実践、超護身術 第二回 間接護身に必須の「聴勁」01

| 葛西真彦

実践、超護身術 葛西真彦
introduction

武術の根幹と言えば身を護ることにある。法治国家である現在の日本においてもそれは同じだ。時として、理不尽な要求や暴力から自分や大事な人の身を護るためには、決然と行動を起こす必要があるだろう。しかし、そうした行為もまた、法で許されている範囲の中で行わなければ、あなた自身が法に裁かれることになる恐れがあるのも事実だ。

では果たしてどのような護身が有効なのか?

本連載では元刑事であり、推手の世界的な選手でもある葛西真彦氏に、現代日本を生きる中で、本当に知っておくべき護身術を紹介して頂く。

犯罪と司法の現実を知る、“元刑事”の武術家が教える、

実践、超護身術

第二回 間接護身に必須の「聴勁」01

葛西真彦

 

間接護身の核、「聴勁」

聴勁(ちょうけい)とは、どんな意味だと思いますか。
これは武術で使われている言葉で、相手の力や動き意図を聴くことを指します。細かいニュアンスは各武術団体や各流派によって、それぞれに違った細かい解釈や定義があるかもしれませんが、私が皆さんに伝えたい間接護身における「聴勁」の定義は、五感の作用で相手の動向や感情などを読み取り、危険を察知して事前に回避するというもので、私がこの連載で提示する「間接護身」の核とも言える部分です。

そこで今回から数回に渡って、この聴勁についてお話したいと思います。

多くの護身術の問題点

事前に危険を察知する技術は非常に重要です。多くの直接護身では相手が攻撃してから、何か対処することが前提ですが、実際にはそれでは遅いのです。私の経験から言えばまず間に合いません。そしていくら訓練しても、「こうきたら、こうする」という練習を繰り返すだけでは、本気で殺そうと突然仕掛けてくる人間に対処するのは、極めて難しいのが現実です

そもそも全力で殺しを仕掛ける人間と、それに対処する人間には、圧倒的なハンデが生じるのですが、そのことを考慮した直接護身は、なかなか目にすることがありません。シミュレーション自体が難しいこともあるのでしょうが、実際に殺そうとする人間と、何度も対峙した経験のある人間でないと、理解のできない感覚なのかもしれません。

付け加えて言うと、直接護身で通常練習している殺傷攻撃に対処する多くの想定は、刃物を既に出していて、どんな攻撃をして襲ってくるが事前に分かっている前提です。ですが、本気で殺そうという人間は、大抵事前に自分が刃物を持っている情報を相手に与えません。相手の不意を狙って突然襲いかかります。護身術の教室などで広く行われている、刃物を持っている情報を相手に知らせたところから近づいて、何かするという想定の練習は、映画や通り魔事件などを見て想定しすぎているのではないかと感じるのです。

直接護身という運動について、対刃物を含めた護身で生かせるようになるには、毎日数時間単位の稽古を長期に渡って徹底的に、無意識かつ瞬時に技が出るレベルが最低限必要であると考えます。ただ、そこまで練り上げたとしても、不意の攻撃に対処するには、相手との圧倒的な実力差がないと極めて難しいと思えます。これは警官時代に何度も刃物を持った人間と対峙したり、突然襲われた経験からくる実感です。

私が実際に経験した例は、警察官としての職務中でしたので、少しニュアンスが違うかもしれませんが、私が取り扱った殺人事件や傷害事件では、相手が突然刃物を出して不意を襲うケースがほとんどです。

攻撃の間合いの外にいるときからすでに刃物を出しているケースは、既に私以外の人間に対して危害を加えているケースでの臨場や、路上で刃物を持って暴れている錯乱状態の相手、通り魔に遭遇するような事件、または殺意はないけど、感情的になり、相手を威嚇したくて刃物を出してこう着状態になっていたケースでない限り、あまりありません。おかしな表現になりますが、本気で誰かを殺そうとしている人間は、自分の意図を隠して襲ってきます

殺意がある人間による刃物を使った事件の多くは、すぐ刺せる間合いから、ポケットやバッグから刃物を出す、または刃物を持っていることを隠して近づき、相手が反応できないうちに一気に襲いかかる、こういうことが大半なのです。

明確な殺意を持ち、「自分は安全なまま、相手が抵抗できないうちに仕留めたい」と考えれば、別に訓練を受けていない人間でも、本能的にこういう行動に出るものです。

こういう形で襲われると、普通はどう対処していいか分からず、不意を突かれた状態となるわけです。

逆に最初から刃物を出して相手に見せている場合は、いわゆる殺意はなく相手を威嚇する目的であることが多く、こういった場合は相手を追い込まずに、交渉したり説得することが可能なケースも多いのです。

逆にこのような心理状態の相手を無理やり制圧しようとすると、「殺す気はなかったけど殺してしまった」という結果になる可能性もあるわけです。

また、相手が刃物を出した=どういう手段をつかってもいいというわけではないことも、頭に入れなくてはならなず、対処には殺意の有無を明確に見極める必要があります。

ただし、これは一つ二つの例をベースにしても理解と判断、対処するのは難しいので、また別途事例を多く出して触れたいと思います。

競技推手を指導する葛西師範。
競技推手を指導する葛西師範。

 

凶器は一つではない

また従来の直接護身で使われる技術が、実際の場面で使うことが難しい理由の一つ、刃物を持つ人間は、必ずしも刃物を一つしか持っていないわけではないことが挙げられます。実際は、二つ、三つ隠し持っている奴が結構いるのです。うまく一つ目の刃物を取り上げて取っ組み合ったら、次の刃物を出されて負傷する、こういうこともあるのが対刃物の現場実態です。

さらには刃物の持ち替えられるのもやっかいで、これも訓練を受けていない素人でもよくやります。右手に持っていた刃物を突然左に持ち替えて刺すわけです。

これは対処が大変難しく、特に一度相手の攻撃を受け止めて、腕を掴んでいる最中に突然やられるケースがあり、かなりの危険度です。

それ以外にも相手を掴んで刺す、殴る蹴る、取っ組みあって頭突きから刺すなども、基本的な連続攻撃のパターンです。刃物を持っているからといって、刃物以外の攻撃を一切しないなどということはあり得ません

多くの対刃物の想定訓練では、こうした武器以外の攻撃を絡めた技術に対処する練習や、実際に刺さらない程度の道具を使って、自由度の高い条件でやるようなことは、あまりしないのではないでしょうか。

また、仮にそうした訓練を行っていたとしても、実際に本気で殺そうと全力で攻撃してくる人間と対峙するのとは全く違います。

こちらが必死で対処しようとしても、相手は全力で攻撃してくるために技はかからず、どうしても刃物に対する恐怖で腰が引けてしまうため、訓練でできたことも実際にはできなくなります。

まとめれば、多くの対刃物の護身の視点には、

  • 不意を突かれることを前提にしない
  • 実際に攻撃されるときの心理状況と、身体状況を考慮していない
  • 殺す意思を持った人間の攻撃特性を、前提にしていない
  • 実際に命のやりとりを経験した人間の事例を、検証していない

といった欠点があり、実際の現場との温度差が埋められていないというのが、私の感想なのです。

これが軍隊で自分も相手を殺すことを前提にした訓練であれば、考慮する要素が全く違うため話が違ってきますが、一般の人が刃物の攻撃から身を守りたいという前提であれば、私の言っていることは、研究すべき課題ではないかと思います。

やや一般的な護身術を教えたり学んでいる方には厳しい言葉が並んでしまいましたが、これが元警官としての私の偽らざるところです。

個人的には、検証できるかどうか微妙なあやしい武勇伝の話をまとめるよりも、実際に殺人未遂の被害を受けた人間の話を聞き、現場と状況を検証してどうしたら察知できたか、対処するにはその環境では何が必要だったか、相手が知人であった場合なら、どうしたらこのような事件が起きない人間関係を築くことができたか等、それらを深く掘り下げた本を書き、周知することが大事なのではないかと最近感じています。
(第二回 了)

連載を含む記事の更新情報は、メルマガでお知らせしています。
ご登録はこちらまでどうぞ。

–Profile–

葛西真彦(Masahiko Kasai
1977年10月26日生まれ青森県出身。某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。
危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるか、そのことをひたすらに研究し、現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、さまざまなランダム性が生じる中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。
昇任し、刑事人生これからというときに大病を患い、意識混濁と発作を起こして倒れるようになり、刑事としての勤務することどころか日常生活すら厳しい状況となり、しかも西洋医学では完治は難しいとさじを投げられたため、早期退職して台湾にて中医の治療を受ける。
約1年間ほど養生した結果、発作を起こして倒れるような症状がなくなったため、リハビリもかねて台湾の武芸に励む。
武術歴は30年近くになり、幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。
また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練資格認定を取るための研修を受けながら、最重量級においての競技推手世界一を目指している。
日々休みなく、体が壊れる限界ギリギリまで自分を追い詰め、仕事をしながらも、毎日1日8時間以上の稽古を設定して、修行に臨んでいる。
現在は、世界大会3位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。
台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka