実践、超護身術 第三十六回 事例で考える間接護身03 

| 葛西真彦
introduction

武術の根幹と言えば身を護ることにある。法治国家である現在の日本においてもそれは同じだ。時として、理不尽な要求や暴力から自分や大事な人の身を護るためには、決然と行動を起こす必要があるだろう。しかし、そうした行為もまた、法で許されている範囲の中で行わなければ、あなた自身が法に裁かれることになる恐れがあるのも事実だ。

では果たしてどのような護身が有効なのか?

本連載では元刑事であり、推手の世界的な選手でもある葛西真彦氏に、現代日本を生きる中で、本当に知っておくべき護身術を紹介して頂く。

元刑事の武術家が教える、本当に役に立つ術

実践、超護身術

第三十六回 事例で考える間接護身03

葛西真彦

 

あなたならどうする?

これまでこの連載では私の提唱する間接護身について、かなり多くのことを書き綴ってきました。

前回は連載に一区切りを付けるにあたって、実際に起こった実例を参考に私が作った想定問題を用意しました

今回は第三弾です。皆さんにはここまでの連載内容を踏まえて、具体的にどうすれば良いのかを考えて頂ければと思います。

もちろん答えは一つではありません。“この方法はマイナスだろう”と思ってようなことでも、当事者の状況によっては、結果的に最善であったりすることもあり、その意味では正解はないとも言えます。

ですので、私もポイントを提示していきますが、これが絶対的な正解ではなく、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。大事なことは、自分で考え、納得のいく答えを出すことです。そうしたマインドを作り上げていくことで、これから先も皆さんのなかで間接護身の思考が発展していけばと考えています。

では事例を挙げていきましょう。

 

事例3 空き巣を絞め技で殺してしまった

 自宅で妻と団らん中に、窓ガラスを壊して突然泥棒が入ってきた。武器は侵入用の工具(ドライバー)のみで、相手側も家人がいることを予想せず、空き巣のつもりで入ってきたようだ。想定外のことに動揺した侵入者はドライバーで突いて攻撃を仕掛けてきた。

“妻に危害を加えられたら”と思い、家人Aは必死になって抵抗したところ、思っていたよりも犯人との体力差があり、犯人を組み伏せて、羽交い絞めにすることができた。

しかし、犯人を離すとまた暴れるのではと思い、その恐怖心から裸絞めにして弱らせようと思い、絞めたまま警察が来るまで待っていたところ、警察が来た時に離したら、すでに死んでいた

この時の判断対応に間違いはあったかなかったか。また、どうすべきだったか。

 

著者の考えるポイント

この事例は関節護身だけではなく、直接護身の意味合いを備えた例です。ですからここでは直接護身についても触れていきたいと思います。

締め技の有効性と脅威を理解する

読者の方のなかには締め技で人を“落とした”経験を持つ人はいると思います。柔道・柔術に限らず格闘技をされている人であれば、当然、絞め続ければ人は死ぬということも習うでしょう。

しかし、今回の事例にあるようなケース、「分かっていてもやってしまうケース」は少なからず起きています。

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

葛西眞彦(Masahiko Kasai

かさい・まさひこ。1977年10月26日生まれ、青森県出身。間接護身アドバイザー。

 某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。

 危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるかを研究。現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、ランダムな状況の中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。

 幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。

 また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。世界大会2位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。

 台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。全日本競技推手連盟顧問。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka