ヒモトレ介護術 第六回 「ヒモで結び直された“親子の絆”」

| 浜島 貫

「ヒモ一本でカラダが変わる」と話題のヒモトレ。中でも関心が高まっているのが、介護分野でのヒモトレの可能性だ。

そこでこの連載では、主に在宅医療の現場でヒモトレを活用している浜島治療院院長の浜島貫先生に、実際の使い方や臨床的な意義を紹介してもらおう。

ヒモトレ介護術

第六回 「ヒモで結び直された“親子の絆”」

お話浜島 貫
文・取材・構成北村昌陽
監修小関 勲

 

こんにちは。浜島貫です。

今回は、43歳の女性、Fさんのお話を紹介しましょう。

Fさんは、ダウン症です。ダウン症は、生まれながらに21番染色体が1本多いことが原因でおこる、先天性の疾患群です。発達が緩やかなことなどが特徴ですが、症状の現れ方にはかなり個人差があります

お母さんによると、Fさんは子供のころから物覚えが良くてあまり手がかからず、一人で歩いて外出し、ショッピングなども自分でしていたそうです。

去年の秋口ぐらいまではそんな感じで、自宅で普通に生活していましたが、10月頃に体調を崩し、入院することになりました。

ずっと自宅で暮らしてきたFさんにとって、病院での生活は、ストレスフルで馴染み難いものであったとお母さんは感じていたようです。病院スタッフとうまくコミュニケーションが取れず、点滴などの治療が困難な状況に陥ったそうです。

そのため、治療上の必要性から、という理由で、病院ではFさんの体を拘束することになったそうです。

お母さんの言葉を借りれば、ベッドに縛り付けたわけです。

するとどうなったか。2週間も経たないうちに、Fさんの体は、筋肉や関節が硬直し、まともに動けなくなってしまったそうです。歩くことはもちろん、ベッドに腰掛けた姿勢をキープすることさえ困難になったのです。

驚いたご家族は、Fさんを自宅に連れ帰りました。そして訪問診療をしているドクターに主治医を依頼。

その医師が、関節などを動かすリハビリを取り入れた方がいいと判断したことで、私もFさんの診療に関わるようになりました。それが昨年の11月のことです。

 

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

浜島先生

浜島貫(Totu Hamashima
1976年生まれ。浜島治療院院長。浜島整骨院副院長。鍼灸マッサージ師。柔道整復師。 公益社団法人埼玉県鍼灸マッサージ師会理事。井穴刺絡頭部刺絡学会理事。現在、在宅医療にも力を入れており、個人宅などを訪ねて鍼灸治療やマッサージ、リハビリなどを行っている。そうした取り組みの中で、ヒモトレを活用。腰痛予防対策や介護施設の職員、デイケアなどに通う高齢者に向けたヒモトレ講習会も実施。

ご連絡先:hamashima.in@gmail.com

 

小関 勲 (Isao Koseki
ヒモトレ発案者/バランストレーナー 1973年、山形県生まれ。1999年から始めた“ボディバランスボード”の制作・販売を切っかけに多くのオリンピック選手、プロスポーツ選手に接する中で、緊張と弛緩を含む身体全体のバランスの重要さに気づき指導を開始。その身体全体を見つめた独自の指導は、多くのトップアスリートたちから厚い信頼を得て、現在は日本全国で指導、講演、講習会活動を行っている。
著書『[小関式]心とカラダのバランス・メソッド』(Gakken刊) 小関アスリートバランス研究所(Kab Labo.)代表 Marumitsu BodyBalanceBoardデザイナー
平成12〜15年度オリンピック強化委員(スタッフコーチ) 平成22〜25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)日本体育協会認定コーチ、東海大学医学部客員研究員・共同研究者、日本韓氏意拳学会中級教練

MARUMITSU(まるみつ)
Kab Labo.