連載 タッチの力13 森本義朗・後編「リハビリテーションと“触れ方”」

| 森本義朗

日本には「タッチ=触れる、触れられる」の機会が少ない。そんな思いから、日本のタッチ研究の第一人者である山口創先生(桜美林大学教授)をはじめ、セラピストの有志が集い「日本タッチ協会」の設立を準備中です。

その一環として行われている、タッチのスペシャリストたちによるワークショップ(通称:タッチ協会山口ゼミ)の模様をお伝えしていきます。

四人目は森本義朗さん(国際統合リハビリテーション協会 会長、理学療法士)。いわゆるリハビリテーションの現場で、タッチがどのように考えられているか、また本来あるべきリハビリの姿とは。2回に分けてお届けします。

 

連載・タッチの力13

森本義朗・後編
「リハビリテーションと“触れ方”」

語り・スライド提供森本義朗/国際統合リハビリテーション協会
写真・動画コ2編集部(☆)

森本義朗さん(写真右、☆)
森本義朗さん(写真右、☆)

 

PT、OT、STがもっとも知りたいのは「触診」!?

コ2編集部(以下、コ2) 前編では、リハビリテーション(以下、リハビリ)の考え方についてお話いただきました。タッチ協会とのからみでいうと、いわゆる「リハビリ専門職」である
・理学療法士(Physical Therapist;PT)
・作業療法士(Occupational therapist;OT)
・言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist;ST)
のみなさんは、“触る”ことに対して、どのような研鑽をつんでおられるのでしょうか。
学校で“患者さんへの触れ方”について、実地で習うことってあるのですか?

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

森本義朗さん

森本 義朗(Yoshiro Morimoto
国際統合リハビリテーション協会(IAIR)会長。
平成18年より理学療法士として病院勤務。医療統計こそがリハビリテーションの繁栄につながると信じ、京都大学などで統計学を学ぶ。臨床研究を重ね新しいEvidenceの構築を目指すも、目の前の患者へのリハビリテーションが不十分なことを自覚し、臨床5年目より結果を出すことができるセラピストを目指し始める。
地域への還元を目指し、平成24年に起業し、介護サービスや地域の団体とともに予防領域のサービスを展開。平成27年より現職。生理学や運動学、解剖学はもちろん、栄養学や物理学、量子学などにも精通。心身両面からひと全体をみるセラピストとして、自身が会長であり教育機関である国際統合リハビリテーション協会でも年間のべ3000名のリハビリ国家資格保有者に教鞭もふるっている。

Web site 一般社団法人国際統合リハビリテーション協会(IAIR)