2015年1月新刊 『舌を、見る、動かす、食べるで 健康になる!』 著・平池治美

| コ2編集部

2015年1月15日発売

やさしい漢方の本・舌診入門
舌を、見る、動かす、食べるで 健康になる!

平池治美 著

 

やさしい漢方の本・舌診入門 舌を、見る、動かす、食べるで 健康になる!

食べたり、呑んだり、喋ったりと、毎日使っている舌。この舌を見るだけで、カラダの調子が分かるんです! この本では、チャートと分かりやすいイラストを使った簡単な舌の見方から、症状にあった薬膳、舌ケアに加えて、口のなかのツボを刺激する、“平地式・ツボ押し舌体操”をご紹介! 健康の秘訣は、“舌にあり! “です。

漢方の診察方法のひとつ、「舌診」を分かりやすいイラストと文章で紹介。巻頭のチャートで自分の舌の苔(舌苔)と、舌の色をチェック、対応した本文を読むだけで、いまの自分の体調と、それにあった薬膳が分かります。さらに、美容体操としてはメジャーな舌体操に、漢方ならではのツボ理論を加えたオリジナルの、「平地式・ツボ押し舌体操」を紹介しています。この一冊で、舌の見方から食養、舌体操が分かる内容になっています。

 

単行本: 128ページ
定価:1,200円(税別)
出版社: 株式会社 日貿出版社
言語: 日本語
ISBN-13:978-4817070364

全国書店、アマゾンで発売中

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

平池治美先生

平地治美(Harumi Hiraji

1970年生まれ。明治薬科大学卒業後、漢方薬局での勤務を経て東洋鍼灸専門学校へ入学し鍼灸を学ぶ。漢方薬を寺師睦宗氏、岡山誠一氏、大友一夫氏、鍼灸を石原克己氏に師事。約20年漢方臨床に携わる。和光治療院・漢方薬局代表。千葉大学医学部医学院非常勤講師、日本伝統鍼灸学会学術理事。漢方三考塾、朝日カルチャーセンター新宿、津田沼カルチャーセンターなどで講師として漢方講座を担当。2015年1月『やさしい漢方の本・舌診入門 舌を見る、動かす、食べるで健康になる! 』(日貿出版社)出版。 

著書

『やさしい漢方の本・舌診入門 舌を見る、動かす、食べるで 健康になる(日貿出版社)』
、『げきポカ』(ダイヤモンド社)

個人ブログ「平地治美の漢方ブログ
Web Site:和光漢方薬局