連載 初見良昭「人生、無刀捕」 第四回「捨身と不動心」

| 初見良昭

人生、無刀捕

第四回「捨身と不動心」

お答え初見良昭
取材・構成藤田竜太

 

「人生無刀捕」題字・初見良昭先生
題字・初見良昭先生

 

虚実転換、変幻自在、行雲流水、奇想天外、千変万化、円転滑脱……。
 発想法、考え方こそが、最大の武器と言われる武神館の初見良昭先生。そんな初見先生に、人生の切所を切る抜けるための、さまざまな知恵を授けていただくというのが、本連載の狙い。
 ときに脱線、煙に巻かれたり、はぐらかされてしまうこともあるかもしれないが、それこそまさに、初見先生の口伝、心伝。
 姿勢を正して、初見先生の幽玄の世界に足を踏み入れてみようではないか。

 

「初見流の“捨身”とは何ですか」

前回、「とっさのときほど無にならないと。無になって的をなくすことで、活路が開けてくる」と、説かれた初見先生。
常識が敵、常識が邪魔をする、常識が怖い……と、常識の危うさを強調される。

武道を通して身心自在の境地を目指していたはずなのに、形に囚われ、常識に囚われ、なかなか自由闊達に至れないのは何故なのか。

初見流の「捨身」への道について、手がかりを得られないか、お話を伺ってみた。

 

初見先生のお答え

武道をやるなら、形はきちっとやらないと。よく「型があるから型破り、型がなければ形無し」って言うでしょ。武神館でも、形稽古は重視しています。それをマスターしていく過程で、だんだん形がいらなくなっていき、やがて虚実転換になっていくように修行しないと。

何度も言うけど、形は大事。でも形に囚われて、形の域を脱することができないままという人が、日本の武道家には多いでしょ。

なぜかって?

それは実戦に遭遇していないからですよ。厳しくいえば、未熟者だからです。

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

初見先生

初見良昭(Masaaki Hatsumi
1931年、千葉県野田市生まれ。武神館(ぶじんかん)を主宰(武神館九流派宗家)、柔道五段、空手八段、抜刀道十段。ペンタゴンやFBI、イギリス特殊部隊、オランダ王室海軍などでも指導。テネシー州親善大使、ロンドン警視庁名誉顧問、テキサス州名誉市民、アトランタ、ロサンゼルス市名誉市民など。騎士(ドイツ国立歴史文化連盟より)。世界各国の指導者(レーガン大統領、メジャー首相、ミッテラン大統領、ローマ法王、マンデラ大統領ほか)や軍隊、警察、情報局や各種団体から感謝状、賞状、友好証などを受けている。国際警察会員、インターポール。英国王立医学協会名誉会員、トリニティ大学名誉教授、モアパーク大学犯罪学名誉教授、科学博士、哲学博士、芸術学博士。「日本よりも海外で有名な日本人」として、しばしばテレビ、雑誌、新聞などで紹介される。

タグ: