連載 タッチの力11 岩吉新・後編「神経系の役割を知る」

| 岩吉新

 

感覚受容器を感じる? ワークショップ

4種類のタッチングによる、「触れられたときの刺激」の違いを感じてみましょう。
あ、これは「パチニが反応しているんだな」とか、なんとなくでいいので感じられるでしょうか。マニアックですが(笑)。

タッチ1)“タッピング”に反応する神経→パチニ・マイスナー
タッチ2)“持続的に触れるだけ”に反応する神経→メルケル
タッチ3)“持続的に伸ばす”に反応する神経→ルフィニ
タッチ4)“なでる”に反応する神経→CT線維

☆動画:ワークショップのようす
1本目:“タッピング”


2本目:“持続的に触れるだけ”


3本目:“持続的に伸ばす”


4本目:“なでる”

 

以上、いかがだったでしょう。神経のことを少しでも面白いなと思ってくださったら幸いです。


岩吉新さんに続き、次回は森本 義朗さん(国際統合リハビリテーション協会(IAIR)会長)にご登場いただきます。テーマは「リハビリテーションとタッチ」です。お楽しみに。

 

“神経系を知る”参考本

岩吉さんが執筆、翻訳された2冊と新刊『ヨガ・ピラティスを神経から読み解く』が現在、amazonから入手できます。さらに“神経系”について知りたくなった方はぜひご参照ください!

『デルモニューロモジュレーティング日本語版』ダイアン・ジェイコブス(著),‎ 岩吉 新+古川純平(翻訳)
デルモニューロモジュレーション表紙
●入手方法:Amazonにて販売中
●価格:¥6,800
●ページ数:346P
●大きさ:18.2 x 2.1 x 25.7 cm
●出版社:NextPublishing Authors Press

『操体法を神経科学から読み解く』岩吉 新(著)
操体法を神経科学から読み解く表紙
●入手方法:Amazonにて販売中
●価格:¥1,706
●ページ数:102P
●大きさ:14.8 x 0.6 x 21 cm
●出版社:NextPublishing Authors Press

 

ヨガ・ピラティスを神経から読み解く

岩吉新さん「ヨガ・ピラティスを神経から読み解く」

●入手方法:Amazonにて3月9日より販売開始
●価格:¥1,580
●ページ数:120P
●大きさ:14.8 x 0.7 x 21 cm
●出版社:NextPublishing Authors Press

(第11回 了)

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

岩吉新
岩吉 新(Shin Iwayoshi
フィットネス業界のマネージャー職や、趣味で行なっていた合気道などの武道を通して、人の身体を健康にする仕事を行いたいと思い、様々な手技療法を受ける。気持ちよさで身体のバランスが整うという操体法に出会い、創始者の内弟子の先生から、身体や皮膚の感覚と技術を基礎から応用まで学ぶ。東京田園調布に「neuro relax」を開業。その後、カナダの女性理学療法士が開発したデルモニューロモジューレティングを知り、開発者とコンタクトを取り最新の神経科学を学ぶ。その後、2017年に「デルモニューロモジュレーティング日本語版」の制作&翻訳を担当し出版。また2018年には「操体法を神経科学から読み解く」を執筆し出版する。

著者『デルモニューロモジュレーティング日本語版

操体法を神経科学から読み解く

Web site 岩吉新公式サイト「ニューロリラックス」