【7/16 イベント情報】 講座『間接護身入門』出版・重版記念講座「本には書けなかった間接護身」開催!

| コ2編集部

5月の発売以来、ご好評をいただいている『本当に大事なものを護りたい人が知っておくべきこと 間接護身入門』の出版・重版を記念して、来る7月16日(火)、著者である葛西眞彦先生をお迎えして「本には書けなかった間接護身」講座を開催いたします。

「本には書けなかった」と書くと、なにか「出し惜しみでもあったのか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、間接護身の考え方、方法論は使い方を間違えれば悪用されることもあり、本にする際にはかなり慎重にトピックスを選び文章にまとめています。

本講座は書籍を読んでいただいた上で、より真剣に間接護身の考え方や実行を希望される方に向けた内容となります。

 

講座「本には書けなかった間接護身」で伝えたいこと」

文・葛西眞彦

 皆さま、間接護身入門をご購入くださり、本当にありがとうございます。
発売から1か月たたずに重版決定となりました。

私自身も、魂を込めて書きましたが、このような結果となりとてもうれしく思っています。

今回実施する講座は、本では書けなかったことについて触れていきたいと思っています。

間接護身は、現代社会にマッチした兵法として、これからも幅を広げつつ、煮詰め皆さんと一緒に発信していきたいと思っています。

事件に関することのみならず、どういったことに気を付け、日常で意識を払い、日々を過ごすかが重要です。

例えばハザードマップで自分の地域の危険性をどれだけ意識してる人がいるでしょうか。

今の日本は、異常気象で予想もできない災害につながるケースも多いです。事件もまたしかりですが。

ハザードマップを理解し、自分の地域を目で確認し、地の利と地の不利を自分で把握していれば、避難に遅れなかったというケースも出るわけで、こういった話も間接護身そのものなのです。

人によっては、隣人たちが避難してないからまだ大丈夫、避難指示が出てないから大丈夫、こういった考えで避難が遅れるケースなどもあるわけです。

日常の視点の持ち方一つで、生存の確率を飛躍的に上げることにもなるわけです。

間接護身では、このような視点や感覚を変えることで、事件に巻き込まれる確率を下げたり災害から生き延びる確率を高める等、身の守り方について触れていきたいと思っています。

講座では、その時リアルタイムで話したいこと、参加された方の呼吸に合わせて、ある程度テーマは決めつつも、掘り下げていきたいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

葛西眞彦

 


【講師】葛西眞彦
【日時】7月16日(火)19時~21時(受付18時40分)
【場所】都内・文京区(申し込み受け付け後、参加者に直接ご連絡します)

【参加料金】4000円
【定員】30人(受付順となります)

 

※本講座では法律的なアドバイスは行いませんのでお間違えないようにお願い致します。
※本講座は座学です
※当日、書籍をお持ちの希望者の方には、著者がサインを致します。
※講座費のお支払い方法、会場などはお申込み時にお伝えいたします。

【参加方法】申し込みフォーム

【締め切り】7月9日(火)必須

【主催】WEBマガジン コ2【kotsu】編集部(日貿出版社)

※当日は撮影、録音などはご遠慮頂きます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

葛西眞彦(Masahiko Kasai

かさい・まさひこ。1977年10月26日生まれ、青森県出身。間接護身アドバイザー。

 某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。

 危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるかを研究。現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、ランダムな状況の中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。

 幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。

 また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。世界大会2位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。

 台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。全日本競技推手連盟顧問。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka