鈴木秀樹の『エクレアと人間風車』 第三回 フィジカルチェスの教授法①

| 鈴木秀樹

この記事は無料です。

来る1月19日より日貿出版社より『ビル・ロビンソン伝 キャッチ アズ キャッチ キャン入門』を上梓する現役プロレスラーの鈴木秀樹さん。鈴木さんは“人間風車”の異名を持つ、名レスラー・ビルロビンソン氏より、キャッチ アズ キャッチ キャン(以下、CACC)と呼ばれる、プロレスの源流ともいえるレスリングを学び、現在フリーのレスラーとして、様々な団体で活躍しています。
そこでコ2【kotsu】では、『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』の出版記念集中連載として、鈴木さんにビル・ロビンソン氏とCACCについてお話しを伺いました。
第三回目の今回は、実際に鈴木氏が体験したロビンソン氏の教え方についてのお話です。

『エクレアと人間風車』

第三回  フィジカルチェスの教授法①

語り鈴木秀樹
構成コ2【kotsu】編集部

 

飽きるほどの基本

CACCを初めた頃、ほんとうに繰り返しやったのは構えとステップですね。
宮戸さんの「前!右!左!」という号令に合わせて、構えを崩すことなく移動するんです。ずっと「なんだこれ」って思いながらやってましたよ。「レスリングでもなんでもないじゃん」って(笑)。スラムダンクの三井くんじゃないですけど、「先生、レスリングやりたいです」ってずっと心の中で言ってましたね。技のほうが見栄えが良いし、楽しいじゃないですか。

でも、今になるとこれが全てだって分かるんです。
自分がレスリングをやる時は、構えとステップにものすごく助けられている。今でも人前では絶対にやらないですけれども、試合直前でも構えたりステップしたりしてますからね。これが身についてくると、技がうまくいかない時になにが悪いのか、自分で確認することができるんです。すると大体、足の位置が悪かったり自分のバランスが崩れたりしている。

ロビンソンに教わる時もそうです。
習った技が全然できなくて「こんなの、俺にはできないよ!」って思ってると、ロビンソンが「足をここに置いてみろ」とほんの少しだけずらしてくる。「そんなので変わるわけないだろ」と思いながら言われた通りにしてみると、うまくいくんですよ。それまでガッと引っかかっていたのが、すーっと技がかかるようになる。そういうのを教えるのがとてもうまかったですね。そういう時にロビンソンみると、自分の頭をちょいちょいと指で突きながら、思い切りドヤ顔してるんですよ。で、「お前は頭を使っていない」と。それがムカつくんですけれども、言い返せないですよね。だって言う通りにすればできちゃうんですから(笑)。

2008年11月デビュー直前の頃、ロビンソン先生に指導を受ける鈴木氏。

スパーリングでの指導

ロビンソンの教え方はまずスパーリングをやらせて、ダメなところにきたらストップがかかって。「そういう時にはこうやるんだ」と教えてくれるんです。とにかくスパーリング。ライレーもそうだったって言いますよね。スネークピットジャパンではゼロから教えるという方針だったので、技術をやってからスパーリングでしたけど。ロビンソンはスパーリングを重視してました。生のリアクションがあるからです。型通りのことなんて起こらないわけじゃないですか。だから毎回、全部違うんですよね。そういうリアクションを大事にしてました。

あと「やりきる」ってのもロビンソンに言われましたね。立って、向かい合うまでがイーブンだから。だから立ってほっとしたらダメなんですよ。「その瞬間投げられるぞ」、と。
 でも技を個別に習うわけじゃないんです。技の名前とかもあまりない。例えば「組め!」と言われて組んだら「リスト!」と言われる。で、手首を掴んで、「ヘッドアップ!」と言われたらそうする。そんな感じですよ。で、「アームドラッグ!」と言われて、唐突に「ゴー!」と言われる(笑) ただの「ゴー!」ですよ。意味がわからないから「え?」と聞き返したら「ゴー!!」と怒られて。それでもわからないから「何?」って聞くと「サルト!」と。それで「サルトか」と納得して投げる。そういう感じですよ。

技の名前なんてなくて、ただ「ゴー!」なんですから。犬じゃないんだぞと。でもそういう感じの教え方です。そういう風に流れで教わったので、僕もテクニックを分けて考えるということはやりませんね。だから、こうきたらこう行かなきゃいけない、というのはないんです。腕を引くにしてもいろいろな引き方がありますから。そういうのに応じられるようにしていくんです。

僕は毎回、井上学さんや他の人とスパーリングしてましたけど、子どもや女性会員ともやりました。ロビンソンにも言われるんです。ちっちゃい子とやれって。ふざけてやってると怒られました。お互いに間違いを覚えるからって。だからもし僕が子供にテイクダウンされても、手順通りちゃんとディフェンスポジションになってから立てと。そこを適当にやると怒られましたね。

小学生相手の練習はよくやりました。僕にとっても良い練習になりましたよ。力を抜いて練習できるから、怪我させないように正しくやらざるを得ないじゃないですか。大人だと多少、雑でも大丈夫だけど、子供が相手だと怪我をさせてしまいかねない。その上、相手もちゃんとした動きを覚えないのから意味がなくなっちゃうんです。でもたまに遊びでアルゼンチンバックブリーカーとかやったりしましたけどね。

女性会員さんとも同じようにスパーリングをしました。看護師さんがいたんですけど、ものすごい負けん気なんです。僕に対してはそうでもないんですけど、他の会員さんに対しては負けないんですよ。力も強くて、男性会員を相手にタックルとったりしてました。まだいるんじゃないですかね。気持ちが強い人なんです。そういう執着心は女性の方があるような気がしますね。男って諦める時、わりとあっさりしてるじゃないですか。もういいやって。

後の方ではロビンソンのアシストで指導に回るようになったんですが、何も経験のない人の方が早く強くなりましたね。“CACCってこういうもんだ”って素直に覚えてくれるから。体力的にはきついかも知れないですけれど、技術的には早かったです。むしろレスリングとかの経験がある人は、そっちの癖を抜くのになかなか苦戦してました。

ロビンソンはプロ志向の人に対しても、女性や子供、余暇で通ってる人に対しても教え方を変えることはありませんでした。同じ技でも人によって足の長さや体格に合わせて、微妙に教え方を変えるんです。それを誰に対してもやるんです。そこのところはさすがでしたね。

(第三回 了)

 

『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』
鈴木秀樹さんの初の著書『ビル・ロビンソン伝 キャッチ アズ キャッチ キャン入門』が、現在、全国書店、Amazonで発売中です。


イベントは終了しました

『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』
 出版記念イベントのお知らせ!

『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』出版を記念して、鈴木秀樹選手のイベントの開催が決定!皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時2017年01月16日(月)    19時~
開催場所グランデ(神保町) 7F

発券場所 / 発券日時グランデ(神保町) B1F/2016年12月25日(日) 10時~
【店頭受付】2016年12月25日(日)10:00~
【電話受付】2016年12月25日(日)13:00~
TEL:03-3295-0017(直通)

※状況により1回のご予約数を制限させて頂く場合がございます
※商品1点ご予約につき参加券1枚の配付となります
※参加券1枚で大人1名様限り有効(お子様のご同伴は係にご相談ください)
※電話受付は同日13:00から、残券がある場合に行います
※メールでの受付はございません。予めご了承ください

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.shosen.co.jp/event/46563/

 


イベントは終了しました

「キャッチ アズ キャッチ キャン入門」刊行記念
  鈴木秀樹直接指導セミナー

「キャッチアズキャッチキャン入門」の著者、プロレスラー鈴木秀樹が直接テクニック指導。豪快さの土台となるビル・ロビンソン直伝の精密な技術を「人間風車2世」が直接伝授します。セミナー後はサイン会&ツーショット撮影会も有り。現役格闘家から昭和プロレスファンまで、奮ってご参加下さい。

日時:2017年1月29日(日)

会場:文京区スポーツセンター 柔道場

●第1部
16時〜18時 基本〜テイクダウン

●第2部
18時30分〜20時30分 ブレイクダウン
20時30分〜21時 サイン会&ツーショット撮影会

参加費:通常価格
1コマのみ4,000円 2コマ通し7,000円
「キャッチアズキャッチキャン入門」を当日購入もしくはオビをご持参の方
1コマのみ3,000円 2コマ通し5,000円

お問合せ、受付はこちらから。

※会場への問い合わせはご遠慮ください。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

鈴木秀樹選手

鈴木 秀樹(Hideki Suzuki
すずき・ひでき/本名同じ。1980年2月28日生まれ、北海道北広島市出身。生まれつき右目が見えないというハンディを抱えていたが、小学生時代は柔道を学ぶ。中学時代にテレビで見ていたプロレス中継で武藤敬司に魅了され、プロレスの虜になる。専門学校卒業後、上京。東京・中野郵便局に勤務。2004年よりUWFスネークピットジャパンに通うようになり、恩師ビル・ロビンソンに出会う。キャッチ・アズ・キャッチ・キャンを学び、2008年11月24日、アントニオ猪木率いるIGF愛知県体育館大会の金原弘光戦でデビュー。2014年よりフリーに転向。ZERO1やWRESTLE-1、大日本プロレスなどを中心に活躍。191センチ、115キロ。
2017年1月に日貿出版社より『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』を発表する。

Web Site:鈴木秀樹オフィシャルサイト

『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』