コ2【kotsu】特別インタビュー 松家かおり氏「死別による深い悲しみの癒やしかた」前編

| コ2【kotsu】編集部

この度、書籍『グリーフケアに学ぶ深い悲しみの癒やし方 愛する人を失ったとき あなたに起こること』の刊行がされる。愛する人、大切な人を失ったときに受ける心のダメージについて、あるいはそこから立ち直るための指針を、自らも死別経験を持つカウンセラーの目線で、読みやすくまとめた書籍となっている。

ここでは、著者の松家氏に、本書を執筆したきっかけや、読者へのメッセージを伺った。

 

コ2【kotsu】特別インタビュー

新刊『愛する人を失ったとき あなたに起こること』発売記念
著者・松家かおり氏インタビュー

死別による深い悲しみの癒やしかた(前編)

インタビュアー・文コ2【kotsu】編集部

 

グリーフケア イメージ

 

深い悲しみを専門にして

コ2編集部(以下、コ2)  この度は、処女作の上梓、おめでとうございます。はじめに自己紹介をお願いします。

松家かおり(以下、松家) 私はグリーフカウンセラーの松家かおりと申します。青山でカウンセリングルーム「青山フラワーキュア」を運営しています。

コ2 いつからカウンセラーとして活動を始めたのでしょうか?

松家 カウンセラーとして仕事を始めたのは、2007年2月です。それまでは歯科衛生士という仕事に13年就いていました。仕事をしながらカウンセリングの学校に一年間通い、資格を取得しました。人間関係に悩んでいたので、一念発起という感じです。

最初は、私が女性と言うこともあり、働く女性を対象にしたカウンセリングやお花を使ったセラピーを中心にしていました。

コ2 では最初は、グリーフカウンセリングがご専門ではなかったのですね。では、いつからグリーフカウンセラーに?

松家 カウンセラーとして開業した翌年に両親を相次いで亡くし、それをきっかけにグリーフカウンセリングに出合いました。一年半くらい講習会に通ってグリーフカウンセラーの認定資格を2010年に取得しました。
コ2 グリーフケア、グリーフカウンセリングとは、端的に言うと、どんな手法なのでしょうか?

松家 「グリーフ(Grief)」とは悲嘆、深い悲しみという意味です。愛する人を失うという経験をされた方を対象に心のケアをしています。

私が対象にしているのは、死別経験をされた方で、深い悲しみのために日常生活や人間関係に悩みがあったり、将来に不安があったりする方です

また、悲しみについて「話し相手がいない」と感じている方にもカウンセリングをしています

コ2 「グリーフカウンセリング」について、まだ日本ではあまり聞かないのですが、どんな歴史があるのでしょうか?

松家 死別の悲しみについての研究や学問はフロイト氏から始まり、海外ではとても進んでいると思います。キューブラー・ロス氏の著作はいくつも日本語に翻訳されて出版されており、日本人にもなじみがあるのではないでしょうか。

海外では、グリーフについての新しい理論やデータなどもあり、今後も広まっていくと思います。

日本におけるグリーフカウンセラーの数は多いとは言えませんが、グリーフについて関心が高まっているのではないかと感じています。

コ2 死別の悲しみは、例えば人にはどんな影響を与えるのですか?

松家 多くの方が経験されるものとしては、“眠れない”“食事がのどを通らない”“胸が苦しい”などではないでしょうか。

そして、私のカウンセリングルームに来られる方でよく言われるのは、

「一周忌近くから、気持ちの落ち込みが激しくなった」

です。これは、記念日反応というもので、命日反応とも言われます

愛する人を思い出しやすい誕生日や結婚記念日、もちろんご命日の頃に表れる悲嘆反応です。楽しかった、幸せだった日を思い出してしまうことで、少し回復してきたのに、また気持ちが落ちてしまうという感じです。

コ2 愛する人の死は、心理的にも、身体的にも、影響があるのですね。

 

グリーフケア イメージ

 

相次いで失った、母と父

コ2 立ち入った質問になって恐縮ですが、先ほどグリーフカウンセラーになったきっかけとして、ご両親との死別を挙げていらっしゃいました。よろしければ、ご自身の死別体験、つまりグリーフについて伺ってもよろしいでしょうか?

松家 先に亡くなったのは、母でした。私の母は脳梗塞を患い、大腿骨骨折をしたことにより寝たきりの生活を送っていました。私は両親と離れて生活をしていたので、介護をしていたのは主に父でした。

私にとって母は、定年退職まで仕事を続けていたことから、ひとりの女性としてとても尊敬できる人でした。私も「仕事をがんばる!」と子ども心に思っていましたから、母の影響はとてもあったと思います。

ですから、母を亡くした時、何もしていないのに涙があふれてきて止まらなくなったり、いつも息苦しいような感じでした。日常生活はちょっとしづらかったですね。

コ2 松家さんもお母様を亡くしてグリーフを受けられたのですね。では、伴侶を亡くしたお父様のご様子はいかがでしたか?

松家 父は、寝たきりの母の面倒をとてもよく見ていました。自分の生活を犠牲にして、本当によくやっていたと思います。母が亡くなった時にも、私には落ち込んだ姿を見せませんでした。もちろん、父の泣く姿も見ませんでした。

そんな父ですが、元気が無くなり、声をかけてもあまり応えてくれなかったり、イライラした口調で返されたりしていたので声をかけづらい雰囲気でした。

当時の私は、「どうして毎日イライラしているの?」と思うだけで、父の行動に理解を示そうとしませんでした。イライラしている父を見て、私もイライラしていましたから。父との会話には笑顔が無くなってしまいました。

母の納骨が終わった頃、「疲れているんだ」とよく私に言っていました。今から思うと悲しみのピークだったのかもしれません。

母が亡くなったことで、それまで仲が良かった父との関係がこじれてしまったこともあり、母の死が悔しくてたまりませんでした。

 

男性の方が悲しみを溜め込みやすい

コ2 日本人の男性は、女性と比べて口数が少なかったり、感情表現が苦手だったりする傾向があると思うのですが、その傾向がグリーフに影響することはありますか?

松家 そうでうね。男性は、感情を表出するのが苦手ですから、グリーフが長引いたり、複雑化してしまうことがあります。特に中高年の男性は、死別の悲しみについて家族や友人に相談することができない傾向があります。心の中にため込んで、ひとりで耐えてしまうのです。そうすると、心と身体の健康は保たれなくなってしまうんですね。

人間関係がこじれやすくなったり、外出を控えて引きこもってしまったり、周りからのサポートを受けないでいたりすることで、社会的にも孤立化・孤独化してしまいます。愛する人を亡くしてしまったショックは計り知れませんが、周りの人も男性のグリーフを知ると、対応の仕方がわかるのではないでしょうか。

コ2 強いグリーフとは、ご本人の心を混乱させるだけでなく、周りの人間関係も変えてしまうのですね。
そのお父様も、お母様の後で亡くされたということですが、その時の松家さんの心情はどんなだったでしょうか?

 

グリーフケア イメージ

 

グリーフカウンセリングとの出会い

松家 父は、母が亡くなった五か月後に亡くなりました。私は、母が亡くなった時よりも、父が亡くなった時の方が、悲しみが深かったと思います。

私は一人っ子ですから、これから父と二人で仲良くやっていこうと思っていた私の心がポキッと折れてしまったのを覚えています。

何をしても涙は止まらないし、何かを考えることが出来なくなって、“私はここのままではダメになってしまう”と思う程でした。本当につらかったです。

自分自身がカウンセラーという仕事をしているので、自分に何が起きているのか、そして、どうすれば前に進めるのかを知りたいと思いました。その中でグリーフカウンセリングと出合いました

コ2 グリーフカウンセリングと出合って、ご自身に起きた変化にはどんなものがありますか?

松家 「グリーフ」という言葉、概念を知ってから、自分自身に起きていることを理解できるようになりました。気持ちに余裕がうまれ、たくさんの不安から解放されたような気がします。

私は典型的な核家族の子どもですから、“死”が身近になかったので「愛する人を亡くした人がどのような悲しみ方をして、どう立ち直っていくか?」を見たことがなかったのです。数世代の家族が一緒に暮らすような大家族や親族が同じ地域で暮らす地域であれば、例えば孫が祖父の死を経験した時に、親の死から立ち直る自分の親の姿を見ながら、自分も祖父の死から立ち直るという経験をします。

ですが、核家族の子どもの場合、自分に近しい人物の死に触れる機会がないことも珍しくありません。だから、私も自分に何が起きていて、これからどうなってしまうのか? というのがとても不安でなりませんでした。その中で、「グリーフ」というものを知ることで、自分に起きていることが自然な反応だと知った時は、とてもホッとしたのを覚えています。

コ2 なるほど。「グリーフ」というものがあることを知ることで、愛する人を失った際の自分の心の変化が、「異常なことではなく、自然な反応」であると分かり、不安感が薄まるのですね。これは、グリーフから立ち直るための第一歩になるように思えますね。

(前半 了)

 

グリーフケア

『グリーフケアに学ぶ 愛する人を失ったとき あなたに起こること』

誰にも話せない深い悲しみ(グリーフ)を抱えているあなたへ。 親兄弟、パートナー、友人、ペット……。

生きている上で必ず訪れる別れ。

頭では分かっていても、その悲しみを受け止めきれず、立ち止まっているあなたが、それでも続いていく人生を歩きだすために必要な言葉が、ここにあります。

本書のサブタイトルにある“グリーフケア”とは、近しい肉親との死別をはじめとした“グリーフ(Greif)=悲しみ”を如何に癒やすかという心理学的な研究から始まったもので、近代に入って“グリーフケアカウンセリング”として学び、行われているものです。

著者・松家かおりもまた、両親を相次いで亡くした経験からグリーフカウンセリングを学び、現在カウンセラーとして活躍しています。

本書ではグリーフケアの基礎知識から実際の事例、一人でも出来るワークまでを温かな言葉で説明、なかなか人に分かって貰えず、話すことも難しい悩みにお答えしています。また、大事な人やペットを失った、知人や同僚などを持つ方向けのサジェスチョンもありますので、「どう声をかけていいか分からない」という方にも是非手に取って頂きたいと思います。

現在、Amazon、全国の書店で発売中です。

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

グリーフケア 松家さん写真

松家かおり(Kaori Matsuya)

グリーフカウンセラー。1971年東京生まれ。2007年(平成19年)カウンセリングルーム『青山フラワーキュア』を開設。プリザーブドフラワーを使ったセラピーやカウンセリングを中心に活動。2008年(平成20年)自ら死別経験をしたことで、グリーフカウンセリングに出合い、資格取得後、グリーフカンセラーとして活動中。カウンセリングルームでは個人を対象にしたカウンセリングやセラピーを中心に行っているが、講演会やワークショップ、ボランティアにも力を入れている。ブログ、メルマガにてグリーフに関する情報や役に立つ情報を随時配信中。 HP:青山フラワーキュア http://www.cure246.com