簡単!ニコニコタッチセラピー体験。 第七回 「足指」

| 河野智聖

この記事は有料です。

武術家であり体の専門家である河野智聖先生に、皮膚を軽く撫でるだけで誰でもすぐに使える身体調整法“ニコニコタッチセラピー”をご紹介頂きます。第七回目の今回は足指です。

ある日のニコニコタッチセラピー講座での出来事。

講座を受ける女性たちにまじって70歳代のおばあさんが見学にきていました。
聞けば娘が講座を受ける間待っていたいとのことです。
そのおばあさんは腰痛が大変で、歩くのも不自由で講座がおわったら娘に車で病院に送ってもらうことになっていました。

そこで、「せっかくですから、モデルになって下さい」とお願いして、講座でお尻・肩甲骨・頭にニコニコタッチをおこなうと、曲がった背筋がスッキリし、「痛みが取れた!」と満面の笑顔となり、そのままご自宅へお帰りになりました。

ここで私がやったのはただ触るだけ。頑張って揉んだり、押したりせずに皮膚の流れにそってタッチングするだけで元気になる、そんなニコニコタッチをこの連載では紹介していきます。

簡単!ニコニコタッチセラピー体験。

第七回 「足指へのニコニコタッチ」

河野智聖

 

足の変形

今回は足指についてお話します。
最近私はヨガ教室の講座で手の指、足の指の意識を使うことをことを指導しています。
足指を一本一本つかんで足首をまわすという簡単なエクササイズですが、回数を重ねると足指の意識がはっきりしてきます。

多くの人は手の指を器用に動かせますが、足の指となると自由には動かせる人は少ないでしょう。普段いかに足指に意識を向けていないかが分かります。
また私たちは靴という足を守る道具で、足の感覚を閉ざし、足指を変形させてしまっています。特に女性のハイヒールは、足指に負担をかけ外反母趾となってしまっている人が少なくありません。

足裏は親指の付け根、小指の付け根、踵の三点でバランスをとっています。
土ふまずは、本来ちょうどテントのようにテンションを持ち、足裏の四方八方のバランスの崩れに対処できるようになっているのです。

ところが多くの人の足裏をみると、この三点のバランスが前後の二点になっていることが多く、さらに土ふまずがなくなってしまっていることが多いのです。
なぜ、土踏まずがなくなってしまったかというと、平らな道ばかりを歩くのでバランスを取る必要がなくなってしまったからです。

また二点でバランスを取る足はスケート靴のエッジのように不安定で、転びやすく滑りやすくなっています。これは身体だけではなく心にも影響があり、現代人が心理的に不安定であることと足裏のバランスが不安定であるのは、けっして無関係ではありません。特に最近は、こども達の足指が浮き上がってしまっているという指摘と、行動が不安定なこどもが多いのは無関係ではないでしょう。

そもそも私達の足指は地面を掴むようにできています。そのお陰で険しい山道でも、昔の人が薄いわらじで登ることができたのは、足指がセンサーとなり、個々に働いて地面を感じ、危ないところは足指が働きしっかり地面を噛んでいたわけです。
そこまで精密な動きではないものの、私がこどもの頃の昭和でも、横になったまま、テレビのチャンネルを足の親指と人差し指ではさんで変えることなど朝飯前でした。もっともこれは行儀の面で褒められたことではありませんが(笑)。

靴といい、リモコンといい、文明が発達するほど私たちは身体の精妙な動きを失ってしまっているのです。

 

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

動体学創始者 河野智聖(Chisei Kono
整体・古武術・ヨガの研究から、新しい身体理論「動体学」を編纂。東京に動体学研究所を設置、“智聖整体Life”として東京・大阪・神戸を拠点に、日本全国で講座を開いている。
動体学研究所から開発された技術は、ニコニコタッチ®・快気法・心道(整体武術)・スパイナルトーン(音の整体)・マグネティック タオ(体のNS極を磁石で調整)・チセットヨーガなどは“チセイメソッド”として発表されている。
著作に『健康になる整体武術』(筑摩書房)、『生命力を高める身体操作術』(経済界)、『日本人力』『能に観る日本人力』(ともにBAB出版)、『身心を拓く整体』『緊急時の整体ハンドブック』(ともにちくま文庫)などがある。

ニコニコタッチセラピーの講座などのはこちらからご覧ください。

Web site:Chisei Method チセイメソッド