連載 扇谷孝太郎 「身体と動きの新法則 筋共鳴ストレッチ」06

| 扇谷孝太郎

身体と動きの新法則

筋共鳴ストレッチ

第6回 「呼吸のゼロポジションを知る」(前編)

扇谷孝太郎

 

Image: iStock

前回まででチャクラに力が集まることの大切さがわかったところで、今回からはチャクラムーブメントシステムが本来の動きを取り戻せるように、メンテナンスしていきましょう。

チャクラムーブメントシステムを整えていくと、自然に柔軟性と安定性が向上していきます。これが筋共鳴ストレッチの基本です。そのために、筋共鳴の仕組みや、プリムーブメント、呼吸モード、柔軟性カップリングモーションなどの要素を活用していきます。

まず、呼吸モードの開発から始めましょう。呼吸モードの切り替えは、筋共鳴ストレッチを実践する上でもっとも重要な技術です。

 

 

呼吸モードを読み解く

【1】呼吸と隔膜構造の関係

(1) 柔軟性/安定性を高めるための呼吸のポイント

呼吸によって柔軟性/安定性を高めるためのポイントは、以下の4つです。

  1. 呼吸のゼロポジション
  2. 身体の後面(背骨)が動く呼吸
  3. 腹腔内圧(IPA)+胸式呼吸
  4. 呼気と吸気を使いわける

聞きなれない言葉がたくさん出てきましたね。少し面倒に思われるかも知れませんが、一つ一つ、説明していきますのでお付き合いください。

 

「呼吸のゼロポジション」を知る

ヨギやダンサー、アスリートなど、身体をよく動かす人たちにロルフィングのセッションをしてきて感じるのは、多くの不調の原因は呼吸法の失敗に行き着くということです

ついつい運動中の手足の動かし方やフォームにばかり目がいきがちですが、それらを支える基本動作として呼吸があります。

呼吸の仕方に問題があるとその上に積み上げたものがすべて台無しになるので、ぜひとも呼吸についての理解を深めていただきたいと思います。

まず、自分の呼吸と筋肉の緊張について、感覚を高めて行きましょう。

それには呼吸のゼロポジションを知っておく必要があります。

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

扇谷孝太郎(Kotaro Ogiya

大学院在学中に演出家竹内敏晴氏の「からだとことばのレッスン」に出会い、身体と身体表現についての探求を始める。2001年、ロルファー™の資格を取得し公務員からボディワーカーに転身。現在は恵比寿にてロルフィング®を中心に、クラニオセイクラルやソマティック・エクスペリエンス®などの個人セッションを行う。 ヨガやバレエスタジオでの定例セミナーでは、身体のメカニズムのほか、呼吸や感覚、イメージの活用を独自の視点でまとめた「動くための解剖学」を教える。その内容はダンサーやヨギなど、柔軟性と身体バランスを必要とする人々から高い支持を得ている。また「からだと息で読む朗読」講座では、朗読という表現手法をとおして「共鳴を生む身体の育て方」を探求中。

●米国The Rolf Institute認定アドバンストロルファー
●米国The Rolf Institute認定ロルフムーブメントプラクティショナー
●クラニオセイクラルプラクティショナー
●ソマティック・エクスペリエンシング®︎認定プラクティショナー
●JMET認定EFTプラクティショナー

公式Web Site (https://www.rolfing-jp.com)