2015年4月新刊 『新装増補版 謎の拳法を求めて』 著・松田隆智

| コ2編集部

2015年4月11日発売

『新装増補版 謎の拳法を求めて 〜武の人・松田隆智の足跡を辿る』

松田隆智 著

 

新装増補版 謎の拳法を求めて

松田隆智を切っ掛けに、武術の門を叩いた、すべての“拳児”たちに捧ぐ。

日本から中国へ。武の大道を拓いた、原点「謎の拳法」が大幅増補で復活!
一拳を求めて歩み続けた男の姿がここにある。新たに増補版として小チベット・ラダックへの旅行記、講演録、自身の武術哲学を記したエッセイ“魂の芸術”、妻・松田晴美氏インタビュー「我が夫・松田隆智」と図入りの練習メモを収録。さらに少年期からこれまで公の場では語られてこなかった、“空白の二十代”を振り返る、ラストインタビューを公開。

 

単行本: 355ページ
定価:1,600円(税別)
出版社: 株式会社 日貿出版社
言語: 日本語
ISBN-13: 978-4817060099

全国書店、アマゾンで発売中

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

松田隆智(Ryuchi Matsuda
1938年(昭和13)生まれ。愛知県岡崎市。本名・松田鉦。幼少の頃から武術を志し、空手を始め、日本古武道(八光流柔術、大東流合気柔術など)を学ぶ。1970年(昭和45)の台湾を皮切りに本格的に中国拳法の学習を開始。その活動範囲は中国大陸まで及び、自身の経験と研究を著作し、当時はまだ未知の武術であった中国拳法を広く世に知らしめる。1988年(昭和63)には、週刊少年サンデーの連載漫画『拳児』の原作者として活躍する。著作は『秘伝日本柔術』(壮神社)、『松田隆智の拳遊記』『発勁と基本拳』『絶招と実戦用法』(ともにBABジャパン)など多数。2013年(平成25)7月24日、急性心筋梗塞により永眠。