【イベント情報】コ2 GWから5月のオススメ講座情報

| コ2編集部

5月のオススメ講座情報

いよいよ今週末から始まる10連休。こちらでは連休から続く5月の講座情報をまとめてお伝えします。


4月28日
『中井祐樹の新バイタル柔術』重版出来記念セミナー開催!

中井祐樹先生

 

お陰様で発売以来ご好評をいただいている『中井祐樹の新バイタル柔術』の重版を記念したセミナーが4月28日(日)に開催されます。

内容は「1時間半で新バイタル柔術がだいたいわかる」セミナー!

書籍を持っている人も持っていない人も、「レジェンド・中井祐樹」に直接触れて質問できるこの機会お見逃しなく!

申し込み方法など詳しくはこちらをご覧ください


4月27日〜5月6日
2019年刀禅ゴールデンウィークセミナー 

刀禅創始者・小用茂夫先生

 

コ2でもお馴染みのボディワーク「刀禅」が、10連休をフルに使った連続講座(通常クラスを含む)を開催します。

内容は今年1月から続いてきた「4月29日 刀意拳:鼉形(だけい)セミナー(最終回)」から、新しい試みとなる「4月30日 座刀禅(ざとうぜん)講師:黒岩滋信師範」「5月1日 舞扇道合同稽古会」「5月2日 細田さん還暦とご卒業記念セミナー 講師:細田啓輔さん(刀禅南千住同好会(準)主催)」、刀禅最新の練功法をテーマに「5月3〜6日 平円相行連続セミナー【1】【2】【3】」と盛りだくさんです。

「前から気になっていたんだけれど……」という方はこの機会に触れてみては?

※特に名前のないものは小用茂夫先生が講師を務めます。
※4月27・28日は通常の稽古ですが体験はできます。

時間や内容、申し込み方法など詳しくはこちらをご参照ください

 


5月19日 第3回 全日本競技推手選手権大会開催・参加者募集中

葛西先生
競技推手の主審を務める葛西先生。

 

コ2で「実践、超護身術」を連載、5月10日には『本当に大事なものを護りたい人が知っておくべきこと 間接護身入門』(現在予約受付中)を上梓する葛西眞彦先生が代表顧問を務める競技推手大会が来る5月19日に開催されます

競技推手は単純な力勝負だけでは勝てず、太極拳を中心にした中国武術の巧みな崩しの技術がフルに活用できる奥深い競技。

今回は初心者向けのライトコンタクトルールも開催されるので、普段は別の武術・武道・格闘技を中心に活動されている方も、この機会に体験してみてはいかがでしょうか。

内容や申し込み方法はこちらをご参照ください

※申し込み締め切りは4月30日ですのでご注意ください。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

小用茂夫先生
小用茂夫先生

小用茂夫(Shigeo Koyou
虚弱な幼少期、青年期の腰椎圧迫骨折などに悩まされる。活路を空手、古流剣術、中国武術、合気柔術など武術に求め、そこで多くの傑出した師に出会い素晴らしい境地を知る。一方で、そこへは辿り着けない自分の身体性と向き合うなかで、欠陥の多い身体でも、そうした師の境地に至る術は無いかと独自の模索を重ねる。幸い稽古仲間に恵まれ長い実験と検証の時代を経て現在の方法に辿り着き、ボディワーク刀禅として提唱するに至る。

Face Book:刀禅(グループ)

中井 祐樹 (Yuki Nakai

なかい・ゆうき/本名同じ。ブラジリアン柔術家、元総合格闘家。 1970 年、北海道石狩市(旧・浜益村)生まれ。北海道大学法学 部中退。札幌北高校ではレスリング部だったが、北海道大学で 寝技中心の七帝柔道に出会い転向。七帝戦で北大を 12 年ぶりの 優勝に導き、4 年生の夏に大学中退。上京してプロシューティン グ(現在のプロ修斗)に入門、打撃技も身に付けて総合格闘家に。 1994 年、プロ修斗第 2 代ウェルター級王者に就き、1995 年のバー リトゥード・ジャパン・オープン 95 に最軽量の 71 キロで出場。 1 回戦のジェラルド・ゴルドー戦で右眼を失明しながら勝ち上が り、決勝でヒクソン・グレイシーと戦う。この時の右眼失明で 総合格闘技引退を余儀なくされたがブラジリアン柔術家として 復活。現在、日本ブラジリアン柔術連盟会長、パラエストラ東京代表。著書『バイタル柔術』(日本スポーツ出版社・絶版)、『希望の格闘技』(イースト・プレス刊)の他、『本当の強さとは何か』(中井祐樹・増田俊也 共著 新潮社刊)『VTJ 前夜の中井祐樹』(増田俊也著 イースト・プレス刊)などがある。

公式サイト http://www.paraestra.com/

葛西眞彦(Masahiko Kasai

かさい・まさひこ。1977年10月26日生まれ、青森県出身。間接護身アドバイザー。

 某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。

 危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるかを研究。現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、ランダムな状況の中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。

 幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。

 また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。世界大会2位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。

 台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。全日本競技推手連盟顧問。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka