実践、超護身術 第三十六回 事例で考える間接護身03 

| 葛西真彦
introduction

武術の根幹と言えば身を護ることにある。法治国家である現在の日本においてもそれは同じだ。時として、理不尽な要求や暴力から自分や大事な人の身を護るためには、決然と行動を起こす必要があるだろう。しかし、そうした行為もまた、法で許されている範囲の中で行わなければ、あなた自身が法に裁かれることになる恐れがあるのも事実だ。

では果たしてどのような護身が有効なのか?

本連載では元刑事であり、推手の世界的な選手でもある葛西真彦氏に、現代日本を生きる中で、本当に知っておくべき護身術を紹介して頂く。

元刑事の武術家が教える、本当に役に立つ術

実践、超護身術

第三十六回 事例で考える間接護身03

葛西真彦

 

あなたならどうする?

これまでこの連載では私の提唱する間接護身について、かなり多くのことを書き綴ってきました。

前回は連載に一区切りを付けるにあたって、実際に起こった実例を参考に私が作った想定問題を用意しました

今回は第三弾です。皆さんにはここまでの連載内容を踏まえて、具体的にどうすれば良いのかを考えて頂ければと思います。

もちろん答えは一つではありません。“この方法はマイナスだろう”と思ってようなことでも、当事者の状況によっては、結果的に最善であったりすることもあり、その意味では正解はないとも言えます。

ですので、私もポイントを提示していきますが、これが絶対的な正解ではなく、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。大事なことは、自分で考え、納得のいく答えを出すことです。そうしたマインドを作り上げていくことで、これから先も皆さんのなかで間接護身の思考が発展していけばと考えています。

では事例を挙げていきましょう。

 

事例3 空き巣を絞め技で殺してしまった

 自宅で妻と団らん中に、窓ガラスを壊して突然泥棒が入ってきた。武器は侵入用の工具(ドライバー)のみで、相手側も家人がいることを予想せず、空き巣のつもりで入ってきたようだ。想定外のことに動揺した侵入者はドライバーで突いて攻撃を仕掛けてきた。

“妻に危害を加えられたら”と思い、家人Aは必死になって抵抗したところ、思っていたよりも犯人との体力差があり、犯人を組み伏せて、羽交い絞めにすることができた。

しかし、犯人を離すとまた暴れるのではと思い、その恐怖心から裸絞めにして弱らせようと思い、絞めたまま警察が来るまで待っていたところ、警察が来た時に離したら、すでに死んでいた

この時の判断対応に間違いはあったかなかったか。また、どうすべきだったか。

 

著者の考えるポイント

この事例は関節護身だけではなく、直接護身の意味合いを備えた例です。ですからここでは直接護身についても触れていきたいと思います。

締め技の有効性と脅威を理解する

読者の方のなかには締め技で人を“落とした”経験を持つ人はいると思います。柔道・柔術に限らず格闘技をされている人であれば、当然、絞め続ければ人は死ぬということも習うでしょう。

しかし、今回の事例にあるようなケース、「分かっていてもやってしまうケース」は少なからず起きています。

その理由は、「相手が自分や家族を殺そうとしている」という恐怖があった場合、起きてしまう可能性が高くなります

「相手が自分を殺しに来る恐怖」これは体験した者にしか分からないことですが、強烈な恐怖です。

どうにかしなければいけないし、相手も必死な為加減をする余裕などまったくないのです。

こうした場面では“相手が死ぬかもしれない”と思っても、極まったらその手を解く勇気は、なかなかないものです。

仮に相手の抵抗がなくなっても、“これは落ちたふりをしているだけかもしれない”とも思え、絞め続けてしまうこともあるわけです。

 

匙加減を考慮できるかが課題

今回事例としているこのケースは、少し話の内容は変えてますが、台湾で特殊部隊出身の元軍人宅に忍び込んだ泥棒を、家人が殺してしまった事件をモデルにしています。

締め技ができるからといっても、匙加減を間違えると悲劇を生むし、咄嗟の場合にその匙加減をうまく考慮することが難しいというがお分かりになるかと思います

この連載でも触れましたが、警察官でも現場で容疑者を取り押さえる際に制圧死という事件を起こしてしまう事例は、それなりにあります。多くの場合は相手が大暴れを抑える為に“これぐらいなら”という匙加減ができず全力で制圧した際に起きる悲劇なわけです。

この事例の状態で相手を殺してしまったら正当性を主張して、裁判官から多少、情状酌量の余地が付くことはあっても、刑務所に入ることは免れられないし、慰謝料も膨大な金額になることは頭に入れないといけないわけです。

お読みの方には「自宅にいるところを襲われて、身を護る中で相手を殺してしまったのに実刑なのか?」と思われる方もいるかもしれませんが、この事例の場合、かなりの確率で執行猶予は付かず、刑務所に行くことになります。例えば自分や奥さんが大怪我をしているなどの切迫して、ほかに手段がなかったと裁判官が認めてくれるような状況であれば、情状酌量の余地からあるいは執行猶予がつくかもしれませんが、自分が無傷で圧倒的な差があるのに相手を殺傷した場合は、よっぽどのことがない限り難しいと思われます。

これがアメリカであれば、正当防衛が認められるところでしょうが、少なくとも日本の現行法ではこれが現実です。

ちなみに台湾の場合も世論は「無罪、あるいは執行猶予にすべきだ」という声が上がりましたが、結局、逮捕されました。ただ情状酌量の余地がある案件なので、懲役3か月執行猶予2年、罰金9万元(約30万円)という結果となり、刑務所に服役せずに済んでいます。

ただし、付け加えると、刑事判決とはまた別で、民事でも裁判となったことは言うまでもありません。

締め技だけを使わない

ではこの事例ではどうしたらよかったのでしょうか。

今回は「相手を制圧する」という直接護身的な要素が強いため、その人の個人的な能力(体格や運動経験、格闘能力、及び精神力など)に拠るところが多く、正解と呼べるものを挙げるのはあまりよくないかもしれませんが、今回の事例にある「相手を制圧できる」という実力差がある場合という状況であれば、ある程度相手が弱った時点で落とさなくても次の技にシフトする技術を習得していれば、あるいは悲劇は防げたかも知れません

こう文章にすると「そんなことは分かってる」と言われそうですね。私もそう思います。ただ個人的に思うのは、締め技の有効性は高いですが、それしか選択肢がなく、全力で長時間締めたら当然相手が死ぬということを考慮して、自分に次の展開ができない場合は、あまり使ってはいけない技の一つではないかと思っています。

備えは技だけではない、道具も大事

直接護身的な意味では、結論的には、事例1のストーカーに対する備えと同様で、道具、例えば催涙スプレーを自宅の手の届く各所に置いておけば、事情が変わってくる可能性が高くなります

このあたりは直接の護身の前にある間接護身でくり返し述べてきた備えに通じるポイントです。そもそも「武器を持った人間に対して素手で立ち向かう」ということ自体ナンセンスで避けるべき状態です。

この事例では「自宅にいるところを突然来たからしょうがない」と言いたくなるところですが、もしこれが仮に事例1で記したように、備えがあったらどうでしょうか。

武器を持っている人間に対して、速やかにかつ安全に、相手の負傷を最小限に食い止めて対処できる方法が催涙スプレーなのです。

自宅にある日用品等を使うのもいいのですが、相手が武器を持っていて、明確な殺意を持って襲ってきたときのことを考えれば、やはり催涙スプレーの方が確実です。

ですからこの事例に限っては、やや極論的になりますが、より安全性を求めるのであれば、催涙スプレーをどれだけ自宅に設置できるか、それに加えて、侵入までに時間稼ぎをできる家屋(防犯ガラス、ロック、防犯ライト、ベルなど)にしておくことが重要であると言えます。

日本で住まわれている人にとっては、なかなか現実感を持つのが難しいお話だと思いますが、今回の「自宅を襲撃される」という事例に対して備えるのであれば、事例1のストーカー対策と同様に、

  • 自宅の要塞化
  • 武器の常時設置
  • 武器使用法の心得
  • 使用における覚悟

が結論となります。

なお、現在台湾に住む私は、前にも書いたとおり宅配便が来てもそのまま信用して無警戒にドアを開けることはありません。催涙スプレーと子供用の金属バットをそばに置いて相手と対応し、万が一宅配便じゃなかったときに備えるようにしています。

まず普通の人はこうしたことはされないでしょうが、防犯護身をよりリアルに考えればこうした対応がベストであり、また自分自身の意識を高める稽古の一環としても役に立っています。(おかしい、と思われる向きには言い訳はしませんが(笑))

その上で備えが役立つ日が来ないことを祈りつつ、毎日を過ごしているのです

(第三十六回 了)

 


講座情報

自由推手・競技推手連続セミナー@東京のお知らせ

本連載の著者、葛西真彦先生が顧問を務める全日本競技推手連盟主催による、セミナーが来る12/7(金)・8(土)・9(日)に東京で行われます。

セミナー内容も、推手を武術交流の手段としてとらえていただくためのライトなコース、競技として使える技術習得を目指す応用コースに分け、よりニーズに明確に応えられる内容となっています。

また本連載のテーマ「間接護身」にも役立つ推手(=相手を察する技術)も、葛西先生から直接学べます

この機会をお見逃しなく! 詳しくはこちらをご覧ください。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

葛西真彦(Masahiko Kasai
1977年10月26日生まれ青森県出身。某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。
危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるか、そのことをひたすらに研究し、現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、さまざまなランダム性が生じる中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。
昇任し、刑事人生これからというときに大病を患い、意識混濁と発作を起こして倒れるようになり、刑事としての勤務することどころか日常生活すら厳しい状況となり、しかも西洋医学では完治は難しいとさじを投げられたため、早期退職して台湾にて中医の治療を受ける。
約1年間ほど養生した結果、発作を起こして倒れるような症状がなくなったため、リハビリもかねて台湾の武芸に励む。
武術歴は30年近くになり、幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。
また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。
日々休みなく、体が壊れる限界ギリギリまで自分を追い詰め、仕事をしながらも、毎日1日8時間以上の稽古を設定して、修行に臨んでいる。
現在は、世界大会3位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。
台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka