イールドワークで学ぶ空間身体学 第6回 身体のオーケストラ的共鳴が他者との絆をつくりだす

| 田畑浩良

「言っていることや方法は正しいのになぜしっくりこない」

普段生活するなかでそんなことを感じたことはありませんか?

それとは逆に、

「理由はないけれどこの人といると安心できる」

ということもあるのではないでしょうか?

その理由は、私たちの身体が無意識のうちに相手や自分がいる環境に対して常にアンテナを張り、そこが自分にとって安全で「身を委ねられるか」を判断しているからです。

この「身を委ねる」という行動は「イールド」と呼ばれ、私たちは生まれた瞬間から身に備わったこの能力を使って積極的に安心できる相手や場所を選んで生き抜いています。

この連載ではこの能力「イールド」を知るとともに、上手にそれを使って自分を安心させたり、他人をリラックスさせたりする方法を、イールドワークの第一人者である田畑浩良さんにご紹介いただきます。アシスタントはイールドの達人(?)である猫を代表してニャンコ先生です。

 

連載 安心感と自己調整能力の鍵は「間合い」

イールドワークで学ぶ空間身体学

第6回 身体のオーケストラ的共鳴が他者との絆をつくりだす

田畑浩良
取材協力半澤絹子

ゆだねるという動きを促進するボディワークである「イールドワーク」
今まで、主に「自己調整力」という観点からイールドについて説明してきましたが、
もう一つ、イールドには「安心感を得る」という大事な働きがあります。

第6回は、「イールドと安全の関係」について詳しく解説していきます。

安全と危険の両方に反応できるのが機能的な身体

 最近、「心理的安全性」というキーワードが人気になっています。

心理的安全性とは、企業などの組織の中で、非難されることなく安心して発言できる環境づくりを指すようです。

安心できる場所にいて、今いる場所に身をゆだねられていることは、「心理的」以前に、生物が生存・成長するための必須条件になります。

そもそも、ゆだねるという動きは、生命の始まりから見られるものです。

「ゆだねる」見本はニャンコ先生です。

細胞が最初にイールドをするのは、卵子と精子が受精して、誕生した受精卵が分裂して胚盤胞となり、子宮という足場にして成長するときです。受精卵が子宮にイールドすることで体細胞は増殖し、胎児となって誕生を迎えます。

私たちは、子宮の中でも地球上のどんな場所にいたとしても常に「自己」「他者」「環境」という関係性の中に存在しています。

細胞がどんな環境で形づくられてきたか、その過程で細胞という自己が周囲にどれだけ自らをゆだねてきたか、胎内でどれだけ周囲を安全を感じてきたか。

細胞の成長の過程は、ひょっとすると現在の自分と他者との関係性に影響を与えているかもしれません。

ですから、信頼できる状況下で、安全・安心を感じてしっかり休息できるように身体を再教育することは重要です。

ただし、生物にとって大切なのは、「状況に応じて反応できる身体」です。

常にリラックスしてゆるみきっていたり、無条件に感覚がオープンだったりすることが、生物学的に好ましいわけではありません。

状況によっては危険をキャッチし、逃げるといった対処をすることが生き残るためには必要です。しかし、慢性的緊張やトラウマにより身体のバランスを崩している多くの場合は、危険が通りすぎたにもかかわらず、防御反応が解除できずにアラートが鳴り続けて身体に負荷をかけてしまうことが問題となります。

つまり、ムダに緊張しすぎて、エネルギーを浪費している状態です。

したがって、安全な状況では警戒しなくていいことを身体に再教育するために、イールドの動きと共に、安全・安心な感覚をしっかりと身体に馴染ませることには意味があるでしょう。

「安心・安全な感覚」「イールドの動き」は同じものであり、コインの表裏の関係です。一方が深まれば、他方も深まります。

その状態には段階があります。

最初は、頭で「安全だ」と認識している段階、次に、身体がイールドの動きを伴っている段階、さらに全体がひとまとまりになったコヒーレント(互いに干渉し合う)な段階です。

コヒーレントな状態を例えるなら、複数のメトロノームを同じ土台の上で動かすと最終的に全部が同期するように、身体全部の細胞が同期して動いている状態で、この状態を引き出すことをイールドワークでは一つの目安にしています。

これは、自己調整や自己再構成力が最も発揮されやすい、「身体のオーケストラ的共鳴」が起きている状態ともいえます。

Image: iStock

 

イールド以前に、安全を感じる場所を探す

私たち施術家にとって非常に重要なのは、この自分の体のなかに存在するオーケストラ的共鳴が、クライアントのなかにある共鳴と同期し、響き合うことにあります。

その際に私がイールドのセッションを通じて発見したことは、その空間におけるクライアントと施術者の位置関係、つまり「間合い」の重要性です。

安全な場を形成するには、まず施術者自身がクライアントとの関係の中で、安全と感じる場所を探し、クライアントと共に場を介して安全・安心な感覚が深まっていくのを待つことです。

そのためにはまず安全を感じやすい「場所」を探すこと

落ち着かない場所で無理に「安心」しようとしても、うまくいきません。

居心地のいい場所を最初に見つけて、そこに身をゆだねて落ち着いていくことで、初めて場の安全・安心を深めていくことができます。

「この場所は何か違うな」と本能的に感じたら、すぐ逃げるといった対応ができる身体であること。地震や災害にまきこまれないためにも、養っておきたい感覚です。

環境に対して瞬時に適切に応答していくためには、周囲の空間の気配を感じる感覚を養う必要があります。

状況に応じて身をゆだねたり、素早く危険を回避したりすることが大事。Image: iStock

間合いを用いたイールドのワークを積み重ねることによって、様々な怪我や事故によって、空間認識に歪みが生じた場合などにも、空間に対する親和性を回復させることが可能です。

イールドの動きを引き出すためには、空間との関係性が重要であることは経験的にわかってきたことですが、生命を育むものは、常に「まわり」に存在しています

発生学的にみると、受精卵は分裂して胚盤胞になります。が、その時、体細胞の起源となる①内部細胞塊(エピブラスト)②栄養膜という2種類の細胞構造に分かれます。①は、胚→胎児へと成長し、②は、胎盤形成に向かいます。

つまり、自分という存在は、胚という境界を超えて広範囲に広がっていたことになります。

私たちが、「自分の身体」として認識している空間は、胚由来の皮膚の内側に限定されがちですが、胚以外のまわりも含めた存在を「身体」として認識し直すことは、限定されたこれまでの身体に対する限定された捉え方をシフトするきっかけになると考えられます。「身がまま整体」の片山洋次郎先生と宣言した空間身体学は、まさにここを探求しようとする学問です。

身体のシステムがイールドを通して即安全・安心のレベルを瞬時に深められるようになると、防御や警戒に費やしていたエネルギーを、治癒や自己調整/再組織化に回すことができます。

 

イールドは根源的な絆も育む

イールドは、細胞の発達をサポートするだけでなく、私たちが人と感情的につながったり、他者と関係性をつくるときの表現の仕方や振る舞いの根底にあるものです。

そして、安全な場所で重力に身を任せることで、本質的な「つながり・信頼」の感覚も育まれます。

「十分な触れ合い」「ゆだねられること」は、自分以外の存在と関わり合うプロセスと身体的・心理的な幸福に不可欠です。これは子宮の中で細胞レベルで始まりますが、生涯を通じてさまざまな形で継続されるでしょう。

赤ちゃんが自分の身体を支えてくれる面に体重を預けるように、 信頼の形成は、母親の身体や地球との関係において初めて経験されるものです。しっかりとからだを支えてもらえず、自分のニーズには応えてくれないと感じてしまうと、赤ちゃんは完全に身をゆだねられず、十分に周囲を信頼できず、関係性を得ることに困難が伴うかもしれません。

私たちの存在のあらゆる場面で、「ゆだねること」が基本にあります。とくに私たちが自分自身を知り、他者と関係を結ぶ能力の根底にはイールドがあると言えます。

もしも幼少期に安全を知覚できない環境にいたり、十分な触れ合いの機会が得られなかったりした影響によって、社会でうまく振る舞えなかったとしても、イールドの動きを養っていくことで、「自分」と「自分以外の存在」との関係性の基盤を再構成できる可能性があると私は考えています。

Image: iStock

ゆだねて「今ここ」にいることで、人生の流れに乗っていく

イールドを通して自らの身体を感じるのは、「今ここに存在する」感覚を繰り返し確認する作業でもあります。イールドワークを継続的に受けるようになると、様々な感覚がよりリアルに感じ取りやすくなるようです。

“イールドの技法は、完全に今ここにいることの探求、そして繰り返し、全体を観察することの探求です。”

– メアリー・ボンド Dr Ida Rolf Institute名誉教員,『感じる力でからだが変わる: 新しい姿勢のルール』著者

ゆだねる動きを全身で感じ取ることを深めていくと、自分にとっての「居心地のよさ」や、「ちょっとした違和感」に敏感になり、「しっくりくる感覚」「腑に落ちる感覚」を養えます。

日々の生活の中で、ゆだねる感覚が養われていくにつれ、過去に起きた出来事にとらわれずに、「今起きていること」に焦点が合いやすくなるでしょう。

そして、出会うべき人や何かと出会い、別れるという動的な関係性の中で、居場所を見つけながら、自分の流れに身をゆだねる生き方に移行しやすくなるのではないかと考えています。

(第6回 了)

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookTwitter(しもあつ@コ2編集部)でお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」、フォローをお願いします。

–Profile–

田畑浩良 (Hiroyoshi Tahata

「The Art of Yield (Yielding Embodiment®)」開発者。認定アドバンストロルファー( Certified Advanced Rolfer)、Rolf Institute教員(ムーブメント部門)(Rolf Movement Faculty member)。株式会社林原生物化学研究所(現:(株)林原)勤務を経て、ロルフィングの道へ。1999年、日本人初のRolf Movementプラクティショナーとなる。ロルフィング他、SE™(Somatic Experiencing®)や「身がまま整体」の片山洋次郎氏とのセッションから、施術時における「空間」の重要性に気づき、「イールドワーク(Yielding Embodiment® Orchestration)」を構築。空間と身体との関係性を活かした繊細で安定的なセッションを提供している。イールドワークの施術者(イールダー)の養成も精力的に行う。大の猫好き。写真は愛猫のにゃんこ先生と。https://www.rolfinger.com/

*イールドワーク、The Art of Yieldは一般名で、Yielding Embodiment®は、必要な研修を修了した認定者が提供する商標として登録されています。

*Rolfing®、ロルフィング®、Rolf Movement®、ロルフムーブメント™、Rolfer™、Rolf Institute、The Rolf Institute of Structural Integration、およびLittle Boy Logoは Rolf Institute の商標であり、米国およびその他の国々で登録されています。

半澤絹子(Hanzawa Kinuko
フリーライター、編集者。各種ボディワークやセラピーを取材・体験し、「からだといのちの可能性」、「自然と人間とのつながり」に関心を持つ。「ソマティック・リソース・ラボ(https://www.somaticworld.org/)」運営メンバーの1人として、ソマティックに関する取材や普及活動も行う。