書の身体 書は身体 第七回 「悪筆であるか」

| 小熊廣美

この記事は有料です。

止め、はね、はらい。そのひとつひとつに書き手の身体と心が見える書の世界。しかし、いつしか書は、お習字にすり替わり、美文字を競う「手書きのワープロ」と化してしまった。下手だっていいじゃないか!書家・小熊廣美氏が語る「自分だけの字」を獲得するための、身体から入る書道入門。

「お習字、好きじゃなかった」「お習字、やってこなかった」
「書はもっと違うものだろう」
と気になる方のための、「今から」でいい、身体で考える大人の書道入門!

書の身体、書は身体

第七回「悪筆であるか」

小熊廣美

書の身体 書は身体

 

悪筆の書を観る

前回は、形だけで終わることなく、それぞれが自由闊達な動きをもって生き生きしていた幕末志士の書をみてきました。
充分な動きをもってそれぞれが魅力的でしたが、少々出来過ぎで、現代に生きるわれわれには遠い存在に思えたかも知れません。

そこで今回は、“なんでこれがいいの?”と思うばかりの江戸から明治・大正・昭和にかけての書を見ていきたいと思います。
ずばり、

「自分は悪筆である」

と思っている方々も、今回の稿で、自分の字に自信をもってほしいと思います。

われわれは何を基準にして書という存在と関わっているかと考えてみると、小学校から中学校にかけて、「こういう字がきれいだ」、「美しい」などと、習字の時間をはじめとして、先生の黒板の字、親の字など身近にある字を通じて、社会通念として“美しい字”の基準を植えつけられてきたのだと思います。

中には、書道教室に行って朱墨を入れられ、お手本そっくりに書けるようになるまで鍛えられた方もいるでしょう。
では、それらの美とする基準はどこにあるのでしょう?

 

現代のお習字のモデル、欧陽詢

現在、日本の書の美意識の根幹は、初唐7世紀の欧陽詢(おうようじゅん)九成宮醴泉銘(きゅうせいきゅうれいせんのめい)といわれています。中国の姓では王さん、李さん、張さんらと違い、珍しい二字姓で、欧陽が姓、名が詢です。おなじみでは、歌手の欧陽菲菲(オウヤンフェイフェイ)さんも同姓ですね。

さて、明治維新以降、幕府行政の根幹をなしていたお家流から、中国舶来の唐様へと書の基準が変わっていきます。
それに伴い「習字」「書き方」「書写」など書の教育名称も変わっていくのですが、明治37年に第一期の小学校国定教科書ができ、日高秩父の執筆による「書き方手本」が採用されました。この書風は、いわゆる「顔法」といわれ、雄渾で健勁な唐代中期の顔真卿の流れにある書流が、その後の根幹となりました。

 

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

takada hiroyuki (1)

小熊廣美(Hiromi Oguma雅号日々軌
1958年埼玉生まれ。高校時代に昭和の名筆手島右卿の臨書作品を観て右卿の書線に憧れ、日本書道専門学校本科入学。研究科にて手島右卿の指導を受ける。
その後北京師範学院留学、中国各地の碑石を巡る。その後、国内ほかパリ、上海、韓国、ハンガリーなどで作品を発表してきた。

書の在りかたを、芸術などと偏狭に定義せず総合的な文化の集積回路として捉え、伝統的免状類から広告用筆文字まで広いジャンルの揮毫を請け負う。そして、子どもから大人までの各種ワークショップやイベント、定期教室において、また、書や美術関連の原稿執筆を通じ、書の啓蒙に務めながら、書の美を模索している規格外遊墨民を自認している。

〈墨アカデミア主宰、一般財団法人柳澤君江文化財団運営委員、池袋コミュニティカレッジ・NHK学園くにたちオープンスクール講師など〉

web site: 小熊廣美の書の世界