2019年5月新刊 葛西眞彦 著『間接護身入門』発売のお知らせ!

| コ2編集部

2019年5月10日発売予定

本当に大事なことを護りたい人が
知っておくべきこと
『間接護身入門』発売決定!

葛西眞彦 著

 

 

本当にリアルな護身理論登場!

コ2で約2年に渡り連載されてた「実践、超護身術」が、新たに書籍『本当に大事なものを護りたい人が知っておくべきこと 間接護身入門』として、来たる5月10日に発売されます

本書で語られている間接護身とは、いわゆる格闘を基本とした従来の護身術(直接護身)とは異なります。

日常生活のなかに存在する、危険な人物を事前に察知し避ける方法や、トラブルの際に必要な証拠の保全方法、警察を動かすストーカー対応など、元警察官の著者の実体験に裏付けされた、超現実的な護身理論が紹介されています

連載時より元刑事である著者・葛西眞彦氏の実体験に裏付けされた内容は、多くのよりリアルな護身を求める人にとって注目されてきました。書籍化にあたっては加筆補正とともに、著者が追求し続けている競技推手の技術を活かした、杖や小型三脚を使った直接護身術も紹介。QRコードで動画も見られます。

大事な家族や友人、そして人生を護るために知っておくべき知識が本書にまとめられています。

現在、アマゾンで予約受付中


【サンプルページ】

 

【サンプル動画】

 

 定価:1,600円(税抜き)
単行本: 294ページ
出版社: 株式会社 日貿出版社
発売予定: 2019/5/10(流通の都合により8日から10日となりました)

アマゾンでのご予約はこちらから

 

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

葛西眞彦(Masahiko Kasai

かさい・まさひこ。1977年10月26日生まれ、青森県出身。間接護身アドバイザー。

 某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。

 危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるかを研究。現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、ランダムな状況の中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。

 幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。

 また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。世界大会2位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。

 台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。全日本競技推手連盟顧問。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka