「ピンフォールという完全決着の魅力」対談 中井祐樹×鈴木秀樹から見えてきた新たな潮流

| コ2編集部

コ2【kotsu】インフォメーション

「ピンフォールという完全決着の魅力」

対談 中井祐樹×鈴木秀樹から見えてきた新たな潮流

文・写真コ2編集部
協力朝日カルチャーセンター新宿

 

格闘技界のレジェンド・中井祐樹氏とビル・ロビンソン氏のもとでキャッチ アズ キャッチ キャンを学び、現在プロのリングで活躍中の鈴木秀樹選手との対談が、去る4月18日、東京・朝日カルチャー新宿で行われた。

対談【中井祐樹×鈴木秀樹】なぜ僕らはプロレスラーを夢見たのか?」と題された対談は、中井氏の故郷・北海道時代の熱い全日本プロレス愛と格闘家・中井祐樹の原点としてのプロレスから始まり、アメリカのカレッジレスリングと日本のレスリングの違いと、それが現在の総合格闘技を語る上で必須の要素であることを説明、さらにオリンピック競技に向けて特化している日本のレスリング界や選手が学ぶべき原点として、1月に鈴木選手が著した『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』を指し「一家に一冊持つべき本!」と紹介した。鈴木選手は「僕自身はロビンソン先生に「キャッチ アズ キャッチ キャン」と説明されたことはなく、「レスリング」として教わっていました」と、改めてCACCが今日のように競技化が進む前のレスリングであることが語られた。

中井裕樹氏と鈴木秀樹さん
最初から最後まで途切れることなくプロレス、CACC、格闘技について語るお二人。

 

また、完全決着としてのピンフォールの再評価と、その視点があるいは柔術といまのレスリングで見失われつつある要素を補完できるのではないかというお話は進み、現在、鈴木選手がコ2のインタビューでも語っているCACCの競技化について期待が寄せられた。

対談の最後に鈴木選手は「(対談の)タイトルの「プロレスラーを夢見たのか?」という部分で言うと、僕は夢見たことはありません(笑)。普通に月謝を払う会員としてロビンソン先生にレスリングを教わって、なんとなくデビューしたので(笑)。それはやっぱり(CACCが)楽しくて面白かったからだと思います。だから、まだどうなるか全然分からないのですが、CACCの教室や大会についてもできるなら沢山の人が楽しめるものにしたいですね」と語り対談を締めくくった。

当日の模様は改めてコ2でレポートとして紹介する予定ですのでお楽しみに!

中井祐樹氏と鈴木秀樹選手

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガでお知らせしています。
ご登録はこちらまでどうぞ。

–Profile–

中井 祐樹 (Yuki Nakai
パラエストラ東京主宰 日本ブラジリアン柔術連盟会長
1970年生。北海道石狩市浜益区出身。高校時代にレスリング、北海道大学在学中に高専柔道の流れを汲む七帝柔道を学び、4年時には七帝戦で団体優勝に輝く。その後修斗に入門し94年11月、第3代ウェルター級チャンピオンとなる。95年バーリ・トゥード・ジャパンオープン95にてヒクソン・グレイシーに敗れるも準優勝。その後、日本におけるブラジリアン柔術の先駆者としてアメリカ・ブラジルで実績を残す。97年12月、自らの理想を追求するためパラエストラ東京を開設。著書:「希望の格闘技」(イースト・プレス)や「本当の強さとは何か」(増田俊也氏との共著、新潮社)、DVD:「中井祐樹メソッド 必修!柔術トレーニング」(BABジャパン)や「中井祐樹:はじめようブラジリアン柔術」(クエスト)他多数。

公式サイト http://www.paraestra.com/

鈴木秀樹選手

鈴木 秀樹(Hideki Suzuki
すずき・ひでき/本名同じ。1980年2月28日生まれ、北海道北広島市出身。生まれつき右目が見えないというハンディを抱えていたが、小学生時代は柔道を学ぶ。中学時代にテレビで見ていたプロレス中継で武藤敬司に魅了され、プロレスの虜になる。専門学校卒業後、上京。東京・中野郵便局に勤務。2004年よりUWFスネークピットジャパンに通うようになり、恩師ビル・ロビンソンに出会う。キャッチ・アズ・キャッチ・キャンを学び、2008年11月24日、アントニオ猪木率いるIGF愛知県体育館大会の金原弘光戦でデビュー。2014年よりフリーに転向。ZERO1やWRESTLE-1、大日本プロレスなどを中心に活躍。191センチ、115キロ。
2017年1月に日貿出版社より『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』を発表する。

Web Site:鈴木秀樹オフィシャルサイト

『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』