リーキーガット症候群解消法 第10回 腸内ガスがリーキーガットの原因になる

| 松原秀樹

“腸漏れ”が病気をつくる

リーキーガット症候群解消法

第10回 腸内ガスがリーキーガットの原因になる

体質研究所主宰 松原秀樹
構成近藤友暁

 

リッキーガット連載10イメージ

 

健康のためには、「食物繊維は摂れば摂るほどよい」と思われがちですが、実はそういうわけでありません。

胃腸の不調で長年悩んでいる人の食事は、大半を野菜と豆類が占めている事例が少なくありません。食物繊維を過剰に摂ることで、胃腸の具合を悪くすることがあるのです。

胃酸の逆流・十分に食べられない・オナラが多い・便秘・下痢・ポッコリお腹・腹痛・夜間の腰痛などに悩んでいるのであれば、「食物繊維の摂りすぎ」が原因かもしれません

食物繊維の過剰摂取は、腸内ガスを発生させやすく、それがリーキーガットの原因になることがあるのです。

今回は、腸内ガスとリーキーガットの関係を解説します

 

腸内ガスはなぜ発生する?

腸内で過剰に発生したガスは、リーキーガットの原因になります。

たとえば、ゴムチューブをパンパンに膨らませると、ゴムが過度に引き伸ばされて亀裂ができやすくなります。それと同様に、腸管もガスで膨張したりガスが抜けてしぼんだりをくり返すうちに、腸壁の栄養吸収細胞同士の結合がゆるんできて、リーキーガットになってしまうのです。

その結果、栄養の吸収力も低下し、栄養を摂っていても栄養失調に陥りやすくなります。さらに腸管免疫が過剰に働いて、全身に様々な症状を引きおこすことになるのです。

では、腸内ガスはなぜ発生するのでしょうか?

腸内ガスを発生するのは、腸内細菌です。腸内細菌は大腸にたくさんいて、摂取された食物を分解してガスを発生させるのです。

腸内ガスの大半は水素です。本来腸内で発生したガスは、大腸から血液に吸収され、肺から呼気と一緒に排出されます。ですから、呼気の水素量を測定すれば、腸内でどれだけガスが発生しているのかがわかります。

腸内ガスを発生する腸内細菌は、通常であれば胃や小腸にはほとんどいません。胃酸によって胃の内容物が殺菌されるからです。ところが、胃酸の分泌が減ってしまうと、胃の内容物の殺菌が不十分になります。その結果、小腸内で細菌が増殖してしまいます。

このような状態を、SIBO(シーボ。Small Intestinal Bacterial Overgrowth:小腸内細菌増殖症)といいます。

SIBOの原因は「腸内で消化されない糖質」です。代表的なのが、食物繊維です。とくに不溶性の食物繊維は、ガスを大量に発生します。

近年は腸内フローラブームで、さかんに食物繊維の摂取が薦められています。食物繊維については、前回「大腸で短鎖脂肪酸を増やすことで、Tレグ(制御性T細胞)が増えてアレルギーがおきにくくなる」と説明しました。食物繊維には、腸内の善玉菌を増やし、大腸で短鎖脂肪酸を作り出し、それによって腸内環境が良くなるというメリットがあります

しかし、摂りすぎによるデメリットもあることを忘れてはいけません

小腸で消化されないものは、腸内細菌のエサになります。腸内細菌が食べて分解(発酵)すると、ガスが発生するのです。そして腸内細菌のエサが多いほど、腸内細菌がどんどん増殖します。すると腸内で、異常なほど大量のガスが発生することになるのです。

 

「過敏性腸症候群」の85%がSIBO

便秘と下痢をくり返す場合、「過敏性腸症候群」と診断されることがあります。

過敏性腸症候群は胃腸の機能異常の一つで、5人に1人が悩まされていると言われています。主な症状は、腹痛や不快感、膨満感、下痢や便秘、胸焼けや吐き気などです。

 

リッキーガット連載10図版
過敏性腸症候群(SIBO)の判断基準と症状の例。成人の5人に1人が過敏性腸症候群といわれ、日常的な病気の1つ。 過敏性腸症候群は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称で、 胃腸の検査をしても原因となる病気がみつからないのに、下痢や便秘などの症状が繰り返し起こす。精神性ストレスもその要因として指摘されている。

 

近年、「過敏性腸症候群の人たちの30~85%が、SIBOだった」という論文が発表されています。(1)

大腸で異常発酵がおきると、酪酸・酢酸・プロピオン酸といった短鎖脂肪酸が大量に作られて、下痢や腹痛がおきます。

過敏性腸症候群の人たちの腸内には、ラクトバチルスやベイロネラといった細菌が多いことが分かっています。(2)

ラクトバチルスは、ブドウ糖を乳酸に代謝する乳酸菌です。ベイロネラは、乳酸を酢酸とプロピオン酸に代謝する細菌です。過敏性腸症候群の人は、これらの細菌によって酢酸やプロピオン酸が過剰に作られているのです。

また、英国のアダムらが、カプセル内視鏡を使って過敏性腸症候群の患者さんの腸内を調べた結果、「過敏性腸症候群の人たちは、健康な人と比べて大腸内の酸度が高い」ことがわかりました。(3)

つまり、大腸内の短鎖脂肪酸が多いほど大腸内が酸性になり、酸度が高いほど大腸の動きが悪くなるのです。

(1)Amit H. Sachdev and Mark Pimentel. “Gastrointestinal bacterial overgrowth: pathogenesis and clinical significance”
(2)Tana, C., et al. “Altered profiles of intestinal Microbiota and organic acids may be the origin of symptoms in irritable bowel syndrome.” Neurogastroenterology & Motility 22.5 (2010): 512.
(3)Farmer, Adam D., et al. “Caecal pH is a biomarker of excessive colonic fermentation.” World Journal of Gastroenterology: WJG 20.17 (2014): 5000.

 

腸内ガスを増やすFODMAP

食物繊維のほかにも、腸内ガスを発生しやすい食品があります。それが「FODMAP」といわれる食品群で、「発酵性・難消化性の糖類」の頭文字を合わせた造語です。

Fermentable(発酵性)…豆類・イモ類など、小腸で消化されず、大腸で腸内細菌によって発酵してガスを出す食品。
Oligosaccharides(オリゴ糖)…ガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・フラクタン
Disaccharides(2糖類)…乳糖
Monosaccharides(単糖類)…果糖
Polyols(人工甘味料)…アセスルファムカリウム・アスパルテーム・キシリトール・マルチトール・ソルビトール・マンニトール・ポリデキストロース・イソマルト

オーストラリア・メルボルンのアルフレッド病院の胃腸科部長、モナシュ大学の医学部教授であるピーター・ギブソン医博たちは、「FODMAPを控えれば、様々な胃腸症状が改善する」と提唱しています。(4)

(4)“The Complete Low-FODMAP Diet” by Sue Shepherd, PhD & Peter Gibson, MD (The Experiment, LLC)

Oligosaccharides(オリゴ糖)

「ガラクトオリゴ糖」は、ガラクトースが多数つながったオリゴ糖で、豆類をはじめ、サツマイモ、サトイモ、ゴボウ、キクイモなどに多く含まれています。ガラクトオリゴ糖を消化・吸収できる人はいません。

「フラクトオリゴ糖」は、ショ糖に1~3個の果糖が結合した難消化性のオリゴ糖で、バナナ、タマネギ、ネギ、ニンニク、ゴボウ、アスパラガス、大豆などに多く含まれています。

「フラクタン」は、果糖が多数つながったオリゴ糖で、小麦・豆類・果物に多く含まれています。フラクタンを消化・吸収できる人はいません。

<フラクタンが多い食品例>
果 物:桃・白桃・柿・コダチトマト・スイカ・ザクロ・ランブータン
野 菜:タマネギ・青ネギの白部・ニンニク・ニラ・シャロット・西洋アザミ
穀 類:小麦・ライ麦・大麦
豆 類:大豆・大豆プロティン・植物性タンパク・小豆・黒豆・ヒヨコ豆・ヒラマメ
ナッツ:カシューナッツ・ピスタチオ・アーモンド・ヘーゼルナッツ
飲み物:カモミールティ・フェンネルティ・チッコリーティ

フラクタンは、とりわけ小麦とタマネギに多く含まれます

小麦は、グルテンによって腸壁の栄養吸収細胞どうしの密着結合がゆるんでリーキーガットを引きおこし、そのうえフラクタンによってガスが大量に発生して、下痢や腹痛、便秘などの原因にもなるのです。

甘いタマネギが血糖値を上げないのは、タマネギの甘みがフラクタンによるものだからです。タマネギだけでなく、ニンニクや白ネギやラッキョウなどもフラクタンが多いので、ガスや下痢に悩んでいる人はできるだけ食べないほうがよいでしょう。

Disaccharides(2糖類)

牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品に含まれる「乳糖」も、成人の大半が消化できないため、腸内ガスや下痢の原因となります。

腸内環境を良くするためにヨーグルトを食べている人は多いかと思いますが、乳糖によって逆効果となることも多いのです。

成人後も、乳糖の消化酵素が分泌される人もいます。その場合は問題がないかというと、そうではないのです。

乳糖はラクターゼという消化酵素によって、ブドウ糖とガラクトースに分解されます。ガラクトースは反応性が高く、果糖と同様、急速に老化物質のAGE(終末糖化産物)を生成するのです。ですから乳糖を消化できる人でも、牛乳や乳製品が体調不良の原因になることがあるのです。

Monosaccharides(単糖類)

果物の甘みは、「果糖」によるものです。果糖の弊害については、この連載の第5回で詳しく説明しました。

果糖の摂り過ぎは、脂肪肝や高脂血症の原因になり、インスリン抵抗性が高まるため尿酸の排出が阻害されます。その結果、痛風や高血圧を引きおこしやすくなるのです。

また、果糖は老化物質のAGEをブドウ糖の10倍も多く生成します。そのためコラーゲンの硬化(劣化)が進んで、早く老化します。動脈が硬くなって心筋梗塞や脳梗塞をおこしやすくなり、また椎間板や軟骨が硬化して痛くなりやすくなり、骨の弾力性も失われて変形しやすくなります。胃腸の粘膜にとっても有害で、リーキーガットの原因にもなります。

Polyols(人工甘味料)

人工甘味料のアセスルファムカリウムやアスパルテーム、キシリトール、マルチトールなどはすべて糖アルコールで、小腸から吸収されないため血糖値を上げません。吸収されないため身体に悪い影響はないと考えられていますが、実は腸内細菌のバランスを悪化させ、糖代謝の能力も低下させるため、砂糖に比べて2倍も糖尿病になりやすくなることが分かっています。(5)

これらの人工甘味料は、お菓子や清涼飲料水をはじめ、「糖質オフ」を謳った清涼飲料水やビール、ダイエット商品やチョコレート、スポーツドリンク、「カロリーメイト」や「ウイダーinゼリー」などの栄養補助食品、プロティン製品などに添加されています。

(5)J. Suez, et al., “Artificial Sweeteners Induce Glucose Intolerance by Altering the Gut Microbiota,” Nature 514, no. 7521(2014 年 10 月 9 日): 181-6.

 

腸内ガスの過剰発生が起こす様々な不調

リーキーガット以外に、腸内ガスが発生しすぎることでおきる不調について加えておきます。

胃酸の逆流

胃酸の逆流には通常、胃酸を抑える薬が使われています。「胃酸が逆流するのは、胃酸が出過ぎているからだ」という考えで、「胃酸の分泌を抑えれば逆流を防げるだろう」というわけです。

ところが胃酸が逆流するのは、胃酸が過剰に分泌されるからではなく、「腸内のガス」が原因であることが多いのです。過剰な腸内ガスによって胃酸が押し上げられて、逆流するのです。

胃酸の分泌を抑える薬によって、胃内の殺菌が不十分になって小腸の細菌が増殖し、それによって腸内ガスがさらに発生することになってしまいます。その結果、かえって胃酸が逆流しやすくなってしまうのです。

胃酸の逆流には、重曹を飲むことが有効です。ティスプーン3分の1くらいを適当な水に溶かして飲めば、弱アルカリ性の重曹が胃酸を中和してくれます。

「腰痛」の原因が腸内ガスであることも

私の患者さんの中にも「昼間は痛くないけど、夜寝ていると腰が痛くなる」という人が何人もいます。就寝中に痛くて目が覚めてしまうのに、起きて動き出すと、じきに痛みがなくなってしまうというのです。これは、腸内ガスが原因と考えられます。

そのような方に、腸内ガスを呼気で測定する器具で確かめてみると、みんな驚くほど高い数値でした。

腸内ガスが腰痛をおこす理由は、2つあります。

1つは、腸管が膨張することによって、腸管壁や腹壁膜が過度に引き伸ばされておきるもの。内臓の異常は腰椎の椎間から脊髄を介して脳に伝えられるため、腰が痛いと感じることがあります。このような痛みを「内臓関連痛」といいます。

もう1つは、膨張した腸管が、足腰へ向かう骨盤内の血管を圧迫することによっておきるものです。とくに下肢の動脈が硬化していたり、一部が閉塞していたりすると、腸管の膨張によって血流が遮断されやすく、血液が巡ってこない部位に激しい痛みやしびれがおきます。

腰痛がすべて腸内ガスによるものではありませんが、「腸内ガスが原因の腰痛」もかなり多いのです。

 

リッキーガット連載10図版
骨盤内と下肢に通る主な動脈の図。下肢に血液を届ける大切な動脈であるが、骨盤の中には腸や膀胱などがぎっしり入っている。腸内ガスで腸が膨張すると、こうした血管を圧迫し、血流を妨げてしまう。この血行不良が腰だけでなく、膝の痛みや足のしびれなど、様々な身体の不調に悪影響を与えると思われる。

 

「ポッコリ腹」も腸内ガスが原因

腸内でガスが大量に発生している人は、下腹がポッコリ出ています。腸内ガスが多いということは、「腸がむくんで下垂している」ということでもあります。むくんで下垂した腸とガスによって、下腹がポッコリ出ているのです。

食物繊維のような消化されないものが入ってくると、小腸は腸液をたくさん分泌して薄めようとします。そのため、腸がむくんでしまうのです。(3)

腸内で過剰に分泌された水分は、そのまま大腸に流れ込みます。大腸で水分が吸収されますが、加齢やストレスによって脱水力が低下すると、下痢様の便になります。

さらに食物繊維が大量のガスを発生しますから、大腸がまるでガスを充填したスプレー缶のようになっています。食後の反射で大腸が動き出すと、水分が直腸に集まってきて便意を催し、水圧とガス圧によって勢いよく放出されます。こうして「食後の下痢」がおきるのです。

(3)Murray, Kathryn, et al. “Differential effects of FODMAPs (fermentable oligo-, di-, mono-saccharides and polyols) on small and large intestinal contents in healthy subjects shown by MRI.” The American Journal of Gastroenterology 109.1 (2014): 110

 

食べられない理由も、過剰な腸内ガス

「食べたいのに、十分に食べられない」という人たちもいます。食べようとしても胃が受けつけないというのです。そのため栄養が極度に不足して貧血になり、体重が激減してしまいます。そういう人たちの腹部に手を当ててみると、みんなガスで膨満しています。なかには軽く触れただけでも苦しいほど、パンパンに膨れている人も少なくありません。

つまり食べられないのは、過剰な腸内ガスで胃が圧迫されているからなのです。

食べられないで悩んでいる人たちに食生活をお聞きした結果、「パスタやケーキ、果物、豆類、根菜」といった腸内ガスを多く発生させる食品をよく食べていることが分かりました。

そして、腸内ガスを多く発生させる食品を徹底して控えてもらうことで、徐々に食べられる量が増えていき、ほとんどの方が半年くらいで普通の量を食べられるようになりました。

腸内ガスを減らす食生活は、リーキーガットを予防するだけでなく、腸内ガスによっておきる様々な不調の改善策にもなるのです。思い当たる方は、ぜひ試してみてください。

 

食べ過ぎの目安

最後に、食べ過ぎかどうかの判断基準についてです。

低FODMAP食の提唱者・ピーター・ギブソン博士は、過敏性腸症候群やセリアック病(自己免疫による小腸の慢性炎症疾患)の患者さんに対して、2ヶ月は徹底してFODMAP食を摂らないことを推奨しています。2ヶ月経ったら少しだけ食べてみて、症状が出ないようなら徐々に量や種類を増やしていくように指導されています。

しかし、過敏性腸症候群やセリアック病と診断されていなくても、現在、便秘や下痢、腹痛、膨満、胃酸の逆流、食べられないなどといった胃腸の不具合で悩んでいるのでしたら、なるべくFODMAPの摂取量を減らしたほうがよいでしょう

その際の目安量は、特にありません。というのは、人によって腸内細菌の数も種類もバランスも異なり、症状も違い、症状の程度も違うからです。ですから、症状が軽減するかどうかが判断基準となります。症状が悪化すれば食べすぎです。

あるいは、呼気水素量を測定して判断する方法もあります。呼気水素量が20ppm以下をおおよその目安にして、これより水素量が多ければ食べすぎです。

いずれにしても「自分の場合は、どの程度の量まで大丈夫なのか?」を把握しておくことが大事です。特に胃腸症状がない人はFODMAPの摂取量を気にする必要はないでしょう。

次回は、リーキーガットの主犯格である「レクチン」についてお話しします。

(第10回 了)

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

松原秀樹先生

松原秀樹(Hideki Matsubara
アレルギー体質を改善するために、高校時代から様々な療法を試みる。48歳のとき自然免疫学応用食材で、40年間治らなかったアレルギー症状がわずか2ヶ月でほぼ消失した。さらに腸管免疫について調べていき、『リーキーガットが万病の根源』と知るに至る。

 合気術を活用した独自の施術を行なう傍ら、体質改善の食事指導、サプリメントやボディケア用品の開発も行なっている。

 体質研究所主宰。桜ヶ丘整体院院長。整体師。体質改善コンサルタント。米国ISNF認定サプリメントアドバイザー。合気道四段。

 著書に「お腹のぜい肉をなくす食事」(文芸社)「7つの秘訣で膝痛解消!」「肩甲骨をゆるめる!」(BABジャパン)「アレルギーは、皮膚と腸のバリアを強化すれば治る」(あかつき身体文学舎)など。「腰痛解消!神の手を持つ17人」(現代書林)に掲載。

Web site:体質改善コンサルタントの体質研究所

(当院のご案内の他、体質改善や健康情報についてクイズ形式で学べる「体質改善検定Ⓡ」も掲載しております。)