藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第八回 輪廻転生はある? ない?

| 藤田一照 伊東昌美

この記事は有料です。

イラストレーターである伊東昌美さんが、曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんのもとを訪ねて、「生と死」「私とは?」など、仏教から観る“生きる智慧”についてじっくりうかがうこの対談。第八回は輪廻転生について。仏陀が「無記」として答えなかったというこの存在は、ある/なしが問題ではありません。仏陀が本当に後世に伝えたことは何だったのかを考えます。

対談/藤田一照×伊東昌美 「生きる練習、死ぬ練習」

第八回  輪廻転生はある? ない?

語り藤田一照、伊東昌美
構成阿久津若菜

一照さん:「僕は基本的には、『仏教は人をハッピーにするのが第一目的ではなくて、本当のことを知ることが最優先。ハッピーになるのはその副産物』というのがまずある。本当のことを知ることによって結果的にハッピーになる。ハッピーになるために、本当のことを歪めるというのは仏教的ではない、と考えています」

 

伊東 今回は、第一回で登場した「輪廻転生」の考え方について、お伺いします。私の個人的な経験ですが、「輪廻転生はある」という考え方を受け入れた方が、「死」そのものに対する感覚がとても楽になったことがあるんです。

藤田 それはどんな意味ですか? 伊東さんのいう輪廻転生とは?

伊東 やり直しができる、という単純な逃げ道。輪廻転生があるのなら、たとえ死んでも今回の学びに則って次がある。しかも今回の人生の続きからやり直せるかもしれないという希望で、死ぬことへの怖さは結構手放せる。その次に向かって、もっとやり方があるのではと思えたところがあったんですね。

日本人のなかでも「輪廻転生はあるんじゃない?」と思う派、「そんなのない」と思う派に二分されますよね。「ない」と思っている人にとっては、一回限りで生が雲散霧消する、自分がなくなってしまうことへの怖さも潔さもあるだろうし。
漠然と輪廻転生があったほうがいいなと思っている人たちは、「だってあってくれれば、今回のやり直しができるもん」みたいなのがあると思うんです。

藤田 リターンマッチができると。

伊東 はい。漠然とそんなふうに思ってるんですが。それに対して一照さんのお考えは?

藤田 リターンマッチができるという形で輪廻転生を信じたい人は、後悔を残して死ぬ人よりはいいかもしれないけど。
逆にリターンマッチができると思ったら、今を真剣に生きられないことにならないですか?

伊東 なると思います。私が受け入れて楽になったなと思った時は、あくまでも自分を楽にするための手立てだったんじゃないかと思います。なので余計、そのへんをお聞きしたいなと思ったんです。

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

藤田一照Issho Fujita)写真右
1954年、愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。曹洞宗紫竹林安泰寺で得度し、1987年からアメリカ・マサチューセッツ州のヴァレー禅堂住持を務め、そのかたわら近隣の大学や瞑想センターで禅の指導を行う。現在、曹洞宗国際センター所長。著書に『現代座禅講義』(佼成出版社)、『アップデートする仏教』(山下良道との共著、幻冬舎)、訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』(春秋社)、鈴木俊隆『禅マインド ビギナーズ・マインド2』(サンガ)など多数。

Web site​ 藤田一照公式サイト

オンライン禅コミュニティ磨塼寺

 

伊東昌美Masami Itou)写真左
愛知県出身。イラストレーターとして、雑誌や書籍の挿画を描いています。『1日1分であらゆる疲れがとれる耳ひっぱり』(藤本靖・著 飛鳥新社)、『舌を、見る、動かす、食べるで健康になる!』(平地治美・著 日貿出版社)、『システム感情片付け術』(小笠原和葉・著 日貿出版社)と、最近は健康本のイラストを描かせてもらっています。長年続けている太極拳は準師範(日本健康太極拳協会)、健康についてのイラストを描くことは、ライフワークとなりつつあります。自身の作品は『ペソペソ』『おそうじ』『ヒメ』という絵本3冊。いずれもPHP出版。

Facebook https://www.facebook.com/masami.itoh.9
Web Site: 「ジブツタ もっと自分を好きになる」

【ジブツタはこちらのサイトから購入できます!】 http://pesomasami.saleshop.jp/