実践、超護身術 第二十八回 詫びと酒02

| 葛西真彦
introduction

武術の根幹と言えば身を護ることにある。法治国家である現在の日本においてもそれは同じだ。時として、理不尽な要求や暴力から自分や大事な人の身を護るためには、決然と行動を起こす必要があるだろう。しかし、そうした行為もまた、法で許されている範囲の中で行わなければ、あなた自身が法に裁かれることになる恐れがあるのも事実だ。

では果たしてどのような護身が有効なのか?

本連載では元刑事であり、推手の世界的な選手でもある葛西真彦氏に、現代日本を生きる中で、本当に知っておくべき護身術を紹介して頂く。

元刑事の武術家が教える、本当に役に立つ術

実践、超護身術

第二十八回 詫びと酒02

葛西真彦

 

「格好悪いところを見せられない」の罠

前述したとおり、大抵の方は社会生活を送るなかで、詫びの素養と経験値は多かれ少なかれ持っています。問題はこのスキルを活用することを忘れることがあることです。その代表例が、恋人や家族が同伴しているときにトラブルが起きたケースです。

「恋人の前で自分が悪くもないのに謝るなんて、格好が悪い姿は見せられない!」と意地を張ったがために恋人までも巻き込んで、痛烈な被害を受けることもあるわけです。

また家族と一緒の場面で、子どもの前で詫びられないというケースもあるでしょう。また、ありがちなのが自分の妻や子どもがトラブルの原因となってしまった場合、自分が当事者の場合に比べて怒りの感情を抱きやすく、激高してしまい、詫びるどころではなくなってしまうわけです

この辺りの感情のコントロールは非常に難しく、冷静に考えれば当たり前のことも、その場になると、この当たり前のことが分からなくなる「落とし穴」でしょう。

ではこの当たり前のことを忘れずに冷静に「詫びて」その場を収めるために何が必要でしょう?

それは「思考を変えること」です。もっと具体的にいえば、

「トラブルに対して損得勘定で計算する」

ということです。

仮に詫びずに、お互い一歩も引かなかった場合、それが口論で済んでも、誰か(駅員や警備員など)が通報して警察沙汰になれば、長時間に渡って拘束され、最終的には互いに注意処分程度で済んでも、その日の予定はもちろん気分も台無しです。おまけに同伴者からも「つまらないことでなにをやってるの!?」と、思われてしまう可能性もあるでしょう。

こうしたトラブルによる鬱的気分は、プライドにも関わってくるため意外に長く引きずるうえに、これをきっかけに、恋人との関係が悪くなったり、子どもや妻にも悪い見本を示し、威厳を失うリスクにつながる可能性もあるわけです。

口先だけで詫びて済ませ、さっとその場を引けば数十秒で終わったものが、これだけの損をすることになる。計算をしてみると結構バカらしいと思いませんか

 

平和に過ごすことの価値

私自身警察官時代にこうした些細なことが切っ掛けでトラブルになったケースを沢山扱いましたが、大抵の場合、当事者の方は冷静になると「なんであのときこんな詰まんないことで意地を張ってしまったんだろう……」と後悔していました。

それでもこれは軽い方です。もしお互いに引かず、殴り合いになったらどうでしょうか。警察沙汰になれば当然刑事処分も受けるわけですし、怪我をしていれば治療はもちろん、それが影響して仕事にも支障が出るでしょう。またそのことが職場にばれたら、当然印象はよくなく、場合によっては、懲戒解雇される職場もあるでしょう。そうなった場合生活は家族はどうなるでしょうか。さらに相手に怪我をさせていれば慰謝料のことも考えなければならないわけです。

些細なことが切っ掛けで、怪我をしたり職を失ったり未来への展望や目標がつぶれたり、同伴者がいた場合は、その人も被害に巻き込んでしまう可能性もあるわけです。

そう考えるとなんとばからしいことでしょうか。

ここまで書けば、損得勘定で考えれば、詫びるという選択肢がもっとも合理的だとということがお分かりだと思います。

「そうかもしれないけれどプライドが」「男として曲げられない」

という声があることも分かります。ただ、もしかするとそういう方ほど、今置かれている何気ない平和な日常のありがたみを忘れているのかもしれません。台湾に住む身としてはそれは改めて思うところで、恐らく多少なりとも海外で過ごしたことがある方であれば分かるのではないでしょうか。

 

photo/stockarch / stockarch.com

 

平和は詰まらないことがきっかけで簡単に壊されてしまうこともあります

場合によってはつまら意地を張った数秒が、その後の人生が大きく変えてしまうこともあるわけです。

 

ここで大事になるのは前にも登場した「自分の身の丈を考える」ということです。

  • 今の仕事を失っても、同じような待遇環境の仕事でやりなおせるか。
  • 前科を持っても同じような待遇の仕事を持てるだろうか。
  • 家族や同僚、友人はこの過ちを全く否定せず受け入れてくれるだろうか。

そうした自分の身の丈を冷静に踏まえたうえで、損得勘定を真剣に考えることを、何か事件の報道があるたびに“自分がもし当事者、しかも犯人側だったら”と考えることが、これまでも書いてきたとおり重要なポイントになります。

私はことある事に「報道を見てシミュレートする」という話をこの連載でもしていますが、これは警察マインドの一つにある、「最悪を想定せよ」ということに関係しています。

これは普通の人から見れば「あなたちょっと病気じゃないの」と言われるぐらい、神経質かつ過敏に、最悪の中のさらなる最悪というものについて考え、「その場合だったらどうするか」「この状態になった自分は耐えられるのか、回避できるのか」「どうすれば周囲に犠牲を出さずに済ませられるか」など、対処の方法について、リアルに考えるのです。

考えれば考えるほど、引き起こされた結果が割に合っていないかが分かるとともに、詫びるだけで済むということの価値と、それがどれだけ重要であるかということに気付くわけです。

引いても命や生活に影響のないことなら引く、これはきわめて大事なことなのです

人間関係を損得勘定で生きると、逆に信頼や人間関係のつながりなど、大事な宝を失ったりしますが、犯罪に巻き込まれるようなトラブルのリスクについてだけは、淡々と感情は一切抜きで、損得勘定で計算したほうが絶対にいいと断言できるでしょう。

逆にこうした損得勘定をしたうえで、どうしてもリスクを冒さなければならない場面もあるでしょうが、それは直接護身の領域ですので、ここでは触れません。間接護身的な理想は、「詫び」による間接護身を使わないで済むように身を処すことと言えます。

 

「お酒」という罠

さて、メンツやプライドとともに「詫び」を邪魔するのが「お酒」です。

酒に酔うと、この詫びるというスキルはうまくできない人が増えます。

お酒は美味しく、楽しくもありますが一方で、昔から言われるとおり、「魔物」でもあります。お読みの方にも酒で失敗した経験がある方がいらっしゃるのではないでしょうか。

笑い話で済めば良いのですが、派出所勤務時代は、普段は温厚で真面目なサラリーマンがお酒で豹変して、つまらない口論の果てに相手をぶちのめし、さらに止めに入った警察官にまで暴力を振るい逮捕というケースは日常茶飯事でした。

翌日の朝、お酒が抜けたところで取り調べてみると、自分のやったことを「全く覚えてない」と言いますが、もちろんそれで通るはずがありません。失うものはあまりにも多く、職も失った方もいますし、家族と縁を切られた方もいるわけです。

経験から言うと、一流企業や公務員等、社会的地位がそれなりにある人ほど、こうしたことで、それまで培ってきたものを、全てなくしてしまうケースが多いように感じます。

警察官時代、「酒はおしっこを3回したら、もう飲むのをやめろ」と言う上司がいましたが、つまらないトラブルを未然を防ぐための間接護身として、経験から教えてくれていたのだなと、今になってふと思い出します。

次回は、この「お酒」のお話から始めたいと思います。

(第二十八回 了)

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

葛西真彦(Masahiko Kasai
1977年10月26日生まれ青森県出身。某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。
危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるか、そのことをひたすらに研究し、現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、さまざまなランダム性が生じる中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。
昇任し、刑事人生これからというときに大病を患い、意識混濁と発作を起こして倒れるようになり、刑事としての勤務することどころか日常生活すら厳しい状況となり、しかも西洋医学では完治は難しいとさじを投げられたため、早期退職して台湾にて中医の治療を受ける。
約1年間ほど養生した結果、発作を起こして倒れるような症状がなくなったため、リハビリもかねて台湾の武芸に励む。
武術歴は30年近くになり、幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。
また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。
日々休みなく、体が壊れる限界ギリギリまで自分を追い詰め、仕事をしながらも、毎日1日8時間以上の稽古を設定して、修行に臨んでいる。
現在は、世界大会3位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。
台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka