【イベント情報】コ2 ソマティックフェスタ2019のお知らせ

| コ2編集部

ソマティックフェスタ2019開催!

毎年秋に開催されるソマティックフェスタが今年も10月11日(金)、国立オリンピック記念青少年総合センターで行われます。

例年通り今年も数多くの講座が行われる予定で、コ2でもおなじみの大久保圭佑先生や、小松ゆり子先生岩吉新先生も登場されます。自分と体との新しい関係をお探しの方は是非会場へどうぞ!

また翌日10月12日(土)には、「日本ソマティック心理学協会第6回 東京フォーラム2019」が行われます。こちらには小笠原和葉先生有本匡男先生藤田一照先生といったコ2にご登場いただいた先生が登壇される予定です。もちろんその他の講師陣も充実、ソマティックの最前線を学べる貴重な機会となっています。

残念ながら台風の接近により中止となりました(10月10日 10:30am)

10時から11時50分までの詳しい講座案内はこちらへ


12時50分〜14時40分までの詳しい講座案内はこちらへ


15時〜16時50分までの詳しい講座案内はこちらへ

 


日時10月11日(金)10時〜16時50分
場所国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3−1 )

申し込み方法
事前申込 3,500円(10月7日(月)までに電子チケットのご購入)
当日申込 4,000円 (当日受付にて現金でお支払い)

※1クラスごとの料金です。
※当日申込は、定員に空きがあるクラスのみ可能です。

懇親会費4,000円(10月7日(月)までに電子チケットのご購入)

※各クラス・懇親会は定員が限られています。お早めのお申し込みをおすすめしています。
※定員に空きがあるクラスのみ、当日参加が可能です。
※当日、定員に空きがあるかどうかはカルチャー棟1階の工芸室(コンシェルジュ)にてご確認ください。ご希望のクラスが満員の場合、定員に余裕のある広い中教室のクラスなどにご参加ください。
※懇親会は事前申込のみとなります。なお、懇親会のみの参加はできませんのでご注意ください。

参加費8月10日 Day1 チケット¥8,000
参加費●8月11日 Day2 チケット¥10,000
参加費●2日間通しチケット¥14,000

詳しい情報・お申し込み方法はこちらからご確認ください。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

岩吉新
岩吉 新(Shin Iwayoshi
フィットネス業界のマネージャー職や、趣味で行なっていた合気道などの武道を通して、人の身体を健康にする仕事を行いたいと思い、様々な手技療法を受ける。気持ちよさで身体のバランスが整うという操体法に出会い、創始者の内弟子の先生から、身体や皮膚の感覚と技術を基礎から応用まで学ぶ。その後、カナダの女性理学療法士が開発したデルモ・ニューロ・モジューレティング(DNM)を知り、開発者とコンタクトを取り最新の神経科学を学ぶ。現在、東京田園調布に日本唯一のDNM専門サロン「東京デルモ」を開業、施術を行っている。2017年に「デルモニューロモジュレーティング日本語版」の制作&翻訳を担当し出版。また2018年には「操体法を神経科学から読み解く」を執筆し出版する。

著者『デルモニューロモジュレーティング日本語版

操体法を神経科学から読み解く

Web site 岩吉新公式サイト「東京デルモ」

 

大久保さん

大久保圭祐(Keisuke Okubo)
パーソナルトレーナー、ロルファー™️。大学在学中にキックボクシング部の主将として活躍、プロライセンスも取得する。卒業後はいったん食品系専門商社に勤務するが身体への関心を捨てきれず、パーソナルトレーナーの道を選ぶ。過去の運動や減量経験などを活かしたボディメイクの指導者をするなかで、ボディワークの“Rolfing®”に興味を持ち、渡米してRolf Institute®を卒業する。現在は、各種メディアや店舗にてエクササイズの監修、セミナー講師、コラムの執筆など幅広く活躍中。
著者『筋膜ボディセラピー(三栄書房)』

Web site 大久保圭祐公式サイト

小松 ゆり子(Yuriko Komatsu

パーソナル・セラピスト Touch for World 代表 。東京都生まれ。現代人の「身体性」を取り戻すこと、「心と身体、世界をつなぐ」をテーマとし、南青山 のアトリエ「corpo e alma(コルポ・エ・アルマ)」を中心にセラピーやセミナーを行い、執筆、監修 も多数。大手音楽レーベル宣伝部プロモーターとして勤務していた20代に、周囲の人々が多忙により心身を壊しがちになったことから“香り”や“タッチ”などの自然療法によるストレスケアに興味を持ちはじめる。世界の自然療法を学ぶ中で、クオリティの高い「タッチ」がもたらす瞑想的な癒しと精油を用いたオイル・トリートメントをベースに、東洋的な押圧とロングストロークやストレッチングを多用した心身を解放する技法、さらにホット&コールドストーンやクリスタルを加えた独自の施術「ヴァイタル・タッチセラピー」を確立。身体に触れながら、その人の心まで意識して行う密度の濃いオーダーメイドのセラピーが注目を集め、「セラピストが通うセラピスト」としての人気も高い。また、「Touch for World Therapy School」でそのメソッドの全てを公開している。また、ノマド(遊牧民)のように有機的なセラピスト集団「Nomadic Bodywork Organization」を主宰。受動的なセラピストのイメージを一新するような、斬新で柔軟なワークスタイルで活動を続ける。
website:http://yurikokomatsu.com
blog:https://ameblo.jp/yurikokomatsu/
連載:ライフハッカー[日本版]「今を生き抜くためのセルフケア術

有本匡男(Masao Arimoto
teateセラピスト。幼少期に、仏教の考えに触れ、「幸せとは」について考え始める。2002年よりセラピストとして活動を開始、同時にヨガ、哲学を学び始める。2007年より「teate(てあて)セラピー」を始める。現在は講演、ワークショップを通じて、「teateセラピー」やホリスティックヘルスケアの普及につとめている。
Web site​ ホリスティックヘルスケア研究所

小笠原和葉
撮影・菅原ヒロシ

小笠原和葉(Kazuha Ogasawara
ボディーワーカー、意識・感情システム研究家。学生時代から悩まされていたアトピーをヨガで克服したことをきっかけに、 ココロとカラダの研究をはじめ、エンジニアからボディーワーカーに転身。 施術と並行して意識やカラダを含んだその人の全体性を、一つのシステムとして捉え解決するメソッド 「PBM(プレゼンス・ブレイクスルー・メソッド®)」を構築。海外からも受講者が訪れる人気講座となっている。
クラニオセイクラル・ヒーリングアートチューターカリフォルニア州認定マッサージプラクティショナー東海大学大学院理学研究科宇宙物理学専攻修士課程修了。

Web site 小笠原和葉|PBMオフィシャルサイト

システム感情片付け術

好評発売中!

藤田一照さん

藤田一照(Issho Fujita
1954 年、愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。曹洞宗紫竹林安泰寺で得度し、1987 年からアメリカ・マサチューセッツ州のヴァレー禅堂住持を務め、そのかたわら近隣の大学や瞑想センターで禅の指導を行う。著書に『現代坐禅講義』(佼成出版社)、『アップデートする仏教』(山下良道との 共著、幻冬舎)、訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』(春秋社)、鈴木俊隆『禅マインド ビギナーズ・マインド2』(サンガ)など多数。写真に登場する猫は愛猫・テラ。

公式サイト: http://fujitaissho.info/

オンラインコミュニティ大空山磨塼寺:https://masenji.com/