ヒモトレ介護術 第十回 「効果の”ある””なし”より大事なこと」

| 浜島 貫

「ヒモ一本でカラダが変わる」と話題のヒモトレ。中でも関心が高まっているのが、介護分野でのヒモトレの可能性だ。

そこでこの連載では、主に在宅医療の現場でヒモトレを活用している浜島治療院院長の浜島貫先生に、実際の使い方や臨床的な意義を紹介してもらおう。

ヒモトレ介護術

第十回 「効果の”ある””なし”より大事なこと」

お話浜島 貫
文・取材・構成北村昌陽
監修小関 勲

 

こんにちは。浜島貫です。

ヒモトレ創案者である小関勲トレーナーが、ヒモトレに関する最初の本(『ヒモトレ』日貿出版社)を出版されたのは、2014年の2月。それから4年ほどの間に、さまざまな分野でこのメソッドが活用され、いろいろな経験が蓄積されてきました。

そうした情報は、雑誌、書籍などでしばしば紹介されていますので、ご存知の方も多いでしょう。

これはもちろん、喜ばしいことです。ただ、そういった形で広く喧伝される話は、往々にして「結果」の部分に焦点が当たりやすい、ということは、受け取る際に意識しておいた方がいいと思います。

実際、私が語っているこの「コ2」の連載においても、取り上げる話はやはり、ヒモトレを導入した結果として「動かなかった手が動いた」「食べ物を飲み込めるようになった」などの著しい効果が現れたケースに偏りがちです。

私としても、著効が見られたケースが多くあったので、それらから紹介してきたわけです。とはいえ現実には、当然ながら、そこまで明確な変化が認められないケースもある。でも、そういう話が広く伝えられる機会は、なかなかありません。

そこで今回はあえて、“わかりやすい結果”があまり現れていないケースを紹介しましょう。これまでの回と違い、驚くような衝撃的な逸話は出てきません。でも、そんなケースだからこそ、“目先の効果”に惑わされず、ヒモトレが人に与える影響の本質が浮かんでくるのでは、とも思うのです

まあ、そうはいいつつ、いまいち盛り上がらないストーリーに終わってしまう可能性もあるのですが(苦笑)。とにかく筆を進めていきますので、どうぞ寛大な気持ちで読み進めてください。

 

脳出血の後遺症で左半身に麻痺が。
ヒモトレをやってみたが……

今回ご紹介するのは、84歳の男性Kさん。体格が良く、姿勢がいつもビシッと決まっているジェントルマンです。もともと会社を経営されていたということで、身近に接していると、勤め人だった方とはちょっと違う、“一国一城の主”という雰囲気が漂っています。

Kさんは、2014年2月に脳出血を発症。幸い一命はとりとめましたが、左半身に麻痺が残りました。それ以降、基本的には車椅子の生活です。補助してもらえば、立ったり、少し歩いたりはできます。

3年ほど前、自宅の建て替えの際に車椅子でも生活しやすいバリアフリー仕様にしました。その家で現在は、奥様と二人暮らし。私はその建て替え中から、訪問診療に伺っています。

当時のKさんは、足や腰、肩などに強い痛みを抱えていました。痛みが足かせになって、リハビリもなかなか思うようにできない、そんな状況で、私に声がかかったわけです。

そこで、ヘソヒモやタスキ、ハチマキなどのヒモを巻いてもらいました。

私の目には、ヒモを巻いたことで、Kさんの体の動きが少し楽になったように見えました。でも、麻痺していた手がいきなり動いたとか、痛みがすっかり消えたというような劇的な変化ではありません。ご本人としては、何か変わったのかよくわからない、という感じ。奥様も同様の反応です。

そこで、とりあえず私が訪問した時にだけヒモを巻き、その状態で鍼治療やマッサージ、歩行訓練などをやっていくことにしました。

もしこのとき、Kさんや奥様が、ヒモを身につけた時の体の変化を強く実感されたのであれば、訪問時だけでなく、普段から日常的にヒモを身につけるようになっていたかもしれません。でも実際は、そうではなかった。この辺りの体の反応は人それぞれですので、状況に合わせて、その人に適したやり方を選ぶことになります。

 

「ヒモの効果? いやぁ、よくわからんなぁ」

それから約3年。訪問するたびに様子を見つつ、巻くヒモの数を少しずつ増やしたり減らしたりしてきました。先日、改めて数えたところ、8本も巻いていました。

ヒモトレ介護第10回
体のあちこちにヒモを巻くKさん。この日はヘソヒモ、たすき、ハチマキ、左手の前腕、左右のひざ下、左右の足ヒモと、計8本のヒモを身につけた。

この間、体の状態はじわじわと改善、または維持されてきました。足や腰の痛みはいつの間にか消えましたし、動きにくかった左手の指も、いまでは指折り数を数えられます

歩行訓練では、麻痺がある左足にもしっかり体重を乗せて立てますし、左足を横に踏み出すこともできます。また、訓練中に体のバランスが崩れかかったとき、踏みとどまって体勢を取り戻すこともできます。どれも、麻痺がある人にとってはなかなか難しい事の多い動きなのですが、Kさんはすんなりとこなしています。

こんなふうに書くと、「十分な効果が出ているじゃないですか」と思うかもしれませんね。はい、その通り。この年齢で、ある程度の後遺症があったところから、今の状態ですから、なかなか良い経過だと私は思っています

ただ、こういう結果は、リハビリや鍼治療を積み重ねる中でじわじわと現れたもの。ヒモトレ単独の成果ではありません。ヒモトレを併用したことで相当に相乗効果があったのだろうとは思っていますが、厳密に言えば、ヒモトレを使わない場合と比較できる訳ではなく、本当のところはわかりません。

それに、見る人が見れば「改善」と評価できるような変化でも、一般的な感覚では「何か変わった?」としか思えない、というのも、よくあること。ドキュメンタリーや物語で描かれるような劇的な回復は、やはり実際には、そうそう起きるものではありません。年単位の経過の中でじわじわ改善したとか、何もしなければ低下したであろう機能が維持されている、というような、“地味な”結果が多いものです。

といったこともあって、ご本人に「ヒモ、効いてると思います?」と問いかけると、いつも「いやぁ、よくわからんなぁ」という返事が返ってきます。それがKさんの素直な実感なのでしょう

両手の親指に小さな輪をかけて腕を上げ下げする体操。麻痺のある左手もきれいに上がっている。

 

なんのためにヒモトレをするのか?

自宅で行うリハビリや施術は、病院や施設に出向いて行うものとは少し意味が違います。患者さんにとって自宅は、生活の場であり、家族と共に暮らす「プライベートな空間」。ですから、在宅の診療において、本人が心地よいと思えないようなハードなメニューを強いるのは好ましくないと、私は思っています

これが病院や施設に通って、あるいは一時入院しての取り組みであれば、少々しんどいメニューでも、効果を得るために頑張ってやってもらうのもアリだと思います。でも自宅でそれをやると、和む場がなくなってしまいかねません

たとえば元プロスポーツの選手であり現役を引退後にはプロチームの監督をされていた方などは、Kさんと同じ片麻痺のリハビリを行う際、1日も欠かす事なく連日、ハードなプログラムに取り組んだと聞きます。彼は生粋のアスリートであり、そういうハードなメニューを肯定的に受け止めることができたのでしょう。

でも、そのあたりの受け止め方は、人によって違います。違うのが当然なのです。

Kさんの場合も、「効果」を最優先とする価値観に立てば、もっともっと、とメニューを追加していくことになるのかもしれません。そして、よりハードなメニューを積み重ねていけば、もっとはっきりした「効果」が得られる可能性も充分にあります。

また、そういうやり方をすれば、「ヒモトレの効果」も、より明確になることが考えられます。

でもKさんは、ご自身の人生の選択として、自宅で、奥様と二人で、ゆったりと過ごすことを選ばれました。この場合、リハビリなどの目的は、快適に過ごせる心身の状態を保つことです。「少しでも高い効果を」と、ハードなメニューに取り組むよりも、辛すぎないほどほどのプログラムで痛みが取れ、自宅での生活が続けられるよう、体の機能が保たれていれば、それで十分なわけです

介護の現場でヒモトレを使うのは、患者さんがより快適に過ごすため。ヒモトレの効果を実証するためではありません。これは当たり前のことですが、実際にヒモトレを活用し始めると、そのあまりの効果に、ついこういう当たり前の部分を忘れてしまうことも起こりうるでしょう。

「ヒモの効果? いやぁ、よくわからんなぁ」と話すKさんの言葉は、私にとって、そういう在宅介護の原点を思い起こさせてくれる言葉でもあるのです

「よく分からない」と言いつつも、足にもしっかりヒモが巻かれています。

 

ヒモを巻いている者同士だからつながる、
深い信頼関係

最後に、Kさんのケースにおけるヒモトレの意義を、もうひとつ挙げておきましょう。ヒモトレは、Kさんと私の「関係」を保つうえで、大事な役割を果たしてくれているように、私は感じています

冒頭で紹介したように、Kさんはもともと会社の経営者です。現役時代はきっと、大きな取引の決断などで、腹を決めてズバッと強い言葉を発するようなことも、しばしばあったでしょう。それは、車椅子生活になった今もなお、堂々とした姿勢や立ち居振舞いをキープしている姿から、十分に感じられます。

そういう人ですから、当然、人を見る目においても、鋭いものを持っているに違いありません。

そんな方が、ヒモを使ったちょっと不思議な施術をする、自分よりずっと若い治療家(私)と、3年以上も和やかに付き合ってくれているわけです。しかも、「効いてるのかわからんなぁ」などといいながら、ですよ。これはかなり奇跡的な関係だと思いませんか。

どうやって、この関係が保たれているのか。私はこれは、ヒモトレをやっている人同士が顔を合わせたときに起きる、腹を割った深い信頼感のおかげだと考えています。つまり、双方がヒモを巻いていることが、この関係を保つカギになっているように思えるのです。

私はいつも、自分自身がヒモを身につけて、施術やリハビリに臨んでいます。Kさんと接するときも、もちろんそう。たとえば歩行訓練では、Kさんが安心して私の体に身を委ねられることがとても大切です。こちらがヒモを巻いていると、体の接触を介してKさんへ伝わる安定感(信頼感)が、全く違ってくるのです

この「安心して身を任せられる」という感覚は、歩行訓練のような身体が接触する関係の中だけでなく、より精神的な関係にまで及びます。ヒモを身につけると、なぜかメンタルな面での信頼感も充実するようなのです。

そして、そういう「信頼関係」が保たれていることと、Kさんの「身体機能」がある程度で安定し、良好に保たれていることは、おそらく連動していますヒモトレを介した信頼関係は、リハビリの成果にも少なからず寄与していると、私は思うのです

医療や介護の場でのヒモトレ活用は、どうしても「患者さんにヒモを巻いたらこんな効果が出た」という方向に注目が行きがち。そうすると、ヒモトレがまるで「便利な治療器具」のように思えてきて、「自分がヒモを身につける」ことは二の次になりかねません。

ですが、むしろ効果を得るためにこそ、まずは施術者側がヒモトレを取り入れることに意味があるのではないでしょうか。Kさんのケースを通じて、私はそんなことも感じています。

 

(第十回 了)

注意:この連載では実際に浜島先生が現場でヒモトレがどのように使われているかをご紹介しています。ただ、実際の使用にあたっては、必ずご本人を含めた関係各位の同意の上、慎重に行ってください。また高齢者や障がいをお持ちの方が行う際には、必ず付き添い者の同伴が必要です。席を外すときは、必ずヒモを外すように注意してください。


DVD付き ヒモトレ入門
DVD付き ヒモトレ入門

『DVD付き ヒモトレ入門』は、見れば分かるDVD付属、ヒモトレの使い方やその可能性など、ヒモトレの全体がこの一冊で分かるないようとなっています。本の内容について詳しくはこちらをご覧ください。

現在、全国書店、アマゾンで好評発売中です。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

浜島先生

浜島貫(Totu Hamashima
1976年生まれ。浜島治療院院長。浜島整骨院副院長。鍼灸マッサージ師。柔道整復師。 公益社団法人埼玉県鍼灸マッサージ師会理事。井穴刺絡頭部刺絡学会理事。現在、在宅医療にも力を入れており、個人宅などを訪ねて鍼灸治療やマッサージ、リハビリなどを行っている。そうした取り組みの中で、ヒモトレを活用。腰痛予防対策や介護施設の職員、デイケアなどに通う高齢者に向けたヒモトレ講習会も実施。

ご連絡先:hamashima.in@gmail.com

 

小関 勲 (Isao Koseki
ヒモトレ発案者/バランストレーナー 1973年、山形県生まれ。1999年から始めた“ボディバランスボード”の制作・販売を切っかけに多くのオリンピック選手、プロスポーツ選手に接する中で、緊張と弛緩を含む身体全体のバランスの重要さに気づき指導を開始。その身体全体を見つめた独自の指導は、多くのトップアスリートたちから厚い信頼を得て、現在は日本全国で指導、講演、講習会活動を行っている。
著書『[小関式]心とカラダのバランス・メソッド』(Gakken刊) 小関アスリートバランス研究所(Kab Labo.)代表 Marumitsu BodyBalanceBoardデザイナー
平成12〜15年度オリンピック強化委員(スタッフコーチ) 平成22〜25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)日本体育協会認定コーチ、東海大学医学部客員研究員・共同研究者、日本韓氏意拳学会中級教練

MARUMITSU(まるみつ)
Kab Labo.