【新連載】ココロとカラダを繋げる ボディコンシャストレーニング

| 大久保圭祐

巷に溢れる様々なトレーニング理論。それぞれに新しい知見やグッズ、時には有名選手のお薦めもあり、どれも魅力的ですよね。だけど本当に大事なことはトレーニングを行うあなた自身。誰かが「正しい」と言われる方法や理論を「正しく」実践しようと思うあまり、自分のココロやカラダがどう感じているかを忘れていませんか?

この連載ではトレーナーでありロルファー™️である大久保圭祐さんが、ボディワーク・ロルフィングⓇの視点を取り入れた「カラダを意識したトレーニング法“ボディコンシャストレーニング”をご紹介します。意識を変えてカラダの声を聞くことで、いつものトレーニングが「あなた専用のトレーニング」に変わります

 

ココロとカラダを繋げる

ボディコンシャストレーニング

第1回 「そのトレーニングの主体はどこにありますか?」

大久保圭祐

 

大久保さん連載 イメージ

 

トレーニング+ボディワーク
=ボディコンシャストレーニング!

初めまして、パーソナルトレーナー、ロルファー™️の大久保圭祐です。

普段はクライアントに、トレーニングやエクササイズなどの運動の処方、ストレッチやさまざまな施術を提供して、身体に関する要望にお応えしています。

体を引き締めたり、体重を落としたり、肩こりや腰痛を軽減したり、アンチエイジングだったり、日常動作のパフォーマンス向上だったり、さまざまな要望です。

私が普段クライアントに提供しているトレーニングやケアは、取り立てて目新しさや斬新さを意識したものでなく、オーソドックスな技術や知識を用いています。それは、そのときの流行を追うことよりも、あくまでもクライアントの要望にお応えすることを最優先しているためです。

ですから運動の処方であれば、誰もが知っているスクワットランジプッシュアップ(腕立て伏せ)シットアップ(腹筋)など従来の“筋トレ”をベースにしています

また、クライアントに提供している施術も、ストレッチやPNF(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation=固有受容器神経筋促通法)、筋膜へのアプローチなど、古くからあり、今なお引き継がれて発展している極めて原理原則に近い技術や理論です。

今回の連載では、ボディワーク・ロルフィング®︎の力を借りることによって、上に紹介した従来のトレーニングやケアをより効率よく効果的に、そして、安全に取り組めることを伝えたいと思っています

決して従来のトレーニング法を否定しているのではなく、新しい意味付けとして、私が子供の頃から取り組んできた“筋トレ”の発展に繋がればと思っています。特に時々聞く「”筋トレ”で鍛えた筋肉は使えない」なんて誤解は解消したいと思っています。

その一方で、

  • 一生懸命に”筋トレ”に取り組んだのに、効果を感じない
  • パフォーマンスも上がらず、却って体に不調を感じている

という方には、ボディワークの智慧をとり入れることで、もっと効率良く、そして自分の体が好きになるお手伝いをしたいと思っています

決してごく一部の人が効果を得られるトレーニング法ではなく、万人にとって有益で、手軽に取り組めることができるものをご紹介していくつもりです。

この連載ではこうしたことをトレーニングとボディワークの融合させた「ボディコンシャストレーニング」(Body Conscious Training)として紹介していきたいと思います

今回の1回目では、私がパーソナルトレーナーとして活動する中で、なぜそうしたアイデアを持つようになったからお話していきたいと思います。

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

大久保さん

大久保圭祐(Keisuke Okubo)
パーソナルトレーナー、ロルファー™️。大学在学中にキックボクシング部の主将として活躍、プロライセンスも取得する。卒業後はいったん食品系専門商社に勤務するが身体への関心を捨てきれず、パーソナルトレーナーの道を選ぶ。過去の運動や減量経験などを活かしたボディメイクの指導者をするなかで、ボディワークの“Rolfing®”に興味を持ち、渡米してRolf Institute®を卒業する。現在は、各種メディアや店舗にてエクササイズの監修、セミナー講師、コラムの執筆など幅広く活躍中。
著者『筋膜ボディセラピー(三栄書房)』

Web site 大久保圭祐公式サイト