リーキーガット症候群解消法 第13回 婦人科疾患とリーキーガット

| 松原秀樹

“腸漏れ”が病気をつくる

リーキーガット症候群解消法

第13回 婦人科疾患とリーキーガット

体質研究所主宰 松原秀樹
構成近藤友暁

 

今回は、女性特有の疾患—生理痛をはじめ、生理前症候群(PMS)、子宮筋腫、卵巣嚢腫、乳ガンなどの、いわゆる婦人科疾患と、リーキーガットとの関連性について解説します。

 

エストロゲンの過剰分泌を引き起こすレクチン

はじめに結論を述べてしまうと、上記の婦人科疾患の原因として挙げられているのが、女性ホルモンである「エストロゲン」の過剰分泌であり、エストロゲンの過剰分泌を促すのが、レクチンです。

レクチンとは、この連載の第11回第12回に何度も登場している、リーキーガットの原因物質の代表格です。レクチンは、植物が捕食を免れるために備えている毒です。

レクチンは、腸の栄養吸収細胞どうしの密着結合をゆるめて、リーキーガットにします。そして、ゆるんだ腸壁からレクチンが吸収され、血流に乗って全身に運ばれると、様々な箇所に結合して蓄積されていきます。

とりわけレクチンが結合しやすいのは、関節の軟骨や神経などであり、婦人病に関連する箇所としては卵巣や乳腺にも蓄積されやすいと言われています。

神経や卵巣、乳腺などに多く存在する「シアル酸」や、関節の軟骨に多く存在する「グルコサミン」には、レクチンが結合しやすい性質があるからです。シアル酸というのは、細胞の表面にたくさん生えている「糖鎖」と呼ばれるごく微小な毛の先端にある糖の一種です。

卵巣にレクチンが蓄積すると、エストロゲン分泌が促進されます。

 

乳腺にレクチンが蓄積すると、乳腺が免疫細胞に刺激されて炎症が起きやすくなります。さらにリーキーガットによる炎症性サイトカイン(連載第5回参照)の増加と、エストロゲンの過剰が加わることで、乳ガンの発症リスクを高めると考えられます。

昨年、私の整体院に通っている方の中で、乳ガンを患ったことがある人、または現在乳ガンの治療中の人、合計13人に聞き取りを行ったところ、全員が「パン好きで食べる機会が多かった」と答え、13人中12人が「精白したパンより全粒粉のパンのほうが身体に良いと思って、なるべく全粒粉のパンを食べるようにしていた」と話していました。

婦人科疾患に関係するレクチンが蓄積しやすい部位。とくに卵巣は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量に関係しており、女性の身体に大きな影響を及ぼすと考えられる。

 

エストロゲンの働きと婦人科疾患

エストロゲンが過剰に分泌されることが、多くの婦人科疾患を引き起こす仕組みを説明します。

エストロゲンとは、卵巣(卵胞)から分泌される女性ホルモンで、女性らしい身体をつくる作用を持っています。

エストロゲンは、乳腺を発達させる他、コラーゲンやヒアルロン酸を増やし、瑞々しく弾力性のある皮膚を保つ、血管の弾力性を維持する、血管を拡張させる、骨のカルシウムを保つ、脳細胞を再生する、関節液を保持するなど、様々な作用を持っています。

また、痛みや出血を軽減する作用もあることから、女性が出産の痛みに耐えられるのも、エストロゲンのおかげともいわれています。

エストロゲンは加齢に伴って減少し、分泌されなくなると、「更年期障害」といわれる様々な症状が現れます。

代表的なのがホットフラッシュで、急なほてり、のぼせが起こり、動悸や頻脈、頭部の発汗、手足の冷えなどを伴います。

他にも、体脂肪の増加(肥満になりやすい)、皮膚の弾力性の低下(シワができやすい)、骨のカルシウム量の減少(骨折しやすい)、血管が硬くなって血圧が高くなる(更年期高血圧)など、若い頃にエストロゲンから受けていた恩恵を失うことで、身体に大きな変化が起きます。

膀胱壁も硬くなるので、頻尿や尿漏れ、膀胱炎などのトラブルも起きやすくなります。さらに、痛みにも弱くなることで、肩コリや腰痛を感じやすくなります。

 

エストロゲンの過剰分泌に伴う問題

エストロゲンの減少で更年期障害が起きるのなら、エストロゲンをたくさん出せばよいと考えがちですが、残念ながら必ずしもそうではありません。エストロゲンの過剰分泌は、別のトラブルを招くのです。

エストロゲンが多く分泌されるほど、生理痛が激しくなります。また、子宮内膜症や子宮筋腫も、エストロゲンの過剰分泌が原因といわれ、子宮体ガンもエストロゲンが関係しているといわれています。さらに、エストロゲンが増加すると偏頭痛が起きやすくなります。

これらの問題の説明のために、女性の生理について説明します。

生理痛はなぜ起こるのか?

女性は、生まれたときにすでに一生分の卵子を、卵巣に蓄えています。思春期になると、毎月1個ずつ卵子が卵胞から出る、つまり排卵していきます。その際、受精に備えて、子宮の内膜が増殖していきます。子宮内膜に受精卵が着床すると、内膜は胎盤の一部になり、以降、母胎の中で胎児が成長していきます。

排卵があっても受精がされないと、増殖した子宮内膜がはがれて排出されます。これが月経で、子宮内膜がはがれるときの炎症によって、痛みの増強物質「プロスタグランジン」が分泌され、生理痛を起こします。

子宮内膜が肥厚する(厚くなる)ほど、月経時の炎症が激しくなって、プロスタグランジンがたくさん分泌されます。子宮内膜はエストロゲンによって増殖しますから、エストロゲンが多く分泌されるほど生理痛が激しくなるのは、このためです。

子宮内膜症とチョコレート嚢腫

子宮内膜症は、月経時にはがれた子宮内膜が月経血とともに卵管から逆流して、腹腔内に広がることで発生すると考えられています。子宮からはがれた内膜は、卵巣をはじめ、膀胱や腹膜、直腸、結腸などの骨盤内の臓器に漂着しやすく、まれに肺や胸腺に漂着することがあります。

子宮から逆流した内膜が卵巣に溜まり、チョコレート色のコブのようになる症状を、チョコレート嚢胞と呼びます。子宮内膜組織が増殖して卵巣が大きくふくらむと、破裂することもあります。

逆流した内膜が卵管につまると、不妊の原因になるほか、ガン化する危険性もあります。

腹腔内に漂着した子宮内膜は、月経周期にあわせてはがれ、炎症と出血を起こします。周囲の組織と癒着してしまうこともあります。肺に子宮内膜が漂着してしまうと、生理のたびに肺炎を起こして咳が出るようになり、胸が痛くなります。

また逆流した子宮内膜が肺の上部に漂着した場合、肩の痛みとして現れることもあります。

子宮内膜とエストロゲンの関係は、すでに説明した通りです。子宮内膜症もエストロゲンが関係しているのです。

なお、子宮筋腫は、子宮を作る平滑筋にできる良性の腫瘍で、ここにもエストロゲンが関与しており、40代の女性の3〜4人に1人は筋腫があるといわれています。

PMSと脳内セロトニン

PMSとは、生理前症候群(Premenstrual Syndrome)の略で、女性の生理と関係して定期的におきる症状群のことです。代表的な症状は、情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、腰痛、むくみ、お腹や乳房の張りなどで、生理が始まる5日から11日前から始まり、生理が始まるとともに治まっていきます。

PMSは、生理周期に伴っておきるホルモンのアンバランスによって引き起こされると考えられてきました。しかし、現在では脳内セロトニン不足によって生じることが明らかになっています。

: Michael F. Holick, Ph. D. M.D.“The Vitamin D Solution”:p131~133.

脳内セロトニンは精神を安定させ、幸福感や敏捷性をもたらす神経伝達物質です。脳内セロトニン量は、生理が近づくと減って、生理が始まると元に戻ります。もともと脳内セロトニン量が少ない女性が、生理前にさらに脳内セロトニン量が減ると、精神的な健康を維持できるレベルを下回り、PMS症状も起こしやすくなります。

脳内セロトニンの生成には、マグネシウムと「トリプトファン」というアミノ酸が必要です。

エストロゲンやプロゲステロン(黄体ホルモン:排卵後の卵胞から分泌される)が多くなると、血液中のマグネシウムが減少することがわかっています。 つまり、エストロゲンやプロゲステロンが増えるほど、脳内セロトニンの生成が減少して、PMS症状が引き起こされるという関係性にあるのです。

:Li W et al., “Sex steroid hormones exert biphasic effects on cytosolic magnesium ions in cerebral vascular smooth muscle cells: possible relationships to migraine frequency in premenstrual syndromes and stroke incidence.” Brain Res Bull, vol.54, no.1, pp.83-89, 2001.

 

また、リーキーガットによって炎症性サイトカインが増えると、インスリン抵抗性が高くなります(連載第5回参照)。「インスリン抵抗性が高くなる」ということは、インスリンが効きにくくなるということです。それは、血糖値を維持するために必要なインスリン量が増えるということを意味しています。

 

インスリンの生成にはマグネシウムが必要なので、リーキーガットになると、ますますマグネシウム不足を助長してしまうことになります。

セロトニンを作るために必要な「トリプトファン」は、リーキーガットになると不足してしまいます。リーキーガットでは、タンパク質がアミノ酸に分解されないうちに吸収され、吸収されたタンパク質は免疫細胞によって破壊されてしまいます。

 

 

偏頭痛と生理の関係

偏頭痛に悩まされている女性は多くいます。生理と関係があるからです。

エストロゲンが持つ血管を拡張させる作用が、脳の血管を拡張しやすくしているからです。

また、エストロゲンの骨形成作用が関係します。骨を作るには、カルシウムとともにマグネシウムも必要となるので、血液中のマグネシウムが減少します。マグネシウムの減少により、血管内で血液(血小板)の凝固を防ぐ働きが弱くなり、小さな血栓ができやすくなります。

脳内で小さな血栓が細い脳血管に詰まると、血小板からセロトニンが放出されます。血小板から放出されるセロトニンは、「血小板セロトニン」と呼ばれ、脳や小腸から出るセロトニンとは違う性質を持っています(詳しくは後に述べます)。

血小板セロトニンが、血管平滑筋に作用すると血管が収縮します。血管内皮細胞に作用すると、一酸化窒素が遊離されて血管が拡張します。

細い脳血管で小さな血栓が詰まると、血小板からセロトニンが放出されて血管が収縮し、その後、反動で脳血管が拡張します。すると、脳の血管を取り巻いている三叉神経が刺激されます。この三叉神経に帯状疱疹ウイルスが潜んでいると、これが暴れ出して脳血管に炎症を起こし、痛みを起こす物質が放出されて偏頭痛を起こすといわれています。

こうした関係から、エストロゲンが多く分泌される時期である、排卵後から約1週間、偏頭痛に悩まされる女性が多いのです。

 

3種のセロトニンとリーキーガット

セロトニンについて、補足しておきます。

PMSと偏頭痛の説明の中に、2つのセロトニンが登場しました。セロトニンを分泌する箇所は上記の2つの他に、小腸もセロトニンを分泌しています。

もっとも多くセロトニンを分泌しているのは、小腸粘膜にある「セロトニン神経」で、体内のセロトニンの約90パーセントを占めています。

小腸から分泌されたセロトニンは、胃腸のぜん動、消化、吸収を司っています。セロトニン神経は、脳と独立して働くため、仮に脳と腸をつなぐ神経を遮断しても、小腸に食べ物が入ってくれば、自動的に消化液を分泌し、ぜん動して大腸に向かって移動させながら、消化・吸収していきます。

なお、小腸から分泌されたセロトニンは、血液脳関門を通過できないため、脳に入ることはありません。

脳内セロトニンは、脳幹の縫線核(ほうせんかく)で合成されるもので、神経伝達物質として働きます。精神を安定させ、幸福感や敏捷性をもたらします。また、抗重力筋を支配していますから、良い姿勢を保つ働きもしています。

しかし、脳内セロトニンの量はごくわずかで、体内の2パーセントほどにすぎません。

残り8パーセントほどは、血小板に含まれていて、血管を強く収縮させる働きがあり、出血時の止血を助けています。

つまり、PMSやうつ病を引き起こすのは、脳内セロトニン不足であり、激しい偏頭痛を引き起こすのは、血小板から放出されるセロトニンである、というわけです。

幸福ホルモンとして話題のセロトニンだが、幸福感を与える脳内セロトニンは、わずかに約2パーセントにすぎない。リーキーガットによって、セロトニンを作る成分が不足すると、そのわずかなセロトニンがさらに少なくなってしまうと考えられる。

 

婦人科疾患を悪化させてしまう原因

偏頭痛を悪化させる要因

偏頭痛を悪化させる要因をいくつか紹介します。

まず、脳を興奮させる物質です。これには、グルタミン酸ナトリウム(味の素)や、人工甘味料(アスパルテーム・アセスルファムKなど)があります。偏頭痛は、血小板セロトニンによる血管収縮が、脳の血管拡張と三叉神経の興奮を招くことで発症するので、脳をさらに興奮させてしまうと、偏頭痛が悪化してしまうのです。

脳の血管を拡張させる物質である亜硝酸塩(発色剤・防腐剤)や、オリーヴオイルに含まれるポリフェノール、チーズや柑橘類に含まれるチラミンなども、症状を悪化させます。

また、ビタミンD不足も偏頭痛の原因になります。

食品以外にも、親不知が三叉神経を圧迫していることも、偏頭痛がおきやすくなる要因です。

頭痛薬にも、注意が必要です。一般的に使われている頭痛薬は、トリプタン製剤かエルゴタミン製剤です。これらの薬は、拡張した脳の血管を収縮させることによって、偏頭痛を緩和します。

しかし、頭痛薬を常用していると、「薬剤乱用頭痛」になる恐れがあります。薬によって表面上の痛みを緩和させても、内面でおきている脳血管の炎症や三叉神経の興奮は続いているからです。

漢方薬にも注意

婦人科病で困っている際に頼りたくなるものの1つが、漢方薬でしょう。「漢方薬は、生薬だから身体にやさしい」という印象があるからです。

しかし、生薬の主成分はアロカロイドであって、どんなに飲んでも安全というわけではありません。薬にも毒にもなるのは、一般薬でも漢方薬でも同じだからです。

アルカロイドは、窒素を含むアルカリ性化合物の総称であり、レクチンと同じく、植物が身を守るために作る毒です。カフェインのように適量であれば有益なものもありますが、ニコチンやコカインのように有毒なものが多いです。漢方薬に含まれるアルカロイドも、多量に摂取したり、長期に摂取し続けたりすれば、体を壊します。

今日よく使われている漢方薬にも、長期にわたって飲んだり、多量に飲んだりすると危険な成分が含まれています。内藤裕史著『健康食品・中毒百科』(丸善)には、生薬による健康被害例と、その原因成分が解説されています。その中から、生理不順や生理痛などに使われることが多い代表的な漢方薬の成分を紹介しておきましょう。

●地黄(じおう)

地黄は、生理不順に用いられることが多い生薬です。

地黄には「アリストロキン酸」という腎毒性物質が含まれていて、漢方薬腎症(間質性腎炎)や再生不良性貧血になる恐れがあります。間質性腎炎による繊維化は腎臓だけにとどまらず、尿管、骨盤内臓器など広範におよび、唾液腺の萎縮と繊維化もおきるといわれています。
アリストロキン酸は地黄のほか、関木通(かんもくつう)、広防己(こうぼうい)、青木香(せいもくこう)、細辛(さいしん)に含まれています。

●人参(にんじん)

人参とは、朝鮮人参(高麗人参)のことで、土壌のカドミウムや鉛、ゲルマニウムなどといった重金属を濃縮する性質があります。カドミウムや鉛の毒性は言うまでもありませんが、ゲルマニウムにも腎毒性があって、ゲルマニウムによる死亡例もあります。

ゲルマニウム中毒の初発症状は、全身倦怠感、吐き気、嘔吐、食欲不振、四肢のしびれで、血清クレアチニン、尿素窒素、尿酸が増加します。しかし、タンパク尿や血尿、浮腫、乏尿がないので腎障害に気づくのが遅れると報告されています。

また、人参には女性ホルモン作用があり、不正出血や乳房の痛みなどをおこす恐れもあります。

人参は、人参養栄湯(にんじんようえいとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)などにも配合されています。

 

婦人科疾患に有効な栄養素

マグネシウムとビタミンD

マグネシウムは、血管を弛緩させて神経の興奮を抑えるとともに、血小板の凝固を防ぎ、血栓ができるのを抑えます。

さらに、マグネシウムの摂取は脳内セロトニンを増やすことにつながるため、偏頭痛やPMSを防ぐことができると考えられています。。

: Weaver K, “Magnesium and migraine.” Headache, vol.30, p30, p168, 1990.

また、ビタミンDの摂取も有効です。いくつかの研究で、PMSが明るい光の照射によって改善することが証明されており、明るい光を照射すると体内のセロトニンが増えるとともに、ビタミンDがドーパミンをはじめとする脳内ホルモンの生成を促すことで、PMSの症状が軽減するということです。

コロンビア大学のSusan Thys-Jacobs医博は2000年に、「カルシウムだけでなく、マグネシウムとビタミンDを加えることによって、生理前症候群を完全に抑制できる」と公表しています。

エクオール

生理痛や生理不順、PMSや偏頭痛などの症状をやわらげて、女性の大きな味方となるのがエクオールです。婦人科症状の救世主ともいえる物質です。

エクオールはエストロゲンと似た作用を持つ物質で、大豆のイソフラボンから腸内細菌によって作られます。しかし、腸内にエクオール産生菌がいる日本人は、2人に1人だと言われてきました。

ところが近年になって、発酵技術によってエクオールを作れるようになりました。腸内でエクオールを作れない人でも、サプリメントで摂取すれば補えるのです。

食生活でレクチンをなるべく減らすとともにエクオールを補うことで、子宮や卵巣のトラブルをかなり軽減できるでしょう。

また、エストロゲン不足でおきる更年期症状(ホットフラッシュ・シワの増加・体脂肪の増加・骨量の減少・更年期高血圧・中高年型慢性膀胱炎・萎縮性膣炎など)も軽減できると思います。

 

レクチンの摂取を避けよう

今回、紹介したように、レクチンの過剰摂取によってリーキーガットになることによって、様々な婦人科症状がおきやすくなります。婦人科症状を軽減するポイントは、やはりレクチンの摂取をできるだけ避けることにあります。

レクチンが多く含まれる主な食品は、豆類(枝豆・豆乳・豆腐・キナコなど)、玄米、小麦(とくに全粒小麦)、雑穀(キヌア・もち麦・ライ麦・オーツ麦・グラノーラ・トウモロコシなど)です。

とくに、全粒粉のパンには注意が必要です。精白されたパンはグルテンだけなのに対して、全粒粉のパンにはグルテンとWGA(小麦胚芽レクチン)という2種類のレクチンが含まれています。WGAは非常に小さいため腸から吸収されやすく、卵巣や乳腺、軟骨や神経組織などに蓄積しやすいのです。

ナッツ類(とくにカシューナッツ・ピーナツ・アーモンド)や、ナス科植物(ナス・トマト・ジャガイモなど)、ウリ科植物(きゅうり・カボチャ・冬瓜・ズッキーニ・スイカなど)といった食品にもレクチンが多く含まれています。

こういったレクチンを多く含む食品をなるべく控えて、白米ごはんとみそ汁を中心に、肉や魚、卵などをしっかり摂るように食生活を改めることで、生理痛をはじめとする子宮や卵巣、乳腺などのトラブルをかなり軽減できると思います。

次回は、「筋肉・神経・関節の痛み」とリーキーガットとの関連についてを予定しています。

〈第12回 了〉

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

松原秀樹先生

松原秀樹(Hideki Matsubara
アレルギー体質を改善するために、高校時代から様々な療法を試みる。48歳のとき自然免疫学応用食材で、40年間治らなかったアレルギー症状がわずか2ヶ月でほぼ消失した。さらに腸管免疫について調べていき、『リーキーガットが万病の根源』と知るに至る。

 合気術を活用した独自の施術を行なう傍ら、体質改善の食事指導、サプリメントやボディケア用品の開発も行なっている。

 体質研究所主宰。桜ヶ丘整体院院長。整体師。体質改善コンサルタント。米国ISNF認定サプリメントアドバイザー。合気道四段。

 著書に「お腹のぜい肉をなくす食事」(文芸社)「7つの秘訣で膝痛解消!」「肩甲骨をゆるめる!」(BABジャパン)「アレルギーは、皮膚と腸のバリアを強化すれば治る」(あかつき身体文学舎)など。「腰痛解消!神の手を持つ17人」(現代書林)に掲載。

Web site:体質改善コンサルタントの体質研究所

(当院のご案内の他、体質改善や健康情報についてクイズ形式で学べる「体質改善検定Ⓡ」も掲載しております。)