やさしい韓氏意拳入門 第六回 「技撃椿・大式椿」

| 駒井雅和

この記事は有料です。

武道、武術好きなら一度は名前を聞いたことがある、韓氏意拳。興味はあるものの、どこか敷居の高さを感じて二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか? そこでここでは駒井雅和教練にお願いして、できるだけ分かりやすく韓氏意拳について書いて頂きました。第六日目の今回は、「技撃椿・大式椿」です。

やさしい韓氏意拳入門

第六回 「技撃椿・大式椿」

駒井雅和

 

みなさん、ごきげんいかがでしょうか。
この連載では少しずつ韓氏意拳の練習方法を紹介させていただいていますが、今回は技撃椿、大式椿の紹介をさせていただきます。

「技撃!」というと戦いのイメージを持たれる方もいるかと思います。
と他人事みたいに言っていますが、私自身が初めて習った時に、

「技撃か、ようやく武術っぽい練習が始まるのか!?」

と思ったものです。
果たして韓氏意拳の技撃椿とはどのようなものでしょうか?
今回は前回までとは趣向を変えて、まず練習の形を紹介するところから始めます。

 

技撃椿(ジージージョン)

1 肩幅より少し広く足を開いて立ちます。(足が揃った形を平行の歩、平歩 (へいほ)と呼びます)

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

b115c6_370e2dae686f462abdeeee33dadb32ea.jpg_srb_p_310_465_75_22_0.50_1.20_0

駒井雅和(Masakazu Komai
1975年生まれ東京出身。2003年より広東省珠海市の韓競辰師の元に年数度訪中し韓氏意拳の本格的な学習を始める。
2007年初級指導資格を取得し、東京にて講習を開始。
現在は韓氏意拳中級指導資格保持。東京の昭島市を中心に埼玉・神奈川・千葉などにて指導を勤める。
活動予定はコチラから
Web site :韓氏意拳tokyo活動中心

駒井雅和プロデュース
K-STUDIOカンフーパンツ販売サイト:KUNG-FU-PANTS
Web Site:韓氏意拳日本学会HP