第1回 全日本競技推手選手権大会開催!

| コ2編集部

コ2【kotsu】インフォメーション

第1回 全日本競技推手選手権大会開催!

文・写真コ2編集部

去る6月25日、東京・新木場 BumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館に於いて、第一回全日本推手選手権大会が開催された。

当日は女子部、軽量級、中量級、重量級、そして無差別級の全五階級で熱戦が繰り広げられた。

この日行われたのは「定歩推手」と呼ばれる足を動かさずに行うもので、参加者は二人一組で所定のエリアに両脚を置き、手首を合わせ、片手を相手の肘に添えた状態から始める。優劣はポイントによって争われ、足が床から離れるか、最初に足を置くマットから出ると1ポイント足以外の身体の部位が床に着けば2ポイントとなる。相手の足が床から離れても、自分の足が離れてしまうと同体となり、両者ともにポイントは入らず最初の姿勢から試合再開となる。また触れて良いのは首から下、ウエストより上であり、頭突き、金的の他、肘を使うのも禁止、無論足技は一切使えない。

推手大会
試合はこの体勢から始められる。

 

推手大会
互いに手の甲を合わせ、肘に手を当てる。

 

推手大会
足は決められた位置に置き、ここから相手の足が離れたらポイントになる。

 

試合時間は40秒で、相手に6ポイント以上の差をつければその場で終了となる。前半後半の2部制で争われ、互いに前後半を取り合ったイーブンの場合は延長戦が行われ、ここでも決着が着かない場合は体重判定に持ち込まれる。

このあたりのルールは大会の規模により多少違いがあり、国際大会などでは3R制で争われるほか、足の判定についても踵やつま先が離れた時点でポイントになる場合もあるという。

試合時間が40秒というと短いようだが、実際に動いている間のみカウントされるため、「始め」から試合終了までのトータル時間は平均で2分30秒くらいという印象だ。また一瞬の集中力と発力が必要なためかなりハードな印象で、例えるなら50メートル走を連続で何本も走る感じに近いかもしれない。

推手大会
実際の試合の風景。相手の足が離れても、自分の足が離れてしまうと“同体”となり、最初の体勢から試合再開となる。

 

推手大会
女子部の決勝戦。

 

また一見するとただ力任せに押し合っているように見えるが、実際には相手の力の方向を読み、捉え、崩すという作業を一瞬で行う必要があり、肉体的な辛さはもちろんだが集中力を維持するのが難しい。加えて競技である以上、そこにはテクニックや駆け引きがあり、それを知る者と知らない者との差は明確だ。実際、無差別級では体格差に勝る選手が小兵の選手に、思いの外簡単に崩される場面も多く、改めて競技としての面白さを感じた。

推手大会
主催であり国際大会で優勝経験もある葛西真彦氏

 

主催者であり国際的な推手競技会で現役選手として活躍している葛西真彦氏は、

「団体や競技、流派等は一切問わないオープンな大会です。台湾では武術以外にもレスリングの選手や柔術、トライアスロンの選手が参加して活躍していますので、是非多くの方に参加して頂ければと思います。

実際にやってみれば分かりますが、競技推手は単純な力勝負だけでは勝てず、太極拳を中心にした中国武術の巧みな崩しの技術がフルに活用できる奥深い競技です。普段は別の武術・武道・格闘技を中心に活動されている方も、ぜひご参加ください」

と語り、来年にはさらに規模を拡大して開催したいという。

競技推手については改めて葛西氏へのインタビューをコ2でご紹介する予定だ。

 

大会結果

推手大会
入賞者全員による記念写真。

【男子軽量級】

優勝 上川 著芳
二位 米本 二一
三位 宇野 道夫

【男子中量級】

優勝 栗林 和寛
二位 リー・ティエン
三位 キアン・メイ

【男子重量級】

優勝 高崎 史義
二位 竹村 秀敏
三位 眞田 雅行

【男子無差別級】

優勝 栗林 和寛
二位 津覇 亮
三位 高崎 史義

【女子】

優勝 中田 葉子
二位 羽根田 淳子
三位 北村 恭子

【敢闘賞】
宇野 道夫、リー・ティエン

 

推手大会
各階級優勝者

 


全日本競技推手連盟

推手を競技として行なう「競技推手」の研鑽を通じて、伝統武術の振興を志向する団体です。
競技としての推手の研鑽を通じて、伝統武術の振興を志向します。単なる力やタイミング、スピードに頼らない、中国武術ならではの「力」の涵養を目指します。青少年にあっては故障しにくく、中高年になっても能力の維持向上が可能な身体づくりを心がけます。

【活動場所】東浦和
(住所:〒333-0862 埼玉県川口市北園町12-23 今井荘101号室 ※「極真館盧山道場」と看板が出ているところ)

【日時】毎週月・水・金曜日 19時〜21時

【料金】入会金8,000円 月額8,000円(週2回/月8回まで)
・月9回以上来る場合、月額10,000円(回数問わず)
・1〜4回/月の場合、2,000円/回数(5回/月以上の場合は上記ルールを適用)
【連絡先】
サイト: http://tuishoujapan.tumblr.com/contact
メール: tuishoujapan@period3.to

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

葛西真彦(Masahiko Kasai
1977年10月26日生まれ青森県出身。某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。
危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるか、そのことをひたすらに研究し、現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、さまざまなランダム性が生じる中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。
昇任し、刑事人生これからというときに大病を患い、意識混濁と発作を起こして倒れるようになり、刑事としての勤務することどころか日常生活すら厳しい状況となり、しかも西洋医学では完治は難しいとさじを投げられたため、早期退職して台湾にて中医の治療を受ける。
約1年間ほど養生した結果、発作を起こして倒れるような症状がなくなったため、リハビリもかねて台湾の武芸に励む。
武術歴は30年近くになり、幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。
また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。
日々休みなく、体が壊れる限界ギリギリまで自分を追い詰め、仕事をしながらも、毎日1日8時間以上の稽古を設定して、修行に臨んでいる。
現在は、世界大会3位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。
台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka