対談/北川貴英&山上亮 第六回「親子体育」をかんがえる

| 北川貴英 山上亮

この記事は有料です。

システマ東京の北川貴英さん、整体ボディワーカーの山上亮さんの対談6回目は、「親子でふれあう」コミュニケーションについて。親子の密着度を高める抱っこの仕方や、手当てのやり方をわかりやすく伝える“ハンバーグ”など、お二人が日頃の講座で実践されているやり方を紹介します。

 

北川貴英&山上亮 「親子体育」をかんがえる

第六回  「親子でふれあう、からだを感じる」

語り北川貴英、山上亮
構成阿久津若菜

 

何よりまず、親を動かせ!

コ2編集部(以下、コ2) 前回(第5回)は、「親子体育」の考え方が、学校で通常教えられている教科としての体育と何が違うのか? という話をしました。
お二人は2013年の9月に、朝日カルチャーセンター立川教室でコラボ講座をされましたよね。それが本連載企画の発端になったわけですが、あの講座、当初は「親子連れで参加できる“武術&整体”の体験型ワークショップをやってみよう!」としか決まっていなくて、今思うとけっこうな無茶ぶりだったと思うんです(笑)。
お二人はそもそも、「親子体育」というテーマが与えられた時、何をしようと思われたのでしょうか?

北川 僕は何よりまず、「親御さんにからだを動かしてもらう」ことを考えました。とにかくからだを動かしてもらうこと。立川での講座の時は、親が子どもを抱えてスクワットしたりとか、背中に子どもをのせてプッシュアップ(腕立て伏せ)をしたりとか、いろいろやりましたけど、思いのほか早く親の方がへばっちゃって。残りの時間で何しようかなと思ったんですけどね(笑)。

山上 あの時やったことは、システマの親子クラスで、いつもされていることなのですか?

北川 よくやっています。だから親子クラスに継続して参加していると、子どもだけでなく親も、知らないうちにすごく体力がつくんですよ。

山上 そういういつもの感覚で講座をしたら、意外と早く親がへばっちゃったんですね(笑)。北川さんにとって「親を動かす」ことは、親子体育の基本思想なのですか?

北川 そうですね。もともと子育て中のお母さんたちが、日頃からだを動かす場がなくて、「子どもが小さいうちは母親一人で講座に参加できないし、かといって親子で一緒に行ける場もない。親子で一緒でもからだをしっかり動かせる機会を、つくってくれない?」と、お母さん方から相談されたのが、そもそものきっかけでした。
「だったら親子で一緒に、システマやったらいいじゃない」と思って、始めたんですよ。

山上 システマの親子クラスに参加するのは、何歳ぐらいの子が多いんでしょう。

北川 最近の例だと、下は0歳から、上は小学校4年生くらいまでかな。親子クラスをやっていると、「うちの子にこんなことができるなんて!」と、親が驚く瞬間がたくさんあるんですよ。

ただしそれには一種の錯覚があって。今まで、子どもの能力がないからできなかったのではなく、難易度自体は別に高くないのに、普段やったことがないからできなかっただけのことが、たくさんあるんです。

親子クラスは1時間足らずのクラスですが、そんなに短時間でも、できないと思い込んでいたことを何回か繰り返すうちに、最初はぎこちない動きだったのが急にできるようになります。そうすると親は「うちの子、もうこんなことできるの!」と驚くことになるわけです。
からだが強くなったから、あるいは反復練習したからできる、というのとは少し違って、頭のブレーキを外していくことでこういうことが起こるのですよね。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

北川貴英(Takahide Kitagawa写真左
08年、モスクワにて創始者ミカエル・リャブコより日本人2人目の公式システマインストラクターとして認可。システマ東京クラスや各地のカルチャーセンターなどを中心に年間400コマ以上を担当している。クラスには幼児から高齢者まで幅広く参加。防衛大学課外授業、公立小学校など公的機関での指導実績も有るほか、テレビや雑誌などを通じて広くシステマを紹介している。

著書
「システマ入門(BABジャパン)」、「最強の呼吸法(マガジンハウス)」
「最強のリラックス(マガジンハウス)」
「逆境に強い心のつくり方ーシステマ超入門ー(PHP文庫)」
「人はなぜ突然怒りだすのか?(イースト新書)」
「システマ・ストライク(日貿出版社)」

DVD
「システマ入門Vol.1,2(BABジャパン)」
「システマブリージング超入門(BABジャパン)」

web site 「システマ東京公式サイト

山上亮(Ryo Yamakami写真右
整体ボディワーカー。野口整体とシュタイナー教育の観点から、人が元気に暮らしていける「身体技法」と「生活様式」を研究。整体個人指導、子育て講座、精神障碍者のボディワークなど、はばひろく活躍中。月刊「クーヨン」にて整体エッセイを好評連載中。

著書
「子どものこころに触れる整体的子育て(クレヨンハウス)」
「整体的子育て2 わが子にできる手当て編(クレヨンハウス)」
「子どものしぐさはメッセージ(クレヨンハウス)」
「じぶんの学びの見つけ方(共著、フィルムアート社)」

山上 亮ブログ:http://zatsunen-karada.seesaa.net/