行う。現在、曹洞宗国際センター所長。著書に『現代坐禅講義』(佼成出版社)、『アップデートする仏教』(山下良道との 共著、幻冬舎)、訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』(春秋社)、鈴木俊隆『禅マインド ビギナーズ・マインド2』(サンガ)など多数。写真に登場する猫は愛猫・テラ。

公式サイト: http://fujitaissho.info/

オンラインコミュニティ大空山磨塼寺:https://masenji.com/