連載 セルフタッチング入門 第2回 「セルフタッチング」で自分のからだと出会う

| 中川れい子

「今回の連載の構想を練るなかで、代表を務めるNPO法人を、2011年に立ち上げた頃のことを思い出しました」と語る、中川さん。

それは、さまざまな分野でオンライン化が進み、「触れあわないこと=タッチレス」が、社会のスタンダードになる現状を、予見したものだったといいます。

ですが人類にとって、本当にそれでいいのでしょうか。第2回では、ふたつのエピソードをふり返りながら、「セルフタッチングが与えてくれること」を考えます。

Image: iStock

わたしに触れる、コロナ時代のタッチケア

セルフタッチング入門

 

第2回 「セルフタッチング」で自分のからだと出会う

中川れい子

 

2020年、原点回帰は突然に

「“セルフタッチング”について、書いてみませんか?」と、今回の連載の話をいただいたのは、今年(2020年)の初春のこと。その頃は、まさかこれほどまでに新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下「新型コロナ」)の問題が長引くとは思っていなかったのですが、そんな楽観的な気分も、今となっては少し懐かしい気すらします。

ところが構想を練るうち、新型コロナの問題はますます深刻に。感染防止対策として「ステイホーム」「ソーシャル・ディスタンス」が合言葉となり、人と人とが出会い・つながり・触れあうことが、極力避けられるようになりました。
そしてわたし自身も、タッチケア講座の延期だけでなく、長年続けてきた高齢者施設やがん患者会、緩和ケア病棟でのタッチケアの施術活動も、中断を余儀なくされました。

「さて、難儀なことになってきたぞ。せっかく、タッチケアの普及活動も順調に進んできたのになぁ…」と、一時は頭を抱えたものの、突然「そうか、そういうことだったのか!」。わたしの中を何かが通り抜けていきました。
わたしが代表理事を務める「NPO法人タッチケア支援センター(以下、「タッチケア支援センター」)」を、2011年に設立した当時のことを思い出したのです。

それは「これから“大タッチレス時代”がやってくる」という予感から始まりました。

スマートフォン、ソーシャルメディア、バーチャルリアリティ(VR)といったコミュニケーション技術の発達だけでなく、再生医療、不妊治療、遠隔治療などの医療技術の発展など、21世紀に入り加速した、さまざまな分野でのテクノロジーの進化により、人と人との触れあいが激減。
そして直接出会い、実際に触れ、互いの存在を確かめ合い、“いのちのぬくもり”を実感することなく、人と人とが簡単につながりあえてしまう…そんな社会の到来を、肌で感じたのです。

この続きはこちらから有料(150円)でご覧頂けます。

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

中川 れい子(Reiko Nakagawa

NPO法人タッチケア支援センター 代表理事、<身(み)>の医療研究会理事、こころとからだのセラピールーム amana space 代表。

兵庫県生まれ。関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事(主に大学受験の日本史を担当)。1995年の阪神淡路大震災で被災後、現地ボランティアとして被災の現場にあたる中、からだを通してのこころのケアと癒しの必要性を痛感し、1998年よりボディワーク、ボディサイコセラピー、ソマティクス、カウンセリング、カラーセラピー、各種ヒーリング等を学び始める。1999年に、日本で最初に開催されたエサレン®ボディワーク認定コースに参加。その後、認定プラクティショナーとして関西の自宅で開業。ひたすらにセッションを積み重ねる中、非侵襲的な、ソマティクス・ベースの“タッチ”の癒しの可能性を痛感し、2011年に、NPO法人タッチケア支援センターを設立。「やさしくふれると世界はかわる」をテーマに、タッチケアの普及・教育・研究・ボランティア活動を開始し、家族間ケアや、看護・介護等の対人援助に活用できる「こころにやさしいタッチケア」を講座を開講。並行して、エサレン®ボディワークや、ローゼン・メソッド、米国ホスピタル・ベイスド・マッサージの公認講師を日本に招き、講座のオーガナイズもおこなう。

現在は、修了生と共に高齢者施設・がん患者会・緩和ケア病棟・産科病棟等での施術活動や、うつ病の回復期の方の就労支援センターや発達障害の方の地域支援センター等で、セルフタッチングのワークショップを開催。また、各種教育機関や福祉施設での出張講座も請け負う。エサレン®ボディワークを中心とする個人セッションも継続中。

website:NPO法人タッチケア支援センター(http://touchcaresupport.com)
website:こころとからだのセラピールーム amana space(http://www.amanaspace.com/about_amanaspace.html)