イールドワークで学ぶ空間身体学 第2回 空間身体学アプローチとは?

| 田畑浩良

「言っていることや方法は正しいのになぜしっくりこない」

普段生活するなかでそんなことを感じたことはありませんか?

それとは逆に、

「理由はないけれどこの人といると安心できる」

ということもあるのではないでしょうか?

その理由は、私たちの身体が無意識のうちに相手や自分がいる環境に対して常にアンテナを張り、そこが自分にとって安全で「身を委ねられるか」を判断しているからです。

この「身を委ねる」という行動は「イールド」と呼ばれ、私たちは生まれた瞬間から身に備わったこの能力を使って積極的に安心できる相手や場所を選んで生き抜いています。

この連載ではこの能力「イールド」を知るとともに、上手にそれを使って自分を安心させたり、他人をリラックスさせたりする方法を、イールドワークの第一人者である田畑浩良さんにご紹介いただきます。アシスタントはイールドの達人(?)である猫を代表してニャンコ先生です。

 

田畑さんとニャンコ先生

連載 安心感と自己調整能力の鍵は「間合い」

イールドワークで学ぶ空間身体学

第2回 「自己調整能力の新しい枠組み」を引き出す空間身体学アプローチとは?

田畑浩良
取材協力半澤絹子

 

連載第1回である前回は、

  • イールドワークとは、施術者とクライアントが「ちょうどよい間合い・距離感」をつくるワークである
  • 人と人の間にちょうどよい距離感が生まれると、身体は警戒モードを解き、身体は接地面に対してしっかりとゆだねられる

ということを紹介しました。
今回はさらに進んで、「身体がゆだねられると何が起こるのか?」について解説していきたいと思います。

「ゆだね」が導く「リセット」と「広がり」

クライアントと施術者の双方が今いる場所に落ち着き、受容するという感覚的な経験が深まると、セッションの場にサポートの基盤が生まれます。すると、クライアントの身体に、より深い静けさと落ち着きを得るために必要な空間が形成されます。

イールドの動きに働きかけることは、自己、他者、そして自分の世界との関係において、クライアントの自己調整能力を深めることにつながります

イールドによって地面にしっかりとゆだねるという「下への方向性」が生まれると、今度は上に浮かび上がるような「上への方向性」も自然に生じるようになります。この二方向性の動きは、ロルフィング®️のセッションでもよく起こる現象です。

タッチを伴わないイールドワーク前後の比較写真。セッション後は、身体が前傾した傾向から、上方に身体全体がリフトされ、頭部の支え方が変化していることが観察される。 写真提供・田畑浩良

立体的な空間への広がりを始めとする「自己を再構成する力」は、文字どおり、クライアント本人が起こす力です

回復に用いられる場合は「自己治癒力」と呼んでもいいでしょう。

包丁で指の皮膚が少し切れても、時間が経てば血は止まります。傷が修復されたりするのは誰もが実感することですが、身体が最適なバランスをとるように、恒常性維持機能(ホメオスタシス)が常に働いています。

また、身体は元の状態を保守・維持しようとするだけではありません。安全・安心な場と余力があれば、さらに復元力と適応力のある機能的な状態に向かって、全体を再構成する統合的な変化を起こします

イールドワークやロルフィングなどを始めとする内発的なアプローチを行うボディワークは、健やかな身体の感覚や今までにない動きを味わうという「身体的体験」そのものに大きな価値がありますが、副次的なものとして(本来的な)身体構造・機能の回復も期待できます

「身体が自発的に動き出した」

私自身が「身体が自己調整すること」を体験したのは、1999年、ロルフ・ムーブメントのトレーニング中の出来事でした。

実習中に、講師のキャロル・アグネッセンス先生が私の頭を支えるように触れてくれたときのことです。

頭から首にかけたパーツが支えられることによって、身体が安心し、キャロル先生の手にゆだねはじめると同時に、身体の内側から「脊柱全体が伸張する動き」が引き出されるのを感じました。

このとき、キャロル先生がどのような意図で触れたのかはわかりません。先生はクレニオセイクラル・バイオダイナミクスの講師でもあったので、関節や筋膜の連携のみならず、頭蓋仙骨システムも知覚して触れていた可能性もあります。

いずれにしても、私の身体システムがキャロル先生の手を「安全なマトリックス(母体・基盤)」と認識して、身体全体がイールドしたことによって、内部からの自発的な伸張が引き出されたと推測しています。

また、別の体験もあります。

ロルフ・ムーブメント名誉教授の故・ヴィヴィアン・ジェイ先生のセッションを受けた際に、当時痛めていた肩関節が大きな音を立ててはまり直す、という衝撃的なできごとがありました

ジェイ先生の柔和なタッチに誘導され上腕骨頭自体がちょうどよい位置収まり、それ以降、肩の痛みが嘘のように消失したのです。

こうした自己調整能力は、施術者がAの骨をこう動かして、次にBの骨をこう動かして……と意図して“狙い通り”に直接引き出せるものではありません。安心安全な場が整ってこそ、身体は自分で再構成する空間ができたと判断し、自己調整能力が力強く発動しはじめます。

もちろん、特定の症状に対するマニュアルがある直接的な施術であっても、「クライアントの身体が望む変化」と「施術者の施術の方向性」が一致していれば、身体はうまく反応するでしょう。

また、過去にケガや事故によって受けた身体的なダメージが大きく、身体に強い制限があるクライアントの場合は、ある程度回復する段階まで、直接的で治療的な介入が必要なことはいうまでもありません。

しかし、施術者のサポートの在り方として、「クライアントができるだけ自分自身の力で健康を維持すること」を目指すのであれば、施術者が変化を起こさせるのではなく、最終的にはクライアントの身体の内側から変化を引き出す働きかけに移行するのが自然な流れではないでしょうか

誰の身体も、連携がなくバラバラな状態でエネルギーのロスが著しい運行よりも、パーツ同士がうまく協調して全体として機能できるようなシステムにバージョンアップしたほうがエネルギー効率が高く、生体としては有利です。身体は「きっかけ」さえあれば、常に回復し統合状態を高めるチャンスを待っているように見えます

イールドは、その「きっかけ」となる場の形成に役立つため、身体指向のあらゆる技法に応用できるのものであると考えています

Image: iStock

土台を整えることで身体の「機能」と「構造」を変える

ここまで、ボディワークの可能性を紹介していきましたが、ほとんどの身体技法が、少なくとも「身体の正しい形をつくる」、または「身体の正常な機能(動き)を引き出す」のいずれかを目指しています。

例えば気功には、

「形不正即気不順 気不順即意不寧」

(身体の形が正しくなければ気は順調に流れない、気が順調に流れなければ意識は安定しない。) という言葉があるそうです。

また、ロルフィングの創始者である故・アイダ・ロルフ博士は、ロルフィングの思想について以下のような言葉を遺しています。

「身体が適切に機能すると、重力のエネルギーが身体を流れるようになります。 そうすると、身体が自発的に自らを治癒するのです」

ロルフ博士はさらに「身体の『形』と身体の『機能』の関係性」について、

「形と機能は一体であり、コインの裏表のようなものです。機能を向上させるためには、適切な形が存在するか、そうでなければ創りださなければいけません」

という言葉も遺しました。そしてその言葉どおり、彼女は適切な身体の形を創り出す技法を研究しました。

気功の教えもロルフ博士の言葉も「身体の形の重要性」を表していますが、図にまとめると以下のようになります。

「まず初めに、かたち在りき」というのは、古典的なStructural Integration(身体的統合)の考えです。身体の構造を整えた後に、適切な動きを身体に対して教育して、重力との関係性をより改善するというのが基本的な流れになります。

これは基本的かつ有効な考えですが、「正しく適切な身体の形とは?」という前提は、施術者が身体をどう捉えるかによって異なります。施術者ごとに施術の方向性や内容、テイストが異なり、場合によっては、施術者に“押しつけられた” 身体の変化になるリスクがあります。

そもそも、施術者の頭の中の意図と、受け手の身体が望んでいることが必ずしも一致しないことの方が多いのではないでしょうか? 施術者側の「正しい」「こうしたほうがいい」という思い込みが、かえって受け手の身体にとってマイナスになっているかもしれません。

どんな形が正しいかは、施術側が頭で把握しきれるものではなく、変化の主体はあくまで受け手の身体です

とはいえ、受け手側の反応だけで自己調整のプロセスを進めても、従来のパターンの中で行われてしまい、枠を出ない反応に終始する可能性があります。

では、どのようにすれば、身体システムが新しい枠組みでの自己調整を発動しやすくなるのか?

それを探求した結果、セッションの場に「安全・安心の基盤」をつくること、そしてその質を深めるイールドの動きが鍵を握っていることが明らかになってきました

ボディワークにはさまざまな変化の様式が存在しますが、不随意的な自己調整による自発的な反応こそが、外から押しつけられたものではない、身体が受容できる整合性のある変化だと考えられます

施術者が主体となって受け手に変化を起こす、という従来の治療概念から一歩引いて、施術者と受け手との間に生まれる関係性としての「場」が中心となって、内発的に変化を引き出すという介入、むしろ「介在する」という立ち位置も、自己調整機能を最大限に活用しようというアプローチにとって必要となります。

その上で、施術者の知覚は、受け手の身体を含む空間全体に向けられます。身がまま整体の片山洋次郎先生と共に提唱している「空間身体学」の観点からは、

  • 身体は空間から孤立した存在ではない
  • 身体のバランスは、外部環境との絶え間ない相互作用によって成り立つ

という身体の捉え方になります。

空間身体学的な身体

施術者やボディワークのプラクティショナーは、どんな変化を引き出そうと目指すのかにもよりますが、場合によっては今までの身体に対する認識や習得した介入(アプローチ)に対する枠組みを見直して、再定義していく必要が生じるかもしれません。

 

最後にまとめると、イールドワークは空間・受け手との動的関係性を利用して、安心安全な環境をつくり、身体にイールド(ゆだねる)の動きを教育するムーブメントワークです

「イールド(ゆだねる動き)」が生まれることで、身体の機能(動き)の土台を再構築し、動きをスムーズにするとともに、構造(かたち)にも変化を与えます。

安心・安全な場と受け手の自由を阻まない姿勢こそが、新しい枠組みでの自己調整能力を引き出すのです。

(第2回 了)

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookTwitter(しもあつ@コ2編集部)でお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」、フォローをお願いします。

–Profile–

田畑浩良 (Hiroyoshi Tahata

「The Art of Yield (Yielding Embodiment®)」開発者。認定アドバンストロルファー( Certified Advanced Rolfer)、Rolf Institute教員(ムーブメント部門)(Rolf Movement Faculty member)。株式会社林原生物化学研究所(現:(株)林原)勤務を経て、ロルフィングの道へ。1999年、日本人初のRolf Movementプラクティショナーとなる。ロルフィング他、SE™(Somatic Experiencing®)や「身がまま整体」の片山洋次郎氏とのセッションから、施術時における「空間」の重要性に気づき、「イールドワーク(Yielding Embodiment® Orchestration)」を構築。空間と身体との関係性を活かした繊細で安定的なセッションを提供している。イールドワークの施術者(イールダー)の養成も精力的に行う。大の猫好き。写真は愛猫のにゃんこ先生と。https://www.rolfinger.com/

*イールドワーク、The Art of Yieldは一般名で、Yielding Embodiment®は、必要な研修を修了した認定者が提供する商標として登録されています。

*Rolfing®、ロルフィング®、Rolf Movement®、ロルフムーブメント™、Rolfer™、Rolf Institute、The Rolf Institute of Structural Integration、およびLittle Boy Logoは Rolf Institute の商標であり、米国およびその他の国々で登録されています。

半澤絹子(Hanzawa Kinuko
フリーライター、編集者。各種ボディワークやセラピーを取材・体験し、「からだといのちの可能性」、「自然と人間とのつながり」に関心を持つ。「ソマティック・リソース・ラボ(https://www.somaticworld.org/)」運営メンバーの1人として、ソマティックに関する取材や普及活動も行う。