リーキーガット症候群解消法 第12回 野菜の必要性はどれほどなのか

| 松原秀樹

“腸漏れ”が病気をつくる

リーキーガット症候群解消法

第12回 野菜の必要性はどれほどなのか

体質研究所主宰 松原秀樹
構成近藤友暁

 

 

連載第10回にリーキーガットになる原因の1つとして、腸内ガスの過剰発生をあげ、腸内ガスを多く発生させる食品として「発酵性・難消化性の糖類(FODMAP)」を紹介しました。

また、前回はリーキーガットの主犯格として、野菜が自らを守るために備えるレクチンについて、説明しました。

ガスを出すFODMAPと、レクチンを含む食品を避けると、安心して食べられる野菜はかなり制限されてしまいます。「いったいどの野菜が安全に食べられるのか?」と心配になる方もいることでしょう。「世の中で言われるほど、野菜をたくさん食べることは重要なのか?」という疑問すらわいてくるかもしれません。

今回は、「野菜の必要性」をテーマにご説明していきます。

野菜を食べない人たち

まず、「そもそも人間は大量の野菜を食べる必要があるのだろうか」という点について、考えてみましょう。

世界には野菜を食べる習慣がない民族があります。その代表が、イヌイット(エスキモー)です。彼らの住む極寒の地は、小麦や野菜などの栽培には適さず、伝統的に農業は行われてきませんでした。

イヌイットたちの食生活は、三食とも肉です。大半がアザラシとカリブーの肉で、他にはサケに似た魚や、ときおりクジラの肉などを十分に火を通して食べています。

彼らが口にする唯一の植物は、カリブーの胃袋の中のコケ。イヌイットはカリブーを狩ると、毛皮や骨を日用品に、肉は食料にと、全身を余すところなく使います。カリブーの胃袋には、カリブーが食べて消化しかかったコケが入っているので、これも食べます。夏にカリブーの胃袋を取り出して凍らせておいて、秋になるとそれをスライスして食べるようです。

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

松原秀樹先生

松原秀樹(Hideki Matsubara
アレルギー体質を改善するために、高校時代から様々な療法を試みる。48歳のとき自然免疫学応用食材で、40年間治らなかったアレルギー症状がわずか2ヶ月でほぼ消失した。さらに腸管免疫について調べていき、『リーキーガットが万病の根源』と知るに至る。

 合気術を活用した独自の施術を行なう傍ら、体質改善の食事指導、サプリメントやボディケア用品の開発も行なっている。

 体質研究所主宰。桜ヶ丘整体院院長。整体師。体質改善コンサルタント。米国ISNF認定サプリメントアドバイザー。合気道四段。

 著書に「お腹のぜい肉をなくす食事」(文芸社)「7つの秘訣で膝痛解消!」「肩甲骨をゆるめる!」(BABジャパン)「アレルギーは、皮膚と腸のバリアを強化すれば治る」(あかつき身体文学舎)など。「腰痛解消!神の手を持つ17人」(現代書林)に掲載。

Web site:体質改善コンサルタントの体質研究所

(当院のご案内の他、体質改善や健康情報についてクイズ形式で学べる「体質改善検定Ⓡ」も掲載しております。)