実践、超護身術 第三十五回 事例で考える間接護身02 

| 葛西真彦
introduction

武術の根幹と言えば身を護ることにある。法治国家である現在の日本においてもそれは同じだ。時として、理不尽な要求や暴力から自分や大事な人の身を護るためには、決然と行動を起こす必要があるだろう。しかし、そうした行為もまた、法で許されている範囲の中で行わなければ、あなた自身が法に裁かれることになる恐れがあるのも事実だ。

では果たしてどのような護身が有効なのか?

本連載では元刑事であり、推手の世界的な選手でもある葛西真彦氏に、現代日本を生きる中で、本当に知っておくべき護身術を紹介して頂く。

元刑事の武術家が教える、本当に役に立つ術

実践、超護身術

第三十五回 事例で考える間接護身02

葛西真彦

 

あなたならどうする?

これまでこの連載では私の提唱する間接護身について、かなり多くのことを書き綴ってきました。

前回は連載に一区切りを付けるにあたって、実際に起こった実例を参考に私が作った想定問題を用意しました

今回は第二弾です。皆さんにはここまでの連載内容を踏まえて、具体的にどうすれば良いのかを考えて頂ければと思います。

もちろん答えは一つではありません。“この方法はマイナスだろう”と思ってようなことでも、当事者の状況によっては、結果的に最善であったりすることもあり、その意味では正解はないとも言えます。

ですので、私もポイントを提示していきますが、これが絶対的な正解ではなく、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。大事なことは、自分で考え、納得のいく答えを出すことです。そうしたマインドを作り上げていくことで、これから先も皆さんのなかで間接護身の思考が発展していけばと考えています。

では事例を挙げていきましょう。

葛西先生連載第35回イメージ

 

事例2 拳銃を使わない警察官

商店街を妻と歩いていたら、怒鳴り声が聞こえる。“なんだろう?”と思い見に行くと、刃物を持った男と警察官が対峙している場面に遭遇! “どうなるのか?”と見てると、なぜか警察官は刃物で突かれたり攻撃を受けて、腕から出血しているが拳銃を出す素振りはない。

見かねたあなたは「拳銃持ってるだろ? どうして撃たないんだよ!」と警察官に声を掛ける。

しかし、それでも警察官は銃を取り出そうとはせず、「危ないから離れて!」とあなたに言いながら、あくまでも警棒と言葉だけで対処しようとしている。

あなたの眼には警察官は適切に対応できておらず危険に見える。また、応援の警察官も登場する気配がない。おまけに周囲はスマホで撮影する野次馬で人だかりまでできている。あなたはどうすべきであろうか。

この事例について、あなたはどうすべきでしょう。

 

著者の考えるポイント

○拳銃を使うリスク

ここで重要なのは、“なぜ警察官が拳銃を撃たないのか”ということです。ほとんどの人は引き金を引けば弾が飛ぶことはご存じですが、その弾がどこへ飛ぶかについてしっかり意識を持っていないようです。そして警察官にとってはこの“弾の飛び先”がとても重要なことなのです。

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

葛西真彦(Masahiko Kasai
1977年10月26日生まれ青森県出身。某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。
危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるか、そのことをひたすらに研究し、現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、さまざまなランダム性が生じる中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。
昇任し、刑事人生これからというときに大病を患い、意識混濁と発作を起こして倒れるようになり、刑事としての勤務することどころか日常生活すら厳しい状況となり、しかも西洋医学では完治は難しいとさじを投げられたため、早期退職して台湾にて中医の治療を受ける。
約1年間ほど養生した結果、発作を起こして倒れるような症状がなくなったため、リハビリもかねて台湾の武芸に励む。
武術歴は30年近くになり、幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。
また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。
日々休みなく、体が壊れる限界ギリギリまで自分を追い詰め、仕事をしながらも、毎日1日8時間以上の稽古を設定して、修行に臨んでいる。
現在は、世界大会3位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。
台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka