藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第二回 「死」って怖くないですか?

| 藤田一照 伊東昌美

この記事は有料です。

イラストレーターである伊東昌美さんが、曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんのもとを訪ねて、「生と死」「私とは?」など、仏教から観る“生きる智慧”についてじっくりうかがうこの対談。第二回は、「死を怖いと思う“私”って誰?」という、私が私である境界についてです。

対談/藤田一照×伊東昌美 「生きる練習、死ぬ練習」

第二回  「死」って怖くないですか?

語り藤田一照、伊東昌美
構成阿久津若菜

一照さん:
「死」というのは生きている者、僕ら全てにとって最大の難問なわけです。だから「死」が解決できるなり、それとうまく折り合っていく筋道を見つけられたら、他のことはそれよりは扱いやすいといったらおかしいけれど……病気や老い、すべての問題に通じると思いますね

 

藤田 前回(第一回)のロウソクの炎の喩えでいえば、みなさん、今の「この炎(生)が全て、消えたら終わり」という考え方を変えないで、この考え方の中で怖かったり、動揺したり、そういう嫌なことが起こらないようにしたいという、たいへん虫のいいことを思っているわけだけど。

伊東 そこを変えた方がいいのですね。

藤田 ええ、その考えの枠組み自体を変えたら、問題は雲散霧消するというか。
たとえば、赤いセロファンがついたメガネをかけているとします。そのメガネをかけている限り、どこを見ても赤く見えるわけです。
でもこれを「赤いものを見たくないから、何とかしてください」といったら、
セロファンをつけたままで何とかしようとするやり方
セロファンそのものをはがすやり方
がある。
でもまず、メガネの上に赤いセロファンがついていることを知らなければ、これを外せるという発想も出てこないでしょう? それだと赤いセロファンのメガネをかけたまま、赤く見えないような方法を一生懸命探すことになりますよね。

僕らが、生きるスタンスや前提になっていることに由来する問題に取り組む時には、“前提そのもの”に目を向けないと、まずいです。前提を変えずにその範囲内で解決しようとするのは、仏陀の言い方だと

「水を必死でかき混ぜてバターにしようとする」

ようなもの。「労多くして益少ない」です。いや、益少ないというより、益ゼロ。要するに実現不可能な企てをしているわけですよ。結局、無駄なあがきというやつですよね。
物理学者のアインシュタインも「我々の直面する重要な問題は、その問題をつくりだすのと同じ考えのレベルでは解決することはできない(The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking we were at when we created them. )」と言ってます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

藤田一照Issho Fujita)写真右
1954年、愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。曹洞宗紫竹林安泰寺で得度し、1987年からアメリカ・マサチューセッツ州のヴァレー禅堂住持を務め、そのかたわら近隣の大学や瞑想センターで禅の指導を行う。現在、曹洞宗国際センター所長。著書に『現代座禅講義』(佼成出版社)、『アップデートする仏教』(山下良道との共著、幻冬舎)、訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』(春秋社)、鈴木俊隆『禅マインド ビギナーズ・マインド2』(サンガ)など多数。

Web site​ 藤田一照公式サイト

オンライン禅コミュニティ磨塼寺

 

伊東昌美Masami Itou)写真左
愛知県出身。イラストレーターとして、雑誌や書籍の挿画を描いています。『1日1分であらゆる疲れがとれる耳ひっぱり』(藤本靖・著 飛鳥新社)、『舌を、見る、動かす、食べるで健康になる!』(平地治美・著 日貿出版社)、『システム感情片付け術』(小笠原和葉・著 日貿出版社)と、最近は健康本のイラストを描かせてもらっています。長年続けている太極拳は準師範(日本健康太極拳協会)、健康についてのイラストを描くことは、ライフワークとなりつつあります。自身の作品は『ペソペソ』『おそうじ』『ヒメ』という絵本3冊。いずれもPHP出版。

Facebook https://www.facebook.com/masami.itoh.9
Web Site: 「ジブツタ もっと自分を好きになる」

【ジブツタはこちらのサイトから購入できます!】 http://pesomasami.saleshop.jp/