連載 扇谷孝太郎 「身体と動きの新法則 筋共鳴ストレッチ」07

| 扇谷孝太郎

身体と動きの新法則

筋共鳴ストレッチ

第7回 「呼吸のゼロポジションを知る」(後編)

扇谷孝太郎

 

Image: iStock

筋共鳴ストレッチのベースになる、呼吸モードの開発の2回目です。

呼吸モードは、呼吸という運動の過程を、筋肉の使われ方を基準にして段階分けして、それぞれの段階の特性を利用するというアイディアです。

息を最大まで吸ったとき、息を吐き切るとき、自然な呼吸のとき、ゼロポジションのとき、それぞれの段階で使われる体幹の筋肉が変わると、筋共鳴によって反応する手足の筋肉も変化します。

それを把握して動くことは筋共鳴を活かした柔軟性トレーニングを行う上でとても有効です。

前回は呼吸モードの中でもとくに重要な「呼吸のゼロポジション」を把握することと、「背中・腰呼吸タイプ」の呼吸によって背骨が動くことの大切さについて書きました。今回も引き続き、背骨と呼吸についてです。

 

 

呼吸モードを読み解く

(3)S字カーブ同士の連動と呼吸

<呼吸と背骨の動きの連動>

背骨は呼吸とともに、ゆるやかに伸びたり縮んだりしています。リラックスしているときに注意深く観察すると、呼吸の動きで背骨が動いているのが感じられるでしょう。

前回ご紹介した、「背中・腰呼吸タイプ」の呼吸を練習したあとは、とくにこの動きが感じやすいと思います。逆に「胸・腹呼吸タイプ」の呼吸のままだと、背骨が固められてしまうので感じにくいかもしれません。

この動きについて、もう少し詳しく見てみましょう。

背中のカーブの大きさは呼吸とともに大きくなったり小さくなったりします。その結果、背骨全体でみると長さが伸びたり縮んだりすることになります

彎曲した棒を想像してみてください。彎曲が大きくなれば、棒の両端の間の直線距離は短くなります。反対に彎曲が小さくなれば、両端の直線距離は長くなりますね?

彎曲の増減と呼吸との組み合わせは以下ようになります。

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

扇谷孝太郎(Kotaro Ogiya

大学院在学中に演出家竹内敏晴氏の「からだとことばのレッスン」に出会い、身体と身体表現についての探求を始める。2001年、ロルファー™の資格を取得し公務員からボディワーカーに転身。現在は恵比寿にてロルフィング®を中心に、クラニオセイクラルやソマティック・エクスペリエンス®などの個人セッションを行う。 ヨガやバレエスタジオでの定例セミナーでは、身体のメカニズムのほか、呼吸や感覚、イメージの活用を独自の視点でまとめた「動くための解剖学」を教える。その内容はダンサーやヨギなど、柔軟性と身体バランスを必要とする人々から高い支持を得ている。また「からだと息で読む朗読」講座では、朗読という表現手法をとおして「共鳴を生む身体の育て方」を探求中。

●米国The Rolf Institute認定アドバンストロルファー
●米国The Rolf Institute認定ロルフムーブメントプラクティショナー
●クラニオセイクラルプラクティショナー
●ソマティック・エクスペリエンシング®︎認定プラクティショナー
●JMET認定EFTプラクティショナー

公式Web Site (https://www.rolfing-jp.com)