システマ随想 第七回 「ミカエル・リャブコインタビュー in ロシア01」

| 北川貴英

この記事は有料です。

ロシアン武術「システマ」の公認インストラクターである、北川貴英氏が書き下ろしで語る、私的なシステマについての備忘録。第七回目の今回は、システマの最新情報を入手するため、8月中旬にロシアに行った北川さんによる、創始者ミカエルの「現地直送」インタビューです。いま、なぜシャシュカなのか。コサックの伝統的な武器が現代のシステマ愛好家に必要な理由に迫ります。

システマ随想

第七回 「シャシュカとニュースクール」

インタビュアー・文北川貴英
通訳松本陽子

 

武器に秘められた力

─9月に毎年恒例の大規模なセミナーが行われますが、今年は『インターナルワークの鍵としてのシャシュカ』というテーマです。これに決めた理由について教えてください。

ミカエル いまインターナルワークを用いるニュースクール(新しい潮流)を作りつつあります。シャシュカを使うことによって、それを簡単に教えることもできますし、学ぶ側が試すのも簡単なためです

─インターナルワークを教えやすい、ということですか?

ミカエル そうとも言えますが、完全な答えではありません。シャシュカは身体を整え、正しい姿勢を学ぶためにも必要です。またシャシュカは手に力を与えてくれます。今回のセミナー(2015年8月15日、16日にモスクワ本部で行われた週末セミナー)に参加した人はそれを感じたことでしょう。シャシュカは身体とメンタルを整えてくれます。それによってインターナルワークを理解することができるのです。

日本の武術もインターナルワークと関連のあるものが多いです。ですから日本の皆さんにとっては分かりやすいのではないでしょうか。日本古来の武道もそうですし、現代の合気道なども内面のワークに関連するものです。
武器を使わないとインターナルワークとは教えにくく、分かりにくいものなのです。それをある程度習得したら、ものを使わなくてもインターナルワークを行うことができます。ウィップにも同様のことが言えます。ウィップでトレーニングすることによって内面を整えることができます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

北川貴英(Takahide Kitagawa
08年、モスクワにて創始者ミカエル・リャブコより日本人2人目の公式システマインストラクターとして認可。システマ東京クラスや各地のカルチャーセンターなどを中心に年間400コマ以上を担当している。クラスには幼児から高齢者まで幅広く参加。防衛大学課外授業、公立小学校など公的機関での指導実績も有るほか、テレビや雑誌などを通じて広くシステマを紹介している。

著書

「システマ入門(BABジャパン)」、「最強の呼吸法(マガジンハウス)」
「最強のリラックス(マガジンハウス)」
「逆境に強い心のつくり方ーシステマ超入門ー(PHP文庫)」
「人はなぜ突然怒りだすのか?(イースト新書)」
「システマ・ストライク(日貿出版社)」
「システマ・ボディーワーク(BABジャパン)」
「ストレスに負けない最高の呼吸術(エムオンエンタテイメント)」
「システマ・フットワーク」(日貿出版社)

監修

「Dr.クロワッサン 呼吸を変えるとカラダの不調が治る(マガジンハウス)」
「人生は楽しいかい?(夜間飛行)」

DVD

「システマ入門Vol.1,2(BABジャパン)」
「システマブリージング超入門(BABジャパン)」

web site:「システマ東京公式サイト