【イベント情報】コ2 8月のオススメ講座情報

| コ2編集部

8月のオススメ講座情報

8月のコ2お勧め講座情報をまとめてお伝えします。


8月10〜11日
ひもトレFESTIVAL 2019 〜第5回ヒモトレから観る身体の可能性〜 開催!

 

今年で5回目を迎える「ひもトレ FESTIVAL 2019」。毎年、ひもトレの新しい使い方や発見を介護師、治療家からミュージシャン、書家まで、実際に「現場」で発見した「ひも」の新たな魅力を持ち寄り公開するお祭りです!

今年も二日に渡って行われる「祭り」。簡単にその内容をご紹介すると、

一日目は、トップはヒモトレの発案者である小関勲先生による「ヒモトレから受け取るエッセンス」と題した講座から開始。ひもを使った最も簡単な「自己評価法」が紹介されます。

次に、「遊びを通して育むカラダを体感」と題した講座では、京都で活躍するだるま堂代表・小西眞先生と広島でバランスからだ塾を開催する安田真行先生が登場。子供の才能を引き出すコツと実際の方法を名調子で披露(?)される予定です。

そして「プレッシャーの中で失ってはならないこと」と題する講座では、応用編として小磯整骨院院長の小磯直樹先生と武術研究者の甲野善紀先生が、結果を求められる中で如何にしてプレッシャーに負けないのか、そのコツについて語られる予定です。

二日目の最初は「アート編(書と音楽)」と題して、書道家の武田双鳳氏と和太鼓奏者として世界的に活動している佐藤健作氏、さらに生命科学ジャーナリストでありギター奏者でもある北村昌陽氏によるコラボが開催。書と音という理屈を超えた直感的にわかることをテーマにひもトレの魅力に迫ります。

続く「ヨガ編」では遠藤エリカさんを迎えてひもを使ったヨガの実践を紹介。カラダの奥から「丁度いいカラダ」を体感してもらいます。

そして「養護・介護編」としてコ2の連載「ヒモトレ介護術」でもお馴染みの浜島貫先生(浜島治療院委員長)と善通寺養護学校教諭である藤田五郎先生が登場。それぞれに実際にクライアント・生徒に触れ合う中で感じたひもトレの可能性について、専門的な知見をもとに具体的な症例などが紹介されます。

最後の「福祉・医療編」はカウンセラーの梅崎一郎先生、馬越康子先生(しのざき整形外科病院事務長)、千葉美沙子先生(理学療法士)によるパネルディスカッションを開催。それぞれの立場からひもトレの実際の導入方法やその事例などが語られる予定です。

 

日時8月10日(土)13時〜18時30分・11日(日)10時20分〜18時30分
場所タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4丁目1−1)
参加費8月10日 Day1 チケット:¥8,000
参加費●8月11日 Day2 チケット:¥10,000
参加費●2日間通しチケット:¥14,000

詳しいお申し込み方法はこちらからご確認ください。

画像をクリックするとPDFがダウンロードされます。

 


8月12〜14日
刀禅:8月集中セミナー『虎セミナーⅡ・舞扇道・馬形』三日連続で開催!

刀禅創始者・小用茂夫先生

 

コ2でもお馴染みのボディワーク「刀禅」がお盆シーズンに三日間連続セミナーを開催します。

初日(12日)は「虎セミナーⅡ」と題して、刀意(刀禅形意拳)の「虎拳」をテーマに行われます。

形意拳を刀禅的に解釈、その要素を抽出する試みで行われてきた刀意セミナーですが、この「虎拳」はなかでも「体の中から外へ」という新たなベクトルの力が感じられ、体の裡に秘めた「虎の野生」を賦活させるような内容となっています。誤解を恐れずに言えば、ネコ科の動物の持つ、外側からは発動するまで伺い知ることができない「predator=捕食者」特有の力を発揮する導線を練り上げる感覚があります(筆者の感想です)。ご興味ありましたら是非ご体験ください。

二日目(13日)は通常は女性限定で行われている「舞扇道」です。日本舞踊で使われる扇をガイドに、丁寧に体の所作を整え、「内圧」を利用して関節運動によらない運動方法を体に馴染ませます。男性が参加できる機会は貴重ですので要注目です。

三日目(14日)はいっぱい公開は今回が初めてとなる「馬形セミナー」です。こちらは「虎形」との共通項は多いものの、求める力の質は異なるものとなります。体を緊密にまとめあげ、よりダイナミックで大きな力を発現することをテーマとした練行となります。

日時8月12日(月)〜14日(水)13時10分〜16時45分(途中休憩あり)
場所・費用、申し込み方法など詳しくはこちらをご参照ください


8月18日

鈴木秀樹のCACC教室

 

現役プロレスラーであり、『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』の著者である鈴木秀樹氏が、ビル・ロビンソン直伝のCACCを指導する教室。毎回、参加者のリクエストを聞きながら、一つ一つ丁寧に指導しています。女性も参加するクラスで、それぞれのレベルにあって無理なく学べます。

日時●8月18日(日)10時〜12時
場所●水道橋アカデミア・アーザ(東京都千代田区神田三崎町2丁目6−6)
定員●12名

申し込みこちらから

 


8月24・25日
板野代表教練競技推手セミナー@東京開催

 

コ2でもお馴染みの競技推手の講座が東京で行われます。参加者の理解度に応じて指導が受けられるとのことなので、初心者でも安心して参加ができます。最近は参加希望者が増えていますので、お申し込みはお早めにどうぞ!

参考動画はこちらから。

詳しい内容や費用、申し込み方法はこちらの公式ページをご参照ください

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

小用茂夫先生
小用茂夫先生

小用茂夫(Shigeo Koyou
虚弱な幼少期、青年期の腰椎圧迫骨折などに悩まされる。活路を空手、古流剣術、中国武術、合気柔術など武術に求め、そこで多くの傑出した師に出会い素晴らしい境地を知る。一方で、そこへは辿り着けない自分の身体性と向き合うなかで、欠陥の多い身体でも、そうした師の境地に至る術は無いかと独自の模索を重ねる。幸い稽古仲間に恵まれ長い実験と検証の時代を経て現在の方法に辿り着き、ボディワーク刀禅として提唱するに至る。

Face Book:刀禅(グループ)

葛西眞彦(Masahiko Kasai

かさい・まさひこ。1977年10月26日生まれ、青森県出身。間接護身アドバイザー。

 某県において、知能犯係を中心に約11年勤務。詐欺罪等を中心に取り締まり担当の刑事として勤務し、覚せい剤や暴力団等の組織犯罪対策業務も並行して経験。

 危険な現場も多く、培った武術武道の技術がどうすれば現場で通じるかを研究。現場での実戦と訓練のずれをまとめながら、ランダムな状況の中で使える武器術を追求。特に対刃物に特化した警棒と杖の使い方に習熟し、学んだ技術を独自に昇華し、現在中国武術との融合を兼ねながら、さらなる研究を続けている。

 幼少から様々な武道、武術を学んできたが、現在は台湾で武器を使った競技格闘技を指導しながら、太極拳、詠春拳、八極拳の修行に明け暮れる。

 また、日本人では初の中華民国八極拳協会の教練試験に合格し、認定を受ける。現在は競技推手教練であり、最重量級においての競技推手世界一を目指している。世界大会2位、国際大会1位、全国大会1位の実績を持ち、台湾および世界中の人間が集まるハイレベルな競技推手の大会に足跡を残した、唯一の日本人である。

 台湾ではこれまでの経験をまとめた、心理学と人相学と筆跡で人を読む本と、護身術の本を出版しており、今後は日本でも同様に護身術や武術、読心術関連の執筆や講演と、競技推手、競技武器術の普及活動に力を注ごうと準備中である。全日本競技推手連盟顧問。

【連絡先】
メールアドレス taiwankoubukai@gmail.com
ユーチューブ  https://www.youtube.com/channel/UCKNRrH1rxrDUPtjZ76rNgbA
フェイスブック https://www.facebook.com/taiwannobujutuka

小関 勲 (Isao Koseki
ヒモトレ発案者/バランストレーナー 1973年、山形県生まれ。1999年から始めた“ボディバランスボード”の制作・販売を切っかけに多くのオリンピック選手、プロスポーツ選手に接する中で、緊張と弛緩を含む身体全体のバランスの重要さに気づき指導を開始。その身体全体を見つめた独自の指導は、多くのトップアスリートたちから厚い信頼を得て、現在は日本全国で指導、講演、講習会活動を行っている。
著書『[小関式]心とカラダのバランス・メソッド』(Gakken刊) 小関アスリートバランス研究所(Kab Labo.)代表 Marumitsu BodyBalanceBoardデザイナー
平成12〜15年度オリンピック強化委員(スタッフコーチ) 平成22〜25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)日本体育協会認定コーチ、東海大学医学部客員研究員・共同研究者、日本韓氏意拳学会中級教練

MARUMITSU(まるみつ)
Kab Labo.

鈴木秀樹選手

鈴木 秀樹(Hideki Suzuki
すずき・ひでき/本名同じ。1980年2月28日生まれ、北海道北広島市出身。生まれつき右目が見えないというハンディを抱えていたが、小学生時代は柔道を学ぶ。中学時代にテレビで見ていたプロレス中継で武藤敬司に魅了され、プロレスの虜になる。専門学校卒業後、上京。東京・中野郵便局に勤務。2004年よりUWFスネークピットジャパンに通うようになり、恩師ビル・ロビンソンに出会う。キャッチ・アズ・キャッチ・キャンを学び、2008年11月24日、アントニオ猪木率いるIGF愛知県体育館大会の金原弘光戦でデビュー。2014年よりフリーに転向。ZERO1やWRESTLE-1、大日本プロレスなどを中心に活躍。191センチ、115キロ。
2017年1月に日貿出版社より『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』を発表する。

Web Site:鈴木秀樹オフィシャルサイト

『キャッチ アズ キャッチ キャン入門』