2020年9月新刊 浜島 貫 著 小関 勲 監修『がんばらない、カラダが目覚める ヒモトレ介護術』発売のお知らせ!

| コ2編集部

2020年9月9日発売

がんばらない、カラダが目覚める

『ヒモトレ介護術』発売!

浜島 貫 著 小関 勲 監修

『がんばらない、カラダが目覚める ヒモトレ介護術』

 

コ2の人気連載が書籍になりました!

100円ショップで売っているヒモをカラダに巻くだけ。

それだけでバランス感覚が劇的にアップして、「立つのもやっと」だった84歳の女性が、1日一万歩以上歩けるまで回復する。そんな話、信じられますか?

本書では介護施設や特別支援学校で起きたそんな驚くべき実例を紹介しています。 ヒモトレの効果や使い方はもちろん、ヒモが生み出した、介護をする側、受ける側、見守る側、それぞれの心とカラダに寄り添う物語を紹介しています。

また、登場する基本的なヒモトレについては写真と一緒にQRコードがついていますので、誰でも簡単に携帯やスマートフォンで簡単に動画を見て試すことができます! 本書にあるのは、介護の未来を変える可能性です。

amazon紹介文より

2017年から2019年にかけて、コ2で連載した「ヒモトレ介護術」が、2020年9月9日いよいよ書籍となり発売されることが決定しました。

連載中にご紹介した、浜島 貫先生が実際に介護の現場でヒモトレを使ったエピソードに加えて、書籍化に際して新たに香川県立善通寺養護学校に務める藤田五郎先生による、養護学校でのヒモトレの実際を紹介。さらにヒモトレ発案者である小関 勲先生、浜島先生、藤田先生によるヒモトレ鼎談ヒモトレの使い方(ヒモを巻く・ヒモに任せて動く)まで網羅した一冊となっています。

またヒモトレの使い方については、QRコードで動画が見られるので、誰でも簡単にヒモトレを始められます。

「はじめに」より

 私は、高齢者や要介護者のお宅を訪問して、鍼灸の治療やマッサージ、リハビリなどを行なっています。2015年頃から、施術の中に「ヒモトレ」を取り入れています。

 ヒモトレは、バランストレーナーの小関勲さんが発案したメソッド。お腹や腰などにヒモをゆるく巻くと、体のバランスが自然に整い、腰や膝の痛みが取れたり、よろよろしていた人がスムーズに歩けるようになったりするのです。

 そんなバカな、と思いますか? 私も最初は驚きましたよ(笑)。本書110ページで紹介していますが、私の〝ヒモトレ初体験〟は、 訪問診療中の偶然の出来事でした。リハビリをする患者さんの体に、ふと「腰紐」を巻いたところ、なぜか体のバランスが劇的に安定したのです。

 驚いた私は、〝これはどういうことだろう?〟とネット検索し、ヒモトレの記事を発見しました。それをきっかけに講座に参加し、自分の施術でもヒモトレを使い始めると、さらに驚くような出来事が、次々と起き始めたのです。

 そういったさまざまな体験を、この本では一気にまとめて紹介しています。さらに、私より早い時期から養護教育の現場でヒモトレを活用していた、善通寺養護学校教諭の藤田五郎さんの取り組みも、合わせて紹介しています。

 ヒモトレとは何なのか。ひとことで言うなら、「ありのままのカラダ」に立ち返る方法、といえるでしょうか。

 ある人が要介護状態で、「自力で立てない」「歩けない」などと評価されているとしましょう。でも体の潜在能力としては、実はそういった機能がまだ残っていることも少なくなく、ただ、いろいろな事情が邪魔をして、本来の力が発揮できなくなっている。ヒモトレはその事情をリセットして、「ありのままのカラダ」の能力を引き出してくれるのです。

 そのあたりが、ヒモトレの面白いところです。この本を通じて、多くの方にその面白さをお伝えできたら嬉しいです。

浜島 貫 

著者・監修者について

著者・浜島 貫(はましま とおる)

1976年生まれ。浜島治療院院長。浜島整骨院院長。鍼灸マッサージ師。柔道整復師。公益社団法人埼玉県鍼灸マッサージ師会理事。井穴刺絡頭部刺絡学会理事。現在、在宅医療にも力を入れており、個人宅などを訪ねて鍼灸治療やマッサージ、リハビリなどを行なっている。そうした取り組みの中で、ヒモトレを活用。腰痛予防対策や介護施設の職員、デイケアなどに通う高齢者に向けたヒモトレ講習会も実施。

監修者・小関 勲(こせき いさお)

1973年、山形県生まれ。1999年から始めた〝ボディバランスボード〟の開発・製作・販売をきっかけに多くのオリンピック選手、プロスポーツ選手に接する中で、身体全体のバランスの重要さに気づき指導を開始。その身体全体を見つめた独自の指導は、多くのトップアスリートたちから厚い信頼を得て、現在は日本全国で指導、講演、講習会活動を行なっている。

平成22〜25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)、著書『新装改訂版ヒモトレ』『ヒモトレ革命』(甲野善紀と共著)『ヒモトレ入門』など。

現在、Amazonで発売中です


【サンプルページ】

『ヒモトレ介護術』
『ヒモトレ介護術』
『ヒモトレ介護術』
『ヒモトレ介護術』
『ヒモトレ介護術』
『ヒモトレ介護術』

【動画サンプル】

 定価:1,600円(税抜き)
単行本: 271ページ 並製
出版社: 株式会社 日貿出版社
発売: 2020/9/9

現在、全国書店、アマゾンで発売中

 

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

浜島先生

浜島貫(Totu Hamashima
1976年生まれ。浜島治療院院長。浜島整骨院院長。鍼灸マッサージ師。柔道整復師。 公益社団法人埼玉県鍼灸マッサージ師会理事。井穴刺絡頭部刺絡学会理事。現在、在宅医療にも力を入れており、個人宅などを訪ねて鍼灸治療やマッサージ、リハビリなどを行っている。そうした取り組みの中で、ヒモトレを活用。腰痛予防対策や介護施設の職員、デイケアなどに通う高齢者に向けたヒモトレ講習会も実施。

ご連絡先:hamashima.in@gmail.com

 

小関 勲 (Isao Koseki
ヒモトレ発案者/バランストレーナー 1973年、山形県生まれ。1999年から始めた“ボディバランスボード”の制作・販売を切っかけに多くのオリンピック選手、プロスポーツ選手に接する中で、緊張と弛緩を含む身体全体のバランスの重要さに気づき指導を開始。その身体全体を見つめた独自の指導は、多くのトップアスリートたちから厚い信頼を得て、現在は日本全国で指導、講演、講習会活動を行っている。
著書『[小関式]心とカラダのバランス・メソッド』(Gakken刊) 小関アスリートバランス研究所(Kab Labo.)代表 Marumitsu BodyBalanceBoardデザイナー
平成12〜15年度オリンピック強化委員(スタッフコーチ) 平成22〜25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)日本体育協会認定コーチ、東海大学医学部客員研究員・共同研究者、日本韓氏意拳学会中級教練

MARUMITSU(まるみつ)
Kab Labo.