【5/19 イベント情報】「講座『警察を動かして身を護る ストーカー対策』で伝えたいこと」 葛西真彦

| コ2編集部

来る5月19日(土)、コ2【kotsu】の連載でもお馴染みの葛西真彦先生による講座『警察を動かして身を護る ストーカー対策』が開催されます。それに先立ち、葛西先生より講座への思いを文章で頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

 

「講座『警察を動かして身を護る ストーカー対策』で伝えたいこと」

文・葛西真彦

photo/Janna Heyerick

恐らく多くの人がストーカ事件の報道を見る度に、

「被害者は事件の前に警察に相談行っていた」

という文言を見ているのではないでしょうか。あるいは実際にストーカー行為に悩まされて警察に行ったものの「期待したような対応をしてもらえずガッカリした」という経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん警察といっても万能ではなく、私の経験を踏まえても残念なことですが応対した警察官にも当たり・外れがあることは否めません。ただ、だからといって巷で言われるように、「警察は事件にならなければ動かないから、ストーカー対策には役に立たない」ということはありません。

巨大な組織だからこそ、味方につければ非常に強力な味方にもなります

そこで大事になるのは、

  • 相談の仕方
  • タイミング
  • 状況の説明の仕方

など、彼らが動きやすく動かざるを得ない相談の仕方を知っておくことなのです。

「なんで被害者がそんな面倒なことを」と思う方も多いでしょう。ですが約30万人が働く警察組織を維持するにはどうしても、独自の仕組みが必要なのも事実です。一般企業であっても大なり小なりそれぞれの会社・組織の中で物事を円滑に進めるルールがあるかと思いますが、組織的に巨大な上、「犯罪」という特殊なものを扱う警察の場合、さらに複雑になるのはやむを得ないところでもあるのです。

今回の講座では、ストーカー対策をテーマにしていますが、これを入り口に、警察組織のルールを踏まえた上で、間接護身を含めて警察に助けを求める際に、彼らに上手に働いてもらうためのコツ・知識をお伝えしたいと思っています。

具体的には、

  • 通報の仕方
  • 警察に何を求めるのか、求められるのか
  • 警察の内部的な諸事情

などについてお話をすることで、

・警察をベストパートナーとして助けを求められる流れ

をご紹介したいと思っています。

また、これまでのコ2【kotsu】での連載「実践、超護身術」でもご紹介しきた、人相、筆跡、性格的傾向からの危険度査定などにも触れられればと思っています。

ストーカー対策はもちろん、本当にリアルな護身を考える時に、法執行機関である警察の存在なしでは考えられません

この事実を一人でも多くの方にお話しできればと思っています。皆さまの参加をお待ちしています

 


【講座1】『警察を動かして身を護る ストーカー対策』

 

【講師】葛西真彦
【日時】5月19日(土)11時~12時30分
【場所】都内(申し込み受け付け後、参加者に直接ご連絡します)

【参加料金】3500円、パートナー割り(二人一組)6000円(二名)
【定員】14人(受付順となります)

※本講座では法律的なアドバイスは行いませんのでお間違えないようにお願い致します。

【参加方法】申し込みフォーム

【締め切り】5月16日(水)必須

【主催】WEBマガジン コ2【kotsu】編集部(日貿出版社)

※当日は撮影、録音などはご遠慮頂きます。


【講座2】『STOP!泣き寝入り 企業内護身術』(プライベートのみ)

昨今話題の企業内におけるハラスメント。実際に被害者に遭っていて、色々情報は調べたり、上司や法務部、顧問弁護士に相談しても、うやむやにされるケースも多く、どうしたらいいのか分からず泣き寝入りのまま苦しんでいる方が多いのが現状です。

また、勇気を振り絞って実際に法的機関に訴えたものの、自分の願うべき方向に結果が動かなかったというケースも少なくありません。

こうしたハラスメントはどういう選択肢が正解なのかは、当事者の環境によって大きく異なり、ケースバイケースであるためなかなか一概に答えを出すことも難しいのも事実です。

そこで今回は、個別に現状を伺い、法テラスへ事案も持っていけることを一つのゴールにしつつ、あなたにとって納得できる案を導き出すために、具体的にいますぐ何をすべきか、どう備えるかを個別にお話します。

  • 45分間の個別相談ですのであなたの現状に即した具体的なお話をします。
  • ハラスメントの実情をどう証明するか、何が必要かについてお話をします。
  • いま現在はそれほど激しくないけれど、日常的に圧力を感じている方への予防策もお話します。
  • 申し込みフォームにある「現状について」という項目に、現在在実際にハラスメント行為に遭っている方、あるいはそれに類する行為を感じている方は、当日の時間を有効に使うために具体的に現状をお書きください。

※お時間都合で定員は4名様限定となります。希望が多いときにはお申し込み先着順になります。

※本講座では法律的なアドバイスは行いませんのでお間違えないようにお願い致します。

【講師】葛西真彦
【日時】5月19日(土)14・15・16・17時まで 各回お一人45分ずつ。
【場所】都内(申し込み受け付け後、参加者に直接ご連絡します)

【参加料金】価格6000円
【定員】4人(受付順となります)

※お申し込みの際に希望のお時間を第1候補から第4候補まで選択して頂きますが、他の方と時間が重なった際には先着順となります。詳しい調整はメールで行わせて頂きます。

※本講座では法律的なアドバイスは行いませんのでお間違えないようにお願い致します。

【参加方法】申し込みフォーム

【締め切り】5月16日(水)必須

【主催】WEBマガジン コ2【kotsu】編集部(日貿出版社)

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

葛西真彦(Masahiko Kasai
1977年10月26日生まれ青森県出身。某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。
危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるか、そのことをひたすらに研究し、現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、さまざまなランダム性が生じる中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。
昇任し、刑事人生これからというときに大病を患い、意識混濁と発作を起こして倒れるようになり、刑事としての勤務することどころか日常生活すら厳しい状況となり、しかも西洋医学では完治は難しいとさじを投げられたため、早期退職して台湾にて中医の治療を受ける。
約1年間ほど養生した結果、発作を起こして倒れるような症状がなくなったため、リハビリもかねて台湾の武芸に励む。
武術歴は30年近くになり、幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。
また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。
日々休みなく、体が壊れる限界ギリギリまで自分を追い詰め、仕事をしながらも、毎日1日8時間以上の稽古を設定して、修行に臨んでいる。
現在は、世界大会3位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。
台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka