ソマティックワーク入門 第十回 臨床瞑想法 大下大圓さん(理論編02)

| 半澤絹子

健康とウェルビーイングの一歩先を求めて−−。
今、こころとからだの健やかさの質を高める、
マインドフルネス瞑想やボディワークなどが人気を呼んでいます。
からだの感覚に注目し、
心身が心地よい状態へとフォーカスすることで、
深い気づきや静けさを得たり、
自己肯定力や自己決定力といった心身の豊かさを育んだりしていく。
これらは、
こころとからだのつながりを目指す

「ソマティックワーク」という新しいフレームワークです。

その手法は、タッチやダンス/ムーブメントなど多岐にわたり、
1人で行うワークから、ペアやグループで行うワークもあり、
自分に向くものはそれぞれ異なります。
この連載では、
これからの時代を生きる私たちにとって、知っておくべき「からだのリベラルアーツ(一般教養)」として、各ワークの賢人たちの半生とともに
「ソマティックワーク」が持つ新しい身体知を紹介し、
それらが個々の人生や健康の質をどう変化させたのかを探っていきます。

Image: iStock

リベラルアーツ(一般教養)として学ぶ

ソマティックワーク入門

−新しい身体知の世界をめぐる−

第十回 「身体」と「場」に重きを置くことで瞑想は深まる
臨床瞑想法 大下大圓さん(理論編02)

取材・文半澤絹子
写真協力飛騨千光寺
取材協力日本ソマティック心理学協会

ソマティックワークには、アレクサンダー・テクニークといった海外で生まれたボディワークのほか、瞑想などの伝統的な行も多く含まれます。

今回ご紹介する「臨床瞑想法」は、飛騨千光寺の住職・大下大圓さんが開発した、世界のいくつかの瞑想法をプログラム化したメソッドです。

第2回目は、臨床瞑想法を実践するときに重要なポイントを紹介します。

 

ポイント1・「己事究明」を目指して瞑想する

前回は、臨床瞑想法の4ステップ「ゆるめる瞑想」「みつめる瞑想」「たかめる瞑想」「ゆだねる瞑想」を紹介した。

①ゆるめる瞑想
「臨床瞑想法」のベースとなる瞑想。心身の緩和と集中を目的に行う。以後、②〜④の瞑想前に必ず行うウォーミングアップ的なもの。

②みつめる瞑想
自己の観察と洞察を目的とした瞑想。自分の呼吸や身体の感覚、過去の体験などを客観的に観察し、さらに仏教の「四諦八正道」に則って、自分の存在や人生の意味を見出す洞察瞑想を行う。

③たかめる瞑想
生命力を高める健康法としての瞑想。心身が活性化する呼吸法や、密教に伝わる5つの音相を発声し、心身のエネルギーを高めていく。

④ゆだねる瞑想
大いなるもの(自然、宇宙、先祖、神仏など人によって概念は異なる)とつながって一体になり、悟りに至るための瞑想。瞑想の最終段階。

臨床瞑想法は、大下さんが体験された各種瞑想法をまとめたものだが、大下さんは高野山真言宗の僧侶(大阿闍梨)であるため、仏教の瞑想をベースにしている。

「とはいえ、仏教の瞑想一つとってもさまざまな目的と方法があります。

一般的に有名なのは曹洞宗の『禅』、座禅ですね。座禅は『只管打坐(しかんたざ)』といって、ひたすらに雑念を取りはらって座り続けて、自分の我をなくしていく洞察的な瞑想です。

そのほかに『天台宗の禅』もありまして、天台智顗(てんだいちぎ)が遺した摩訶止観(まかしかん)という仏教書などには、健康法としての瞑想法が多く記されています。
さらに密教は密教で、独自の瞑想法があります。ですから、仏教の瞑想といってもさまざまなわけですね」(大下さん)

ただ、仏教のどの流派であっても、『己事究明(こじきゅうめい)』を目的とすることは共通しているという。

己事究明とは、己(おのれ)の内面を深く探っていき、最終的には宇宙と一体になるという悟りの状態を目指すこと
 キリスト教は祈りによって神から降りてくるものを受け取るトップダウン方式ですが、瞑想は自分の内側を見つめて大いなるものへと近づいていくボトムアップ方式です。『祈り』と『瞑想』は、方向性が逆になるわけですね。

 私は瞑想を学ぶ方にいつもお伝えしているのですが、自分を救えるのは、医師でも僧侶でもなく、その人ご自身です。
 臨床瞑想法はスピリチュアルケアとして活用していますが、最終的に、人は自分でしか自分自身を救うことはできません。これを胸にとどめて瞑想を実践していただきたいと思います」(大下さん)

Image: iStock

ポイント2・頭が身体に負担なく乗るように座る

瞑想を実践する際に重要なポイントの2つ目は、「しっかりと座る準備を行うこと」である。

まず、座る前に、身体をゆるめる。

大下さんは、仏門に入ったばかりの少年時代にうまく座れずに身体が痛くなり瞑想が辛くなった体験をしたが、本来の瞑想はラクに行うものである。

瞑想は、脳がリラックスしたα波やθ波などの状態で行うのが適している。なので、交感神経を緊張させたまま瞑想に臨んでもうまくいかない。

「瞑想に入りやすい状態に持っていくために、身体のさまざまな部分をゆるめていきます。軽くジャンプして身体をほぐしたり、その後に横になって自分の身体を感じてもらったり。そうして、リラックス感を味わっていただきます。順番に、丁寧に身体をゆるめていって、リラックスした状態を土台に瞑想を始めると、多くの方が深い瞑想状態に入っていかれます

ですから瞑想をする上で、ソマティック(身と心は1つであるという考え方)な部分を大切にすることは強調したいですね。身体をおろそかにしては、瞑想はうまくできません」(大下さん)

また、身体をゆるめるだけでなく、座具を使ってお尻や足が痛くならないように配慮することも大切だ。
クッションや座布団を使ってもいいし、足が不自由で座るのが辛い人は、椅子を使ってもいい。自分を大切にすることから瞑想は始まる。

「私のところでは、厚みのある座具ではなくて、3cmくらいの薄い円座をたくさん用意しておきます。そうすると、その円座を2枚重ねたり3枚重ねたりできるので、自分にとってちょうどよい高さに調節しやすくなります」(大下さん)

続いて、瞑想時の座る姿勢。

よく言われるように、背骨を伸ばして座ることが重要なのであろうか?

「一般的な座禅では、背筋を伸ばして座るように指導されることが多いですが、いちばん大切なのは、頭が身体にとっていちばん軽く感じるように座ることです」(大下さん)

頭が負担なく身体に乗るように、自分の身体の感覚で調整してみよう。(写真提供:大下大圓様)

 

成人の頭の重さは5kgほどあり、身体にとっては意外と負担になる重さである。例えば、首を曲げて頭を下げてみると、身体は頭の重さをより感じやすくなる。すると、脳はストレスを感じて、さまざまな葛藤が出やすくなってしまう。瞑想をするのに適した状態ではなくなるのだ。

「身体にとって頭の重さをいちばん負担なく感じるのは、立っているときです。立っているときの頭と身体のバランスを保ったまま、座ってみましょう。

臨床瞑想法の講座では、『身体にとって、いちばんよい頭の位置をご自身で探ってください』と指導しています。すると、皆さんちゃんときれいな姿勢になっていきますね。昔からの『型』にはめようとするのではなくて、自分が安心できる頭の位置を見つけていただくと、深い状態に入りやすくなります。
それでもうまく座れないと感じたら、頭と首に身体がついてくるように座ってみてください。そうすると身体は安定するので、長時間静かに瞑想できます」(大下さん)

瞑想時の座る姿勢をまとめると、「リラックスする」「身体がラクに感じられるよう、頭の位置を調整する、ときには座具を使う」ということになる。

これは、連載で紹介したアレクサンダー・テクニークと共通する要素である。アレクサンダー・テクニークも不必要な緊張を抜き、頭・首・身体の心地よい関係性を探っていくことが要となっている。気づきをもたらす身体状態へと導く手法には特定の法則がありそうだ。
(さらに詳しい方法は実践編で解説)

ポイント3・生育歴分析やカウンセリングを併用しながら瞑想する

瞑想は万人が取り組めるソマティックワークであるが、「瞑想をすると苦しい記憶がわいてきて、苦しくなる」という人もいる。

とくに臨床瞑想法では、身体の感覚を観察するだけでなく、過去の体験に関する観察や洞察も行う。辛いと思ったら、無理には続けないことも必要だろう。

ーーだが一方で、その苦しみを昇華させていくことが瞑想の重要な役割でもある。臨床瞑想法は、終末期の患者に対して提供することも多い。心の苦しみを瞑想によって昇華させる場合、どのように行うとよいのだろうか。

「臨床瞑想法では、みつめる瞑想の際に、生育歴分析とカウンセリングを行うようにしています。
 瞑想前に、患者さんに10歳までの人生の中でうれしかった体験や、逆に傷ついた体験を書き出していただきます。
 次に、瞑想時にその頃の記憶を振り返っていただきます。
 瞑想が終わったら、指導者が患者さんにカウンセリングをして、最終的に患者さんがご自分を認めるサポートをしていきます。

 また、親に大切にされなかった経験をした人には、瞑想の中で、現在の自分が幼い頃の自分に手当てをすることをやっていただいたりもします。そうすると、完全解決まではいきませんが、自分で自分をケアできた感覚にはなりますね」

 瞑想をリラックスやパフォーマンスアップではなく、過去の体験の整理などのために行う場合には、自分が苦しみを受容できる限界を設定して実践するとよいかもしれない。

「経験上、人間は、自分のトラウマを積極的に暴くようなことはまずしません。『これ以上自分を深掘りすると危険だ』と感じると、「あ、深くまで行ったらダメだ」と踏みとどまってくれます。ですから、私は瞑想をトラウマ的な内面の洞察に使うのは有効だと思っていますね」(大下さん)

ただし、臨床瞑想法でも精神病、重度のうつ、急性錯乱状態、極度の不安をもつ人、認知症の方はNGとしている。また、背負い切れないほど大きなトラウマがあると感じる場合には、一人で瞑想するのではなく、瞑想指導者と必ず一緒に行うようにしよう。

ポイント4・「場の力」を借りて瞑想する

一人で瞑想をしていると気が散ってしまう人がいる。またはなかなか深まらない人もいる。そんなときは、思い切って他の人と一緒に瞑想を行うのが手だ。

「瞑想は一人で行うよりも、みんなで行うほうが深まりますね。 瞑想をして自分の苦しみを乗り越えようという共通の意識を持った人が集まることで、自宅ではできないけれど、この場所ならば瞑想できる、というのはある。

私のところでは、輪になって瞑想することが多いです。理論は横並びに机を並べて学びますけど、瞑想のときは輪になって行う。
そうすると、不思議なことに『場の力』が働くんですよ。自分だけでは100%の力を出さないと瞑想が深まらないかもしれませんが、一緒に瞑想する仲間がいれば、5〜6%の力で瞑想が深まっていくというものがありますよね。おかげで、指導する私自身がラクをできます(笑)」(大下さん)

飛騨千光寺の「国際平和瞑想センター」での瞑想風景。皆で瞑想をすることで自己観察や自己洞察が深まりやすくなる(写真提供:大下大圓様)

また、悩みを持つ人たちが集まることによって、お互いに自己開示もしやすくなるそうだ。誰か一人が悩みを自己開示すると、『じゃあ私も』と自己開示をして、お互いに癒されていくという。参加者同士が、瞑想体験を通して仲良くなることもあるのだとか。

ソマティックワークには、一人称(主観的な個人の意識を通して)の気づき、二人称(間主観的な他人との関わり合いを通して)の気づき、三人称(客観的な観察を通して)の気づきがあるとも考えられる。

自己成長をはかるために参加者同士が意見を言い合う「エンカウンターグループ」という心理療法の技法も存在する。多くの人と関わる中で、何かを乗り越えられるということは大いにあるのだろう。

また、僧院や山深い場所など、日常とは離れた場所で瞑想を行うのもよいと大下さん。

アンコールワットでの瞑想。(写真提供:大下大圓様)

 

「お寺の本堂で瞑想をするのはもちろんよいですし、インドにはインド、チベットにはチベット、その国々で行った瞑想は地域ごとの素晴らしさがありました。どれが一番よいと比べる必要はありませんが、場所によって、さまざまに深いものを感じることはできます」(大下さん)

個人の目覚めという救いがあってこそ世の中は変わる

臨床瞑想法を指導し続けて現在、大下さんは瞑想についてどう考えているのだろうか。

「私は今まで病院や災害現場のボランティア、まちづくりなどの社会活動の一環として、瞑想を教えてきました。
 
臨床瞑想法を指導してきた中で思うことは、一人ひとりを救済するために、社会システムを変えたり、大きな変革をしたりするのも大切かもしれませんが、最終的には、一人ひとりが気づいて目覚めていかないと、世の中はよいほうへ動いていかないのではないかということです。

瞑想によって安らいで、自分の身体や苦しかった過去を観察し、俯瞰して手放すような体験を積み重ねていくと、深い部分から立ち直っていくことができます。

例えば、腎臓を患っていた終末期のある男性患者さんは、最初は病気の回復だけに意識が向いていました。しかし、瞑想とカウンセリングを続けていくうちに、子どもの頃の体験を思い出し、好きなものを食べたい、行動したい欲求があることを自覚しはじめるようになりました。
さらに仏教音楽によって家族との関係性に関心をもちはじめ、生活風景にある音や音楽への関心も高まり、『お経を聞くと安らぐ』とおっしゃっていました。

そこでリラクセーション的な瞑想を計画的にスタートし、サポートを受けながら音楽イメージ誘導法を体得していくと、徐々に瞑想や呼吸法ができるようになり、「イライラがなくなってうれしい」と気持ちが変化していったのです。

その後参加された臨床瞑想法の講座では、腹水による腎臓圧迫で横臥するのも苦しい状態でしたが、音楽イメージ誘導法中の30分間は、患部の圧迫感や苦痛も感じなかったようです。仏教の声明(南山進流)を私が唱えると、彼は深い瞑想状態を体験していました。『とても気持ちが落ち着いて穏やかな心境だ』と彼は言っていました。

また、臨床瞑想法の講座は医師や看護師の参加がとても多いのですが、看護師さんなどは過去の辛い経験をもつ人が多いです。人によっては、トラウマ的な出来事をきっかけに看護師を志していることがあります。そのような人たちも瞑想を行うことで過去をみつめなおし、明るく変化していった例を数多く目にしてきました

まずは、自分自身で自分を救うことです。そのために臨床瞑想法の指導者など、瞑想のプロにサポートしてもらうのもよいでしょう。人生にはいろいろなことがありますが、大きな目で見て、最終的には苦しみも執着も手放していくことが大切です。

私にとって瞑想は、個々の目覚めと救いに必要なもの。私自身も、臨床瞑想法の指導を行うことで自分自身に気づき、そして人にも気づいてゆく道を歩んでいます」

(第十回 了)


臨床瞑想法おすすめ書籍

『臨床瞑想法』   大下 大圓 著、日本看護協会出版会
★大下さんが提唱する「臨床瞑想法」の基本から現場での活用法までがわかりやすく一冊にまとまっています。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookTwitter(しもあつ@コ2編集部)でお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」、フォローをお願いします。

–Profile–

大下大圓(Daien Oshita

高野山真言宗 飛騨千光寺住職。高野山傳燈大阿闍梨。日本臨床宗教師会副会長、日本スピリチュアルケア学会理事。指導スピリチュアルケア師。12歳で出家し、高野山で仏教、密教の修行をしたのち、スリランカで初期仏教と瞑想を修業。1986年より病院のベッドサイドでの傾聴活動を行い、「臨床瞑想法」を確立。京都大学大学院医学研究科/愛知医科大学大学院看護学研究科/名古屋大学医学部等、多数の大学医学部の非常勤講師を勤め、医療従事者を中心に臨床瞑想法を指導。『臨床瞑想法 心と身体がよみがえる4つのメソッド』(日本看護協会出版会)など著書多数。

飛騨千光寺web Site(https://senkouji.com)

半澤絹子(Hanzawa Kinuko
フリーライター、編集者。各種ボディワークやセラピーを取材・体験し、「からだといのちの可能性」、「自然と人間とのつながり」に関心を持つ。「ソマティック・リソース・ラボ(https://www.somaticworld.org/)」運営メンバーの1人として、ソマティックに関する取材や普及活動も行う。