連載 セルフタッチング入門 第2回 「セルフタッチング」で自分のからだと出会う

| 中川れい子

「今回の連載の構想を練るなかで、代表を務めるNPO法人を、2011年に立ち上げた頃のことを思い出しました」と語る、中川さん。

それは、さまざまな分野でオンライン化が進み、「触れあわないこと=タッチレス」が、社会のスタンダードになる現状を、予見したものだったといいます。

ですが人類にとって、本当にそれでいいのでしょうか。第2回では、ふたつのエピソードをふり返りながら、「セルフタッチングが与えてくれること」を考えます。

Image: iStock

わたしに触れる、コロナ時代のタッチケア

セルフタッチング入門

 

第2回 「セルフタッチング」で自分のからだと出会う

中川れい子

 

2020年、原点回帰は突然に

「“セルフタッチング”について、書いてみませんか?」と、今回の連載の話をいただいたのは、今年(2020年)の初春のこと。その頃は、まさかこれほどまでに新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下「新型コロナ」)の問題が長引くとは思っていなかったのですが、そんな楽観的な気分も、今となっては少し懐かしい気すらします。

ところが構想を練るうち、新型コロナの問題はますます深刻に。感染防止対策として「ステイホーム」「ソーシャル・ディスタンス」が合言葉となり、人と人とが出会い・つながり・触れあうことが、極力避けられるようになりました。
そしてわたし自身も、タッチケア講座の延期だけでなく、長年続けてきた高齢者施設やがん患者会、緩和ケア病棟でのタッチケアの施術活動も、中断を余儀なくされました。

「さて、難儀なことになってきたぞ。せっかく、タッチケアの普及活動も順調に進んできたのになぁ…」と、一時は頭を抱えたものの、突然「そうか、そういうことだったのか!」。わたしの中を何かが通り抜けていきました。
わたしが代表理事を務める「NPO法人タッチケア支援センター(以下、「タッチケア支援センター」)」を、2011年に設立した当時のことを思い出したのです。

それは「これから“大タッチレス時代”がやってくる」という予感から始まりました。

スマートフォン、ソーシャルメディア、バーチャルリアリティ(VR)といったコミュニケーション技術の発達だけでなく、再生医療、不妊治療、遠隔治療などの医療技術の発展など、21世紀に入り加速した、さまざまな分野でのテクノロジーの進化により、人と人との触れあいが激減。
そして直接出会い、実際に触れ、互いの存在を確かめ合い、“いのちのぬくもり”を実感することなく、人と人とが簡単につながりあえてしまう…そんな社会の到来を、肌で感じたのです。

Image: iStock

こうした流れを享受しつつも「それでも何かをせずにはいられない」気持ちに駆り立てられ、未来に備えておこうと、2010年にNPO法人設立の準備を開始しました。2011年2月に申請、5月に認可がおりたのですが、その間に「3.11」、東日本大震災が起きてしまいました。
そして奇しくも、タッチケア支援センターの最初の活動は、被災地である東北地方の避難所での活動となりました。1995年の阪神淡路大震災での被災体験をもつわたしにとって、不思議な符号を感じたのはいうまでもありません。

 

新型コロナが、大タッチレス時代を加速する

人に直接会わなくても、簡単にオンラインでつながり、顔を見ながら、声を聴きながら、気軽に通信ができる時代。その到来のタイミングをまるで見計らっていたかのように、新型コロナウイルスのパンデミックがやってきたと、わたしは感じています。
感染防止のためにと、オンライン・ミーティングに、オンライン講座、オンライン飲み会、さらにビジネスまでもオンライン化へと大きく舵を切り、この数カ月という短期間で、名実ともに“触れないこと”が社会のトレンドとなりました。

そして実のところ、多くの人が「これはこれで案外つながれるよね」と、実感されたのではないでしょうか。触れることの大切さを普及する活動をおこなうわたしですら、自宅でのんびりと、外界とつながれる気楽さはまんざらでもないなぁ…と、思うこともあるのです。でも。

 それで大丈夫、人類?
 (いえ、大丈夫なわけがありません)

大タッチレス時代へと大きく歩を進めた2020年。ここで少し歩みをゆるめる意味もこめて、私が「セルフタッチング」を教えはじめた頃のエビソードを振り返りながら、今、わたしたちの身体や触覚に、何が起きようとしているのかを考えてみたいと思います。

 

「実は、 触れられるのが苦手」な人は意外と多い

わたしは、「エサレン®ボディワーク(※)」に1999年に出会い、資格取得後、関西の自宅サロンで施術活動をスタートしました。
20年程前は、今ほど個人サロンが多くはなかったので、どこからともなく噂を聞き、施術を受けてくださる方も多く、おかげでさまざまな方々への施術の体験を積み重ねることができました。
(※)エサレン®ボディワーク:米国カリフォルニア州の「エサレン研究所」で開発された、ボディワーク。エサレン®マッサージということも。エサレン研究所は、人間性回復運動(ヒューマン・ポテンシャル・ムーブメント)と身体指向心理学を志向する、滞在型リトリートセンターとして、今も世界に知られる。

“こころへのかかわり”の側面が大きい、エサレン®ボディワークならではの性質もあったのか、訪れるクライアントの方のなかには、触れられることへの不安や、苦手意識をもつ方も、少なからずおられました。それは年を追うごとに、徐々に増加する傾向にあったように感じています。

他人に触れられることへの、怖れや不安。
なにかぞくっとするような、こそばゆい感じの違和感。

そしてわたし自身の施術でも、心がけたことは「手」の技術にとどまりませんでした。

  • 受け手の方との言語的/非言語的コミュニケーション
  • 無意識レベルでの対話とチューニング
  • ゆっくりとした非侵襲的なかかわり
  • そして自分自身のグランディング
  • さらに、何よりも大切なのは「安全な空間をつくること」「受け手の方との信頼関係を築くこと」。

セッションを受け続ける過程で、触れられることへの不安が軽減し、人間関係や生きづらさが改善されていき、前向きに人生を歩まれるケースもよくありました。

Image: iStock

さらに2003年頃からは要望を受け、私のエサレン®ボディワークの施術経験を活かしたスタイルで、全身のオイルトリートメントを教える小さなクラスを立ち上げました。こうした教室も当時は少なかったので、さまざまな方が参加してくれたのですが、教えながらある日ふと、興味深い現象に気づきました。

人に触れることを学ぼうとしているのに、「実は、他人に自分のからだを触れられるのがとても苦手」という方が、意外と多いのです。しかも本人は、そのことにあまり気づいていないことも。
さらにその後、よりシンプルな施術法であるタッチケア講座を立ち上げてからは「触れられるのが苦手だからこそ、あえて触れることを学びたい」という動機で参加される方も増えてきました。

人は、よほど信頼できる相手でなければ、安心して身をゆだねるのはむずかしいもの。人から触れられることで、他者からコントロールされるのではないか? という不安を感じたり、そのほかさまざまな理由が複合的にからみあい、無意識のうちに触れる・触れられることを遠ざけていきます。

こうして、触れられるのが苦手な自分に気づき、“あえて”学びに来られたという選択は、その方にとって大いなる一歩だったと思います。

 

「自分に触れる」のは、居心地が悪い!?

かなり前のことですが、こういうケースもありました。
ある生徒の方から、セルフタッチングで自分のからだに触れたところ、「なんだか、とても気持ちの悪い感じがしました」という感想をいただいたことがあります。
その方は看護師をされており、病院で患者さんのおからだに触れるのは慣れているとのことでしたが、「自分のからだに触れるのは、まったくといっていいぐらいしてこなかった。だから自分に触れるのは居心地が悪く、違和感を感じてしまう」というのです。

こうした反応は、看護やケアに関わる仕事をされている方に、時折見られます。常日頃、外側(患者さんなどの他者)に向けている気づきのベクトルを、内側(自分自身)に向けるのは、最初は不思議な感じがするものです。
できれば日常的に自分自身に触れ、生きものとしてのぬくもりや、やわらかさを実感しながら自分自身を大切にする習慣が、ケアの現場にも活かされるといいのに…としばしば思っています。

そうした流れもあって、「自分の手で、自分のからだに触れていくワーク(セルフタッチング)」は、参加者の方に必ず体験してもらうことにしたのです。当初の目的は、自分のからだに触れることで、より感受性の高い、やわらかな優しい手を育むことでした。

ワークではまず、「どのように触れると、心地がいい?」と、自分のからだと対話しながら感触を探ります。その後、他の参加者とお互いに「どんなふうに触れると気持ちがよかった?」と語り合い、体験をわかちあいます。
同じ体験もあれば、異なる感覚もある。こうやって、何がどのように心地よいかは、一人一人異なることも学んでいけるのです。

いつしか私のクラスでは、「人に触れる前にまず、自分自身に触れよう」が合言葉になっていきました。これは自分を癒し・ケアするという、セルフケアの大切さをあらわすと同時に、自分自身とつながり、呼吸や身体感覚に気づくことも意味します。
こうしたセルフタッチングの経験を積み重ねることで、自分自身とつながりながら受け手の方に寄り添っていくようなタッチケアの質が深まっていくのです。

 

自分に触れることで初めて
「何も感じないからだ」の存在に気づいた青年

タッチケア支援センターの活動を続けるうち、地域活動支援センターや、就労支援センターなどから、講座の依頼をいただくようになりました。そのなかに、発達障害(アスペルガー症候群、自閉症スペクトラムなど)、精神疾患(統合失調症、うつ病など)の、成人の方向けのタッチケア講座のお話もあったのです。

当初はいつもと同じく、お互いでペアになって触れあうワークも交えた内容をとの依頼でしたが、みなさんにとってお互いに触れあうのは、どうもハードルが高そうでした。そこでおこなったのが、「セルフタッチング(自分の手で、自分のからだに触れていくこと)」だったのです。

自分で自分に触れるならば、たいていの方は受け入れることができます(もちろん、100%大丈夫なわけではありません)。また、1人の講師で大勢の方にワークを体験してもらえるのも、魅力のひとつです。いわば苦肉の策から始まったことだったのですが、意外や意外、これが思わぬ結果を生んだのです。

私は、セルフタッチングをファシリテートする際、数分ごとに、

「あなたは、今、何を感じていますか?」
「触れているあなたの手のひらは、今、何を感じていますか?」

などの質問を投げかけます。

さらに

「地面に触れている足の裏の感覚に、意識を向けてみましょう」
「呼吸に意識を向けてみましょう」
「吸って、吐くときの、胸やお腹のふくらみを感じてみましょう」

など、自分の感覚への気づきも促します。

そしてワークを終了後、ひと呼吸ついたところでもう一度、こうたずねます。
「あなたは今、どんな感じがしていますか?」と。

こうした一連のシンプルな投げかけは、参加者の意識を、自分自身の身体感覚へと向かわせると共に、”今・ここ”に集中することも促します。身体の感覚との出会いの言葉は、やはりシンプルなものから始まります。

「なんだかわからないけど、気持ちがいい」
「とてもリラックスしている」
「からだが軽く感じる」
「ポカポカとしてあたたかい」
「心がすっきりする」

という肯定的な感覚の感想から始まり、こうした声も聞かれました。

「自分のからだをもっと大切にしてみよう」
「なんとなく漠然と、わたしはここにいていいんだと思えてきました」
「自分で自分を抱きしめていると、なぜだか涙が出てきました」

あるいは「眠い」「重い」「だるい」という感想もあります。感覚が目覚めてくると、それまで気づいていなった疲れや、からだの重さを感じやすくなることもあるので、その時は、よく休んでいただくようにしています。

また、こういうご感想をいただいたこともありました。自閉症スペクトラムと診断された20代の青年でしたが、約20〜30分のセルフタッチングの体験のあと、驚いたような顔をして、食い入るようにわたしを見つめ、こう語ってくれました。

「自分で自分のからだに触れてみて、僕は何も感じないのです」

彼の表情を見ていると、それが彼にとって衝撃的で、大きな発見であったことが伝わってきました。そしてわたしは彼に「とても大切なことに気づいたね」と、そのことを讃える言葉を彼に届けました。

「何も感じない自分のからだが、ここに“在る”ことにまず、気づく」。逆説的ではありますが、彼にとって自分のからだとの出会いの旅は、そこから始まっていったのだと、わたしにとっても、大きな気づきをもらった経験でした。

彼にとってこの時大切なことは、安全に自分を感じる空間なのでしょう。第1回でご紹介した「セルフタッチングが開く7つの扉」の1つめ、「安全(Safety)」を思い出してください。

下記に簡単なワークをお伝えします。すべてのセルフタッチングは、ここから始まっていくのです。

 

【体験!セルフタッチング】
「WORK01:Safety(安全な場所)に居ること」

  1. 椅子に座り、足の裏全体が地面に着く位置になるように腰かけてください。
  2. 軽く自分の周囲を見渡して、今いる場所が安全であることを確認します。
  3. そのあと眼を軽く閉じ(苦手な方は半眼でも)、両手をひざの上に置いて数回、大きく深呼吸をしてみましょう。
  4. 吐く息はゆっくり長めにとり、吐く息とともに全身の力みがゆるやかに抜け、からだの重みが地面にゆだねられていくのを感じます。
  5. 足の裏が地面に触れている感覚に意識を向けます。あなたの足の裏が、地面に支えられていることにも気づいてみましょう。
  6. そのまま、椅子からゆっくりと立ち上がりましょう(視線は足元に向けず、すうっと立ってみます)。足の裏全体で、からだ全体の重みを支えてくれているのを感じます。
  7. 立ったまま大きく深呼吸をしてみましょう。吐く息とともに、からだ全体の重みがごく自然と大地に支えられているのを感じます。呼吸を通じて、からだの内側と外側で空気がやりとりされていることにも気づいてみましょう。
  8. しばらく、自分自身の呼吸と足の裏の感覚に意識を向けてみてください。数分後、ゆっくりと眼を開けて、軽く周囲を見渡してみます。
  9. 「今、あなたは、どのような感じがしますか?」 感じることに正解はありません。変化のあるなしにかかわらず、ただ、その時間を味わってみてください。

 

(第2回 了)

 

連載を含む記事の更新情報は、メルマガFacebookでお知らせしています。
更新情報やイベント情報などのお知らせもありますので、
ぜひご登録または「いいね!」をお願いします。

–Profile–

中川 れい子(Reiko Nakagawa

NPO法人タッチケア支援センター 代表理事、<身(み)>の医療研究会理事、こころとからだのセラピールーム amana space 代表。

兵庫県生まれ。関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事(主に大学受験の日本史を担当)。1995年の阪神淡路大震災で被災後、現地ボランティアとして被災の現場にあたる中、からだを通してのこころのケアと癒しの必要性を痛感し、1998年よりボディワーク、ボディサイコセラピー、ソマティクス、カウンセリング、カラーセラピー、各種ヒーリング等を学び始める。1999年に、日本で最初に開催されたエサレン®ボディワーク認定コースに参加。その後、認定プラクティショナーとして関西の自宅で開業。ひたすらにセッションを積み重ねる中、非侵襲的な、ソマティクス・ベースの“タッチ”の癒しの可能性を痛感し、2011年に、NPO法人タッチケア支援センターを設立。「やさしくふれると世界はかわる」をテーマに、タッチケアの普及・教育・研究・ボランティア活動を開始し、家族間ケアや、看護・介護等の対人援助に活用できる「こころにやさしいタッチケア」を講座を開講。並行して、エサレン®ボディワークや、ローゼン・メソッド、米国ホスピタル・ベイスド・マッサージの公認講師を日本に招き、講座のオーガナイズもおこなう。

現在は、修了生と共に高齢者施設・がん患者会・緩和ケア病棟・産科病棟等での施術活動や、うつ病の回復期の方の就労支援センターや発達障害の方の地域支援センター等で、セルフタッチングのワークショップを開催。また、各種教育機関や福祉施設での出張講座も請け負う。エサレン®ボディワークを中心とする個人セッションも継続中。

website:NPO法人タッチケア支援センター(http://touchcaresupport.com)
website:こころとからだのセラピールーム amana space(http://www.amanaspace.com/about_amanaspace.html)