簡単!ニコニコタッチセラピー体験。 第八回 「肩」

| 河野智聖

この記事は有料です。

武術家であり体の専門家である河野智聖先生に、皮膚を軽く撫でるだけで誰でもすぐに使える身体調整法“ニコニコタッチセラピー”をご紹介頂きます。第八回目の今回は肩コリです。

ある日のニコニコタッチセラピー講座での出来事。

講座を受ける女性たちにまじって70歳代のおばあさんが見学にきていました。
聞けば娘が講座を受ける間待っていたいとのことです。
そのおばあさんは腰痛が大変で、歩くのも不自由で講座がおわったら娘に車で病院に送ってもらうことになっていました。

そこで、「せっかくですから、モデルになって下さい」とお願いして、講座でお尻・肩甲骨・頭にニコニコタッチをおこなうと、曲がった背筋がスッキリし、「痛みが取れた!」と満面の笑顔となり、そのままご自宅へお帰りになりました。

ここで私がやったのはただ触るだけ。頑張って揉んだり、押したりせずに皮膚の流れにそってタッチングするだけで元気になる、そんなニコニコタッチをこの連載では紹介していきます。

簡単!ニコニコタッチセラピー体験。

第八回 「肩へのニコニコタッチ」

河野智聖

 

肩コリになる三つの原因

肩コリの三つの原因 整体では、肩こりの原因は三つあるといわれています。

  • ひとつは「腕の使い過ぎ」
  • ふたつめは「食べ過ぎです」
  • そして最後は「目の使い過ぎ」です。

こうしたことが肩こりや腕の痛みの原因です。 その他に四十肩・五十肩と呼ばれるものは、骨盤の動きと関係しています。
今回はニコニコタッチを説明する前に、これを順におってまずは整体的に解説していきましょう。

 

腕の使い過ぎ

これは連想できるのではないでしょうか? 腕を使いすぎることで腕や肩がくたびれてしまい、指先→手首→肘→肩と連動して、関節や筋肉が緊張して固まってくるのです。

「腕の使い過ぎ……」というと、子供の頃に通っていた散髪屋に成人してから行った時のことを思い出します。
久しぶりに会う理髪師のおじさんは白髪が増えていました。
驚いたのは右の手首がハサミを持つ形に曲がってしまっていたことです。
毎日、毎日ハサミを持って人の髪を切り続けているうちに、手首が固まってしまったのでしょう。おそらく腱鞘炎に悩まされた時期もあったと思いますが、それでも痛みを押してハサミを使い続けた結果、変形してしまったのだと思います。

整体的に観ると、日々の疲れを取って変形しない方が健康的ではあります。しかし、ハサミを持つ形に曲がってしまった手首を観て、プロの凄みを感じてました。

仕事やスポーツで腕を使い過ぎて、腕が疲れたまま放っておくと、やがて肩を動かすと痛みが生じるようになります。それを避けるためにも、疲れはこまめに取っておく必要があります。
効果的なのは後で紹介するニコニコタッチと併用して、肘を温めておくと良いでしょう。
「肘湯」と呼ばれるものですが方法は簡単です。
お風呂の桶か洗面台に、通常のお風呂で入るよりも2度ほど高めのお湯を貯め、10分ほど肘を浸けておくと腕の緊張がとれて肩も楽になってきます。

 

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

動体学創始者 河野智聖(Chisei Kono
整体・古武術・ヨガの研究から、新しい身体理論「動体学」を編纂。東京に動体学研究所を設置、“智聖整体Life”として東京・大阪・神戸を拠点に、日本全国で講座を開いている。
動体学研究所から開発された技術は、ニコニコタッチ®・快気法・心道(整体武術)・スパイナルトーン(音の整体)・マグネティック タオ(体のNS極を磁石で調整)・チセットヨーガなどは“チセイメソッド”として発表されている。
著作に『健康になる整体武術』(筑摩書房)、『生命力を高める身体操作術』(経済界)、『日本人力』『能に観る日本人力』(ともにBAB出版)、『身心を拓く整体』『緊急時の整体ハンドブック』(ともにちくま文庫)などがある。

ニコニコタッチセラピーの講座などのはこちらからご覧ください。

Web site:Chisei Method チセイメソッド