2017年9月新刊 『ケンカ十段と呼ばれた男 芦原英幸』著・松宮康生

| コ2編集部

2017年9月15日発売

『ケンカ十段と呼ばれた男 芦原英幸』

松宮康生 著

 

ケンカ十段と呼ばれた男

 

「男だったら、夢というかね、自分の目標をね、

 諦めないでチャレンジするのが夢だと思います。

 芦原もまだまだ空手の世界で、頑張っていきたいと思っていますけど、

 もしも夢なかばで倒れたらね、

 またみんなが、

 芦原カラテの意志を受け継いでいってほしいと思います。押忍」

(本文p446より)

 

 

享年50、あまりにも早すぎる人生を元弟子である著者が

500ページを越す書き下ろしで語る。

“ケンカ十段”の異名を持ち、

“サバキ”と呼ばれる画期的な技術体系を創った

“天才空手家・芦原英幸”の姿がここにある。

 

【著者について】

松宮康生Kousei Matsumiya
武道家・作家・英語教育者。幼少のころより柔道、少林寺拳法、古武道、合気道、空手などを学ぶ。国際政治、経済にも詳しく、そのわかりやすい講演は人気がある。著書には、『最強格闘技図鑑』(ぶんか社)、『ブルース・リー・クロニクル』(フォレスト出版)など多数。その著書は、世界5ヶ国で紹介されイギリスの大英図書館にも所蔵されている。アートディレクション、映画、ファッション評論など、本書とは一見無縁なジャンルでも活躍する多芸・異彩の人物である。

 

現在、全国書店で発売中。アマゾンでのご購入はこちらから。

 

単行本: 527ページ
定価:2,400円(税別)
出版社: 株式会社 日貿出版社
言語: 日本語
ISBN-13:978-4-8170-6020-4

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。