システマ随想 第九回 「対談 ミカエル×藤田一照 禅僧の目に映ったシステマ」

| 北川貴英

この記事は有料です。

ロシアン武術「システマ」の公認インストラクターである、北川貴英氏が書き下ろしで語る、私的なシステマについての備忘録。第九回目の今回は、先日来日を果たしたシステマ創始者ミカエルと、コ2【kotsu】ではお馴染みの藤田一照先生との対談の模様をお届けします。

システマ随想

第九回 「対談 ミカエル×藤田一照 禅僧の目に映ったシステマ」

進行・構成北川貴英
通訳堀口大樹
日時2016年4月17日
場所荒川スポーツセンター

ミカエル先生と一照先生

 

閉ざされた領域

北川貴英(以下、北川) 一照さんはミカエルのセミナーへの参加は二度目になりますが、いかがでしたでしょうか?

藤田一照(以下、一照) 普段から真摯に稽古をされている方々を差し置いて、ミカエル師とお話しさせていただくのは非常に恐縮なのですが、せっかくの機会なのでご指導頂ければと思います。
セミナーでは色々な練習をしましたが、前回と通じて思ったのは、一つのことをいろいろな表現の仕方で、仰られているような気がするということ。たくさん色々なことをやっても、それぞれ異なるのではなく、なにか共通した一つの教えがあるのではないかと。
でも、その一つがなかなかつかめない。

目に見える形に目がいってしまうので、大事なことがなかなか身体でつかめない感じがするのです。これは非常に面白いと同時に、一体何なんだろうというある種のもどかしさもまた感じます。こういう感じ方について、ミカエルさんはどう思われますか?

ミカエル・リャブコ(以下、ミカエル) まず二度にわたってセミナーにご参加いただけたことを、たいへん光栄に思います。今回は二回目ということで、前回より深くシステマを見ていただいたように思います。

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

藤田 一照(Issho Fujita
1954年、愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。曹洞宗紫竹林安泰寺で得度し、1987年からアメリカ・マサチューセッツ州のヴァレー禅堂住持を務め、そのかたわら近隣の大学や瞑想センターで禅の指導を行う。現在、曹洞宗国際センター所長。著書に『現代座禅講義』(佼成出版社)、『アップデートする仏教』(山下良道との共著、幻冬舎)、訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』(春秋社)、鈴木俊隆『禅マインド ビギナーズ・マインド2』(サンガ)など多数。

Web site​ 藤田一照公式サイト

オンライン禅コミュニティ磨塼寺

ミカエル・リャブコ(Mikhail Ryabko
システマ創始者。1961年生まれ。5歳からトレーニングを始め、15歳で本格的な戦闘訓練を受ける。以後、ロシア内務省緊急対応特殊課(SOBR)など4つの省庁で人質救出作戦や対テロ作戦、ボディーガードの養成などに従事。現在は検事総長のアドバイザーとして公務に携わるかたわら、システマ・モスクワ本部を中心に世界各国で指導をしている。

モスクワ本部ウェブサイト(英語ページ) http://www.systemaryabko.com/en.html

北川貴英(Takahide Kitagawa
08年、モスクワにて創始者ミカエル・リャブコより日本人2人目の公式システマインストラクターとして認可。システマ東京クラスや各地のカルチャーセンターなどを中心に年間400コマ以上を担当している。クラスには幼児から高齢者まで幅広く参加。防衛大学課外授業、公立小学校など公的機関での指導実績も有るほか、テレビや雑誌などを通じて広くシステマを紹介している。

著書

「システマ入門(BABジャパン)」、「最強の呼吸法(マガジンハウス)」
「最強のリラックス(マガジンハウス)」
「逆境に強い心のつくり方ーシステマ超入門ー(PHP文庫)」
「人はなぜ突然怒りだすのか?(イースト新書)」
「システマ・ストライク(日貿出版社)」
「システマ・ボディーワーク(BABジャパン)」
「ストレスに負けない最高の呼吸術(エムオンエンタテイメント)」
「システマ・フットワーク」(日貿出版社)

監修

「Dr.クロワッサン 呼吸を変えるとカラダの不調が治る(マガジンハウス)」

DVD

「システマ入門Vol.1,2(BABジャパン)」
「システマブリージング超入門(BABジャパン)」

web site: 「システマ東京公式サイト」