お知らせ 「実践、超護身術」連載が本になります 

| 葛西真彦

「実践、超護身術」書籍化決定!

2017年4月から始まった本連載が、来たる5月に本になることが決定しました

現在編集作業の真っ只中ですが、書籍化にあたっては新たに推手の技術を利用した簡単な護身術を写真とQR動画で紹介するとともに本文にも手を加え、相手と直接闘争に至る前に必要な「間接護身」に必要な知識がまとめられています

以下は、著者の葛西真彦先生から皆様にあてたご挨拶です。

 これまで1年以上に渡り書き下ろしてきました。多くの方の力を借り、ここまでの形になったと思います。

 本来ならコラムで終わる話が、読んでいただいた皆様のおかげでこの度、日貿出版社から出版することになりました。改めて多くの方に感謝しています。

 今回を機にこのコラムは終了し、次のステージに行くこととなります。これからはまた機会を改めて、直接護身と間接護身の専門的な部分についても触れていきたいと考えています。

 これからもまたお付き合いくださるとうれしく思います。

 また、本コラムを連載中も読み手のかたがたからご意見をいただくことで、たくさんの勉強ができました。これからも勉強しながら、より研鑽していきます。

 皆さん本当にどうもありがとうございました。

2019年 春 葛西真彦  

本のタイトルや正確な発売日、定価などについては決定次第コ2でお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。

なお連載は現在公開中の第37回をもって終了となります。長期間のご愛読ありがとうございました。


講座情報

呉栄輝先生セミナーのお知らせ

本連載の著者、葛西真彦先生の先生である呉栄輝先生(台湾・中華太極館代表)が、来たる5月12日、東京・BumB東京スポーツ文化館でセミナーを開催します。

講座の内容は老若男女初心者から指導者まで、誰でも楽しく身体機能を上げることができる、伝統的な養生推手のセミナーとなります。

「私も養生推手を修行したことで、大会で活躍できるようになり、精神的にも強くなれました。是非、この機会に多くの日本の皆様が体験してください」(葛西先生)

詳しくはこちらをご覧ください。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

葛西眞彦(Masahiko Kasai

かさい・まさひこ。1977年10月26日生まれ、青森県出身。間接護身アドバイザー。

 某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。

 危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるかを研究。現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、ランダムな状況の中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。

 幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。

 また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。世界大会2位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。

 台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。全日本競技推手連盟顧問。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka