やさしい漢方入門・腹診 第四回「腹証と養生 その1」

| 平地治美

この記事は有料です。

漢方の診察で必ず行われる「腹診」。指先で軽くお腹に触れるだけで、慣れた先生になるとこの腹診だけで大凡の患者さんの状況や見立てができるといいます。「でもそんなこと難しいでしょう」と思うところですが、本連載の著者・平地治美先生は、「基本を学べば普通の人でも十分できます!」と仰います。そこでこの連載ではできるだけやさしく、誰でも分かる「腹診入門」をご紹介します。

お腹で分かるあなたのカラダ

やさしい漢方入門・腹診

第四回 「腹証と養生 その1」

平地治美

 

「腹証」を知る意味

前回(第三回)では、理想のお腹とはどんな状態か? ということ、そして腹診の実際のやり方をお話してきました。 でも実際のお腹は、つきたてのお餅のような理想の状態であることは、ほとんどありません。ブヨブヨとふくらんでいたり、色がくすんでいたり、石のような塊があったり……。そんなお腹のそれぞれの状態を「腹証」と言います。

腹証には、その時の病態を表す漢方用語や処方名を当てて「〜の腹証」と言うこともあります。たとえば、

血が滞った瘀血(おけつ)の状態で、おへその斜め下に圧痛が出る→「瘀血の腹証」

その時に痛む場所が左である→「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の腹証」

といった具合です。

お腹には、カラダの中で起きていることがそのままあらわれます。だからこそ、「腹診をして腹証を決める」ことができるのです。

ただし現在の日本では法律の規制があり、薬局で腹診をすることができません。四診のうち、切診である「腹診」と「脈診」ができないので、それ以外の診断である、望診(見る)・聞診(聞く)・問診(問う)で、診断をすることになります。

私自身、鍼灸師になる前に薬剤師として薬局で勤務していた頃は、患者さんのお腹に触ることができませんでした。ですが処方を決定する際に、腹証が決め手になる場合もあります。薬局で相談する際に、自分の腹証が伝えられれば、最適な処方を選ぶ参考になると思います。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

平池治美先生

平池治美(Harumi Hiraji
1970年生まれ。明治薬科大学卒業後、漢方薬局での勤務を経て東洋鍼灸専門学校へ入学し鍼灸を学ぶ。漢方薬を寺師睦宗氏、岡山誠一氏、大友一夫氏、鍼灸を石原克己氏に師事。約20年漢方臨床に携わる。和光治療院・漢方薬局代表。千葉大学医学部医学院非常勤講師、京都大学伝統医療文化研究班員、日本伝統鍼灸学会学術副部長。漢方三考塾、朝日カルチャーセンター新宿、津田沼カルチャーセンターなどで講師として漢方講座を担当。2014年11月冷えの養生書『げきポカ』(ダイヤモンド社)監修・著。

著書

『やさしい漢方の本・舌診入門 舌を見る、動かす、食べるで 健康になる(日貿出版社)』
、『げきポカ』(ダイヤモンド社)

個人ブログ「平地治美の漢方ブログ
Web Site:和光漢方薬局