リーキーガット症候群解消法 第13回 婦人科疾患とリーキーガット

| 松原秀樹

“腸漏れ”が病気をつくる

リーキーガット症候群解消法

第13回 婦人科疾患とリーキーガット

体質研究所主宰 松原秀樹
構成近藤友暁

 

今回は、女性特有の疾患—生理痛をはじめ、生理前症候群(PMS)、子宮筋腫、卵巣嚢腫、乳ガンなどの、いわゆる婦人科疾患と、リーキーガットとの関連性について解説します。

 

エストロゲンの過剰分泌を引き起こすレクチン

はじめに結論を述べてしまうと、上記の婦人科疾患の原因として挙げられているのが、女性ホルモンである「エストロゲン」の過剰分泌であり、エストロゲンの過剰分泌を促すのが、レクチンです。

レクチンとは、この連載の第11回第12回に何度も登場している、リーキーガットの原因物質の代表格です。レクチンは、植物が捕食を免れるために備えている毒です。

レクチンは、腸の栄養吸収細胞どうしの密着結合をゆるめて、リーキーガットにします。そして、ゆるんだ腸壁からレクチンが吸収され、血流に乗って全身に運ばれると、様々な箇所に結合して蓄積されていきます。

とりわけレクチンが結合しやすいのは、関節の軟骨や神経などであり、婦人病に関連する箇所としては卵巣や乳腺にも蓄積されやすいと言われています。

神経や卵巣、乳腺などに多く存在する「シアル酸」や、関節の軟骨に多く存在する「グルコサミン」には、レクチンが結合しやすい性質があるからです。シアル酸というのは、細胞の表面にたくさん生えている「糖鎖」と呼ばれるごく微小な毛の先端にある糖の一種です。

卵巣にレクチンが蓄積すると、エストロゲン分泌が促進されます。


連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

松原秀樹先生

松原秀樹(Hideki Matsubara
アレルギー体質を改善するために、高校時代から様々な療法を試みる。48歳のとき自然免疫学応用食材で、40年間治らなかったアレルギー症状がわずか2ヶ月でほぼ消失した。さらに腸管免疫について調べていき、『リーキーガットが万病の根源』と知るに至る。

 合気術を活用した独自の施術を行なう傍ら、体質改善の食事指導、サプリメントやボディケア用品の開発も行なっている。

 体質研究所主宰。桜ヶ丘整体院院長。整体師。体質改善コンサルタント。米国ISNF認定サプリメントアドバイザー。合気道四段。

 著書に「お腹のぜい肉をなくす食事」(文芸社)「7つの秘訣で膝痛解消!」「肩甲骨をゆるめる!」(BABジャパン)「アレルギーは、皮膚と腸のバリアを強化すれば治る」(あかつき身体文学舎)など。「腰痛解消!神の手を持つ17人」(現代書林)に掲載。

Web site:体質改善コンサルタントの体質研究所

(当院のご案内の他、体質改善や健康情報についてクイズ形式で学べる「体質改善検定Ⓡ」も掲載しております。)