藤田一照×伊東昌美「生きる練習、死ぬ練習」 第六回 苦悩の正体を見きわめる

| 藤田一照 伊東昌美

この記事は有料です。

イラストレーターである伊東昌美さんが、曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんのもとを訪ねて、「生と死」「私とは?」など、仏教から観る“生きる智慧”についてじっくりうかがうこの対談。第六回は苦悩のカラクリについて。苦悩を叩き潰すのでもなく、忘れさせるのでもなく、慰めるのでもない、仏教の説く「苦悩の乗り越え方」を学びます。

対談/藤田一照×伊東昌美 「生きる練習、死ぬ練習」

第六回  苦悩の正体を見きわめる

語り藤田一照、伊東昌美
構成阿久津若菜

一照さん:「『死』だけを、あまり特別扱いにしない方がいいかもしれないですね。生きてきたようにしか死ねないですよ。いい加減に生きてきておいて死ぬ時だけ100点満点になんてできない、ムリムリ」

 

伊東 一照さん個人としてと、禅としてと、両方の観点からお聞きしたいのですが。

藤田 僕にはどちらか区別をつけて答えられないとは思いますけど。僕と禅と、分離した二つではないですから。で、何でしょう?

伊東 認知症になって、自分がまだらでボケた時はまだしも、完全に意識がなくなった状態があるとします。
この状態は生きているのでしょうか、死んでいるのでしょうか?

藤田 もちろん生きていますよ。第二回で話した、それまでキープしてきた「私という昼の意識」とは、さすがに様変わりしてしまっているかもしれないけど。命のところではまだ続いているでしょう。

伊東 寝ている状態に近いということですかね。でもまだ生きている、といえるのでしょうか。

藤田 「生きている」「死んでいる」という定義の問題になりますけど。でも生きていますよね。だって、伊東さんが昼寝している時だって、それは生きているでしょう?

伊東 そうですね。同じく、認知症になられた方も生きているということですよね。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

藤田一照Issho Fujita)写真右
1954年、愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。曹洞宗紫竹林安泰寺で得度し、1987年からアメリカ・マサチューセッツ州のヴァレー禅堂住持を務め、そのかたわら近隣の大学や瞑想センターで禅の指導を行う。現在、曹洞宗国際センター所長。著書に『現代座禅講義』(佼成出版社)、『アップデートする仏教』(山下良道との共著、幻冬舎)、訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』(春秋社)、鈴木俊隆『禅マインド ビギナーズ・マインド2』(サンガ)など多数。

Web site​ 藤田一照公式サイト

オンライン禅コミュニティ磨塼寺

 

伊東昌美Masami Itou)写真左
愛知県出身。イラストレーターとして、雑誌や書籍の挿画を描いています。『1日1分であらゆる疲れがとれる耳ひっぱり』(藤本靖・著 飛鳥新社)、『舌を、見る、動かす、食べるで健康になる!』(平地治美・著 日貿出版社)、『システム感情片付け術』(小笠原和葉・著 日貿出版社)と、最近は健康本のイラストを描かせてもらっています。長年続けている太極拳は準師範(日本健康太極拳協会)、健康についてのイラストを描くことは、ライフワークとなりつつあります。自身の作品は『ペソペソ』『おそうじ』『ヒメ』という絵本3冊。いずれもPHP出版。

Facebook https://www.facebook.com/masami.itoh.9
Web Site: 「ジブツタ もっと自分を好きになる」

【ジブツタはこちらのサイトから購入できます!】 http://pesomasami.saleshop.jp/